バリエーションは意外と豊富!?新型Nバンのシートアレンジを実車画像で確認

“アクティバン”に変わる新たな軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にホンダからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、広い荷室・ラゲッジスペースを確保するため、運転席以外のシートはすべて床下に収納できるようになっています。そのため、後部座席や助手席のシートサイズは小さく、簡易的な作りになっております。

>>> リクライニングは付いている?新型Nバンの後部座席の座り心地レビュー

ただ、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)のシートアレンジのバリエーションは豊富で、乗車人数や荷物の多さ、大きさによって、様々なアレンジに変更する事が可能です。

しかも、この新型モデルでは、助手席も収納できるようになっているため、一般的な軽自動車では難しい2人乗車+サーフボードやスキー、スノーボードなどの長尺物の積み込みなども、簡単にできちゃいます。

そんなホンダの新型商用バンでは、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょか?また、各シートアレンジの使い勝手は、アレンジのしやすさは、どうだったのでしょうか?

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)のシートアレンジのバリエーションを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンのシートアレンジ実車画像インプレッション

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)のフロントシート・後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの運転席&助手席

■新型Nバンの後部座席

今回新発売された新型モデルのシートは、商用車モデルらしくシンプルなデザインに…。
特に座り心地よりも格納性を最優先した助手席や後部座席は、補助シートのような簡易的な作りになっています。

ただ、今回新発売された新型モデルの後部座席は、左右それぞれ独立して格納できる中央分割方式を採用しているおかげで、また、助手席も収納できるレイアウトになっておるおかげで、乗車人数や荷物の大きさなどシチュエーションによって、様々なシートアレンジをする事が可能になっていました。

そんな新型Nバン(N-VAN)のシートアレンジを確認したいと思います。

シートアレンジ1:新型Nバンの4人乗車モード

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の運転席と助手席、後部座席のすべてを展開した時の4人乗車時のシートアレンジは、このようになっています。

■新型Nバンの4人乗車時のシートアレンジ

ちなみに、この時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このような感じ…。

■新型Nバンの荷室・ラゲッジスペースの広さ

今回新発売された新型モデルはベースとなっている新型Nボックス(Nボックス)よりも後部座席を前方に設置している事もあり、荷室・ラゲッジスペースは、4人乗車時でも十分に満足できる広さに…。

その分、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は狭めになっていますが、乗車人数が増えた時でもこれだけ広い荷室・ラゲッジスペースを備えているのは、とても心強いと思いました。

シートアレンジ2:新型Nバンの3人乗車モード

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席のどちらかを収納すると、このように3人乗車のシートアレンジとなります。

■新型Nバンの3人乗車時のシートアレンジ

後部座席の片側を収納すると、荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりますよね。

また、後部座席を収納した部分で段差ができずに完全なフルフラット状態になるのも、好印象でした。

ちなみに、この新型モデルの後部座席はシンプルな作りになっている事もあり、肩口にあるストラップを引くと簡単に収納する事ができます。

ちょっと珍しい助手席を床下に収納したシートアレンジ

また、新型Nバン(N-VAN)は、助手席を床下にスッポリと収納できるので、運転席+後部座席と言ったちょっと珍しいシートアレンジをする事も可能です。

このようなシートアレンジをする人は珍しいと思いますが、運転席の隣に大きい荷物を置いて置きたい場合や、助手席の背もたれを前方に倒してテーブル代わりに使いたい場合などには重宝するシートアレンジなのかなと思いました。

シートアレンジ3:新型Nバンの2人乗車モード

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席をすべて収納すると、このように2人乗車のシートアレンジとなります。

■新型Nバンの2人乗車のシートアレンジ

ダイハツのハイゼットカーゴやスズキのエブリイなど、競合車・ライバル車と比較すると、この新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、狭くなっています。

>>> 十分すぎる広さを確保!?新型Nバンの荷室サイズを確認してみた

ただ、今回新発売された新型モデルは荷室フロアが低く、また、フラットな床面になるので、使い勝手に関しては、競合車・ライバル車に引けを取らないと感じました。

長尺物を積み込むのに便利なシートアレンジ

今回新発売された新型モデルの助手席側のシートを収納すると、2人乗車しながら、長尺物も積み込めるとても便利なシートアレンジになります。

■新型Nバンの長尺物+2人乗車のシートアレンジ

また、この新型モデルの助手席側は、センターピラーレスを採用しており、長尺物もラクラク積みこむ事ができちゃいます。

■新型Nバンの助手席側のスライドドア

>>> ピラーレスを採用した新型Nバンのスライドドア【広さ&乗降性はどうだった?】

長尺物を積み込めるだけではなく、大開口となっている助手席側のスライドドアを活かした荷物の積み込のしやすさもこの新型モデルの大きなメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この”長尺物+2人乗車”のシートアレンジは、新型Nバン(N-VAN)のみの専用のシートアレンジとなっており、ダイハツのハイゼットカーゴやスズキのエブリイでは用意されていません。

2人乗車をする機会が多い方は、ダイハツのハイゼットカーゴやスズキのエブリイよりも、この新型モデルを選んだ方がメリットは大きいのかなと思いました。

シートアレンジ4:新型Nバンの1人乗車モード

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の注目のシートアレンジの一つが、後部座席だけではなく、助手席も床下に収納する荷室・ラゲッジスペースの積載量を最優先した1人乗車モードです。

実際にこの新型モデルの助手席と後部座席を収納して、1人乗車のシートアレンジをしてみると、このような感じ。

■新型Nバンの1人乗車のシートアレンジ

後部座席と助手席を収納すると、かなり広いですよね。

この時の助手席側の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、ハイルーフ仕様で2,560mmとなっており、軽自動車史上最長の広さとなっています。

助手席&後部座席を収納すると、バイクや自転車もラクラク積み込める広さとなっているため、仕事のクルマとしてだけではなく、趣味のクルマとしても大活躍するのかなと思いました。

また、この新型モデルは、成人男性でも横になれる広さを確保しているため、車中泊をするのにも良いクルマなのかなと思いました。

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)のシートアレンジを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルは、様々なシートアレンジを用意しており、荷物の大きさや乗車する人数に合わせてカスタマイズできるのが、とても良いと思いました。

その中でも特に良いと思ったのが、この新型モデルの特徴でもある助手席と後部座席を収納した時のシートアレンジです。

長さに制限のある軽自動車で、これだけの広さを確保できるのは、ちょっと凄いなと感心してしまいました。また、後部座席や助手席を収納した時にフルフラットになって、荷物が積みやすいデザインになっているのも好印象でした。

シートアレンジのバリエーションの豊富さは、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の魅力の一つです。もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、実際に助手席や後部座席を収納するなどして、このクルマのシートアレンジ性能を確認してみてくださいね。

>>> 新型Nバンの内装の実車画像レビュー【シンプルだけど使い勝手は抜群!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする