フラットになる?新型Nバンの運転席の座り心地&快適性レビュー

仕事目的だけではなく、趣味用のクルマとしても注目を集めているホンダの軽商用車新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルとベースになっている新型N-BOXの大きな違いの一つが、シートのデザインです。

ベースとなっている新型N-BOXは全シート、快適性と座り心地の良さを最重要視したデザインになっているのに対し、この新型Nバン(N-VAN)の助手席や後部座席は、座り心地よりも格納性を重要視したデザインに…。なので、シートが薄く、座り心地が良くありません。

>>> 【快適性はイマイチ!?】新型Nバンの助手席の座り心地レビュー

ただ、運転席に関しては、助手席や後部座席よりも座り心地が良いように感じました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の運転席は、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、この新型モデルの運転席は、車中泊をする際など、助手席のようにフラットにする事はできるのでしょうか?

ホンダから新発売された新型軽商用バンの運転席のデザインや座り心地、機能性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの運転席の作りや座り心地をチェック

2018年7月にホンダから久しぶりにデビューをした軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の運転席は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの運転席

ちなみに、こちらは、この新型商用バンの助手席と後部座席のデザインです。

■新型Nバンの助手席

■新型Nバンの後部座席

運転席と助手席/後部座席では、シートの作り・クッションの厚みの違いが一目瞭然ですよね。

この新型モデルの助手席や後部座席は、運転席よりも座面やシートバックが薄くなっており、補助シートのように簡易的な作りに…。ホールド力・フィット感も皆無で、また、足元空間(ニークリアランス)も若干狭めに設定されており、”短距離専用”のシートになっているように感じました。

一方、今回新発売された新型モデルの運転席は、助手席や後部座席よりもクッションも厚く、快適性を最重要視した作りに…。

一般的なファブリック素材となっているため、見た目はシンプルなのですが、腰のサポートが特に良く、長時間ドライブでも疲れにくい座り心地になっているように感じました。

また、この新型Nバン(N-VAN)を試乗した際にディーラーさんから教えて貰ったのですが、シートの座面のサイド部分に生地の縫い目を無くし、摩耗に強い作りに…。乗り降りを何度繰り返しても、破れたり、穴が開いたりしにくシートになっているのが好印象でした。

また、配送業など、一日に何度も乗り降りを繰り返さないといけない方にとっては、このように丈夫な運転席は、本当に助かるのかなと思いました。

新型Nバンの運転席のリクライニング機能はスゴイ!?

このようにクッション性も良く十分に満足できる座り心地を備えていた新型Nバン(N-VAN)の運転席ですが、この新型モデルの運転席を確認してみて良いと思ったのが、運転席の背もたれのリクライニング機能です。

この新型モデルの運転席の背もたれは、このように水平になるまでリクライニングする事が可能です。

■新型Nバンの運転席をリクライニングした時の様子

ここまで背もたれをリクライニングできるクルマって珍しいですよね。

今回新発売されたこの新型モデルの運転席の背もたれは、このようにほぼフラットまで倒す事ができるので、休憩時間に仮眠をとりたい方には、重宝するのかなと思いました。

新型Nバンの運転席は乗降性も優れている!?

また、2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の運転席を確認していて良いと思ったのが、乗り降りのしやすさです。

今回新発売された新型モデルは、運転席のドア開口部が意外と広くいたため、また、競合車・ライバル車よりもフロア位置が低いため、乗り降りをする際、足の運びがとてもスムーズです。

■新型Nバンの運転席のドア開口部

また、この新型モデルは、運転席の着座位置が絶妙な高さになっており、乗り降りをする際、腰の上下動が少ないので、とってもラク。

この絶妙な高さになっている新型Nバン(N-VAN)の運転席と乗り降りがしやすい低いフロアは、何度も乗り降りをしなければいけないドライバーさんの強い味方なのかなと思いました。

新型Nバンの運転席はフラットになる?シートアレンジを徹底チェック

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の運転席は、座り心地や快適性を最重要視したデザインになっているのですが、助手席や後部座席のように収納して、フラットにする事はできるのでしょうか?

結論から申し上げますと、今回新発売された新型モデルの運転席は、助手席や後部座席のように床下に収納して、フルフラットな車内にする事はできません。

助手席や後部座席を収納しても、このように運転席は残ってしまいます。

■新型Nバンの助手席&後部座席を収納した時の様子

また、今回新発売された新型モデルの助手席の背もたれは、前方にパタンと倒す事ができるのですが、運転席の背もたれは、前方に倒す事ができません。

■新型Nバンの助手席を前方に倒した時の様子

なので、車中泊をする時など、この新型Nバン(N-VAN)の車内を広く使いたい時には、先ほども紹介した背もたれを後方に最大限にリクライニングするのが一番良いのかなと思いました。

ちなみに、車中泊をする際、この新型モデルの運転席と助手席の大きな段差を埋めるには、ディーラーオプションで用意されているこのアイテムを使用すると良いみたいですよ。

>>> 新型Nバンの車中泊レビュー【快適に過ごすために欲しいオプションとは?】

2018年7月にデビューをした新型N-BOXの派生モデル新型Nバン(N-VAN)の運転席は、このようなデザインになっていました。

助手席や後部座席と異なり、今回新発売された新型モデルの運転席は、シートサイズも大きく、また、クッション性も満足できる作りに…。ホールド感もとても良く、運転席だけに限って言えば、商用バンのレベルを遥かに超えているように感じました。

この座り心地の良さ、ホールド感は、長時間ドライブをしなければいけないドライバーさんにとって、強い味方になるのかなと思いました。

>>> 新型Nバンの後部座席の足元空間は狭い!?居住性&快適性インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする