新型Nバンの後部座席の足元空間は狭い!?居住性&快適性インプレッション

2018年7月、使い勝手の良さに徹底的にこだわった軽商用車新型Nバン(N-VAN)が、ホンダから新発売されてました。

今回新発売された新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースを最優先した事もあり、誰が乗っても満足できる広さと使い勝手の良さを備えています。

ただ、この新型Nバン(N-VAN)の後部座席は、床下に収納した時の荷室・ラゲッジスペースのフルフラット性を最優先した事もあり、補助シートのような簡易的な作りに…。シートサイズも小さく、座り心地もあまり良くありませんでした。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

また、今回新発売された新型モデルは、ベースとなっている新型N-BOX(Nボックス)よりも後部座席が前方に設置されているため、足元空間(ニークリアランス)が狭くなっておりました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、どれくらいの広さだったのでしょうか?また、実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみると、足元空間(ニークリアランス)には、どれくらいのゆとりがあったのでしょうか?

2018年7月にデビューをしたホンダの新型商用バンの後部座席の足元空間の広さ、居住性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型Nバンの後部座席:足元空間の広さを徹底チェック

新しいNシリーズとして新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの後部座席

今回新発売された新型モデルの後部座席は、小さく折りたためる事を最重要視した簡易的な作りに…。シートの座面や背もたれのクッションも薄くなっているため、長時間座っていると、体が痛くなりそうな座り心地になっていました。

また、垂直に立った背もたれも、座り心地の悪さを感じる原因の一つです。

今回新発売された新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調整できるリクライニング機能が用意されておらず、この垂直に立った背もたれの角度から変更できないのも、個人的には、残念でした。

そんな新型Nバン(N-VAN)は、荷室・ラゲッジスペースの広さを最優先したため、後部座席の足元空間(ニークリアランス)が狭くなっています。

実際にこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このような感じに…。

■新型Nバンの後部座席の足元空間の広さ

ちなみに、こちらは新型Nバン(N-VAN)のベースになっている新型N-BOXの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■新型N-BOXの後部座席の足元空間の広さ
・後部座席を一番後ろにスライドした時

・後部座席を一番前にスライドした時

この2台のモデルでは、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さが全く異なりますよね。

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、新型N-BOXの後部座席を一番前にスライドした時よりも明らかに狭い感じが…。

ちなみに、今回新発売されたこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型Nバンの後部座席の足元空間の広さ

この新型モデルの足元空間(ニークリアランス)の広さは約22cmと、かなり狭め…。

荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを最優先にしたため、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さが犠牲になっているのは仕方ないと思います。ただ、個人的には、もう少し後部座席の足元空間を確保しても良かったのかなと思いました。

この新型Nバンの後部座席に座った時の足元空間の広さは…

このようにベースとなっている新型N-BOXよりも狭めの設定になっている新型Nバン(N-VAN)の後部座席の足元空間の広さですが、実際に座ってみると、どのような感じになるのでしょうか?

身長175cmある私がこの新型モデルの後部座席に座ってみたところ、足元空間(ニークリアランス)のゆとりは、このようになっていました。(ちなみに、運転席は、私が一番運転しやすい位置に設定してあります。)

■新型Nバンの後部座席の足元空間の広さ

ご覧いただければ分かると思いますが、成人男性の私がこの新型モデルの後部座席に座ると、フロントシートのシートバックに膝が触れてしまうくらい狭さに…。なので、私が後部座席に座った時は、窮屈さを感じました。

また、この新型モデルの後部座席には、シートの位置を調整するスライド機能が用意されていないため、足元空間(ニークリアランス)の広さを調整する事ができません。

今回新発売された新型モデルの後部座席は、床下にスッポリと収納でき、広くてフルフラットな荷室・ラゲッジスペースを作り出すダイブダウン機能を備えているため、シート位置を前後に調節できるスライド機能を搭載するのは、難しかったのかもしれません。

ただ、後部座席に乗車する人の事を考えると、後部座席の設定位置をもう少し後方に下げ、広い足元空間(ニークリアランス)を確保しても良かったのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新型Nバン(N-VAN)の後部座席の足元空間の広さ、居住性を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを最優先したため、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは少々狭めになってる感じが…。なので、成人男性が座るには、ちょっと厳しい感じが…。

個人的には、この新型Nバン(N-VAN)の後部座席の座り心地にあまり満足できませんでしたが、この狭めになっている足元空間(ニークリアランス)の広さも、この新型モデルの欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

また、この新型モデルの後部座席は、補助シートの域を超えていません。

この新型モデルの後部座席を使用しようと思っている方は、後部座席の座り心地や居住性をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする