ホンダ新型Nバンの助手席をリクライニングできる?座り心地レビュー

N-BOXっぽいキュートな見た目が特徴の軽商用車の新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にホンダからデビューをしました。

商用バンらしく使い勝手にこだわった内装・インテリアになっている新型モデルですが、使い勝手の良さと格納性を兼ね備えた助手席も注目ポイントの一つです。

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の助手席は、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出すために、床下に収納できる”ダイブダウン機能”を採用。手軽にに床下に収納できるようになっており、長尺物を積むのに便利なシートデザインになっていました。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

ただ、この”ダイブダウン機能”を備えたおかげでこの新型モデルの助手席は、運転席と全く異なるデザインに…。また、座り心地にも違いが…。

今回新発売された新型モデルの助手席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの助手席の座り心地は、どうだったのでしょうか?

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の助手席のデザインや機能性、座り心地を確認してきたので、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの助手席インプレ【座り心地&快適性を徹底チェック】

2018年7月にデビューをしたホンダの商用車新型Nバン(N-VAN)の助手席は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの助手席

ちなみに、こちらは新型モデルの運転席のデザインです。

■新型Nバンの運転席

運転席と助手席は同じ骨格になっている場合が多いですが、この新型モデルでは、運転席と助手席が全く異なるデザインに…。

運転席はサイドサポートもしっかりとしており、また、座面や背もたれのクッション性も良く、長時間座っても疲れにくい快適性を最重視したデザインになっていました。

一方、新型Nバン(N-VAN)の助手席は、運転席とは異なり、座り心地の良さや快適性よりも、床下に収納した時の荷室・ラゲッジスペースフルフラット性を最重要視したデザインに…。

なので、この新型モデルの助手席は、運転席と比較して、背もたれや座面が薄く、また、シートサイズも小さくなっています。

以前、この新型モデルを試乗した際、同行をしてくれたディーラーさんが、「この新型モデルは、”お一人様仕様”だと思ってください。」と仰っていましたが、ディーラーさんが仰っている事に納得できる座り心地に…。

座面や背もたれにクッション性がなく、長時間座っているとお尻が痛くなりそうな座り心地なので、短距離ドライブなら我慢する事ができますが、この新型モデルの助手席に座っての長距離ドライブは、ちょっと辛いのかな!?と思いました。

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の助手席に座っていて気になったのは、サイドサポート(ホールド力)です。

この新型モデルの助手席は、運転席と異なり座面も背もたれもフラットな作りになっており、サイドサポートがしっかりとしていません。そのため、カーブを曲がるたびに、体が左右に大きく振られるのも、少々気になるところでした。

新型Nバンの助手席にリクライニング機能は付いている?機能性をチェック

このようにこの新型Nバン(N-VAN)の助手席は簡易的な作りになっているため、座り心地はイマイチだったのですが、背もたれのリクライニング機能を備えており、好みの角度に背もたれを調整する事が可能です。

シートサイドに備わっているレバーを操作して、この新型モデルの助手席の背もたれをリクライニングしてみると、このような感じに…。

■新型Nバンのリクライニング用レバー

■新型Nバンの助手席の背もたれを垂直にした状態

■新型Nバンの助手席の背もたれを最大限にリクライニングした状態

この新型Nバン(N-VAN)の助手席の背もたれのリクライニング幅は約30度となっており、快適性を重要視した運転席よりも背もたれを調整できる角度は小さくなっています。

ただ、少し背もたれをリクライニングするだけで、座り心地・快適性はグンと良くなるので、リクライニング機能が用意されているのは、とても良いと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、リクライニングレバーを操作すると、助手席の背もたれを前方に倒す事もできます。

そして、この新型モデルの助手席の背もたれを前方に倒すと、このように垂直になり、停車時には、テーブルとして使用する事が可能です。

ちょっと車内で食事をとりたい時など、このテーブルとして代用できる助手席は、重宝するのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新型商用バン新型Nバン(N-VAN)の助手席は、このようなデザインになっていました。また、このような座り心地になっていました。

この新型モデルの助手席には、リクライニング機能が用意されていたものの、シートサイズサイズも小さく、また、背もたれや座面のクッション性もあまり良くありません。

なので、この新型モデルの助手席に座っての長時間ドライブでは、ちょっとしんどい感じが…。

荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手の良さなど、他のクルマには無い魅力を備えているこの新型モデルですが、同乗者の快適性を考えるのなら、この新型Nバン(N-VAN)ではなく、N-BOX(Nボックス)など他のモデルの方が良いのかなと思いました。

もし、これからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、助手席の座り心地や快適性、居住性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型Nバンの助手席は前後にスライドできる?足元の広さを確認してきた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする