新型RAV4アドベンチャーの内装色の実車画像インプレ【ブラックorオーキッドブラウン】

トヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”は、ブラックとオーキッドブラウンと言う2色の内装色を用意しています。

ブラック/オーキッドブラウンどちらの内装色もSUVらしい遊び心のあるデザインになっていますが、選ぶカラーによって、車内の雰囲気に大きな違いが…。

2019年4月にデビューを果たしたアドベンチャー(Adventure)に用意されている”ブラック”と”オーキッドブラウン”の内装色は、それぞれどのようなデザインだったのでしょうか?また、どのような違いがあったんでしょうか?

実車画像を使って、新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”の内装色を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4アドベンチャーのブラックの内装色

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”のブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■アドベンチャーのブラックの内装色
このモデルのダッシュボード(インパネ)は、黒を基調にしたスタイリッシュなデザインに…。ただ、ダッシュボードに施されているオレンジのステッチが、SUVらしいアクティブさを演出していました。

また、トレイやドリンクホルダーホルダーに施されているオレンジの加飾も、良いワンポイントアクセントになっていました。

■オレンジカラーのトレイ

■オレンジカラーのドリンクホルダー

ドア内側パネルにもブラックを基調としたデザインに…

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)のブラックの内装色を選んだ時のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■アドベンチャーのブラックの内装色のドア内側パネル

ブラックの内装色のドア内側パネルも、黒のソフトパッドをあしらった落ち着いた雰囲気のデザインに…。

ただ、このドア内側パネルにも、オレンジのステッチが施されているため、他のグレードよりもカジュアルな雰囲気を醸し出していました。

オレンジのアクセントカラーが映えるブラックシート

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)のブラックを選択した時のシートは、このようなデザインになっています。

■ブラックの内装色を選択した時のシート

アドベンチャーのブラックの内装色では、背もたれの中央に立体感のあるオレンジの刺繍を縫い込んだ合成レザーシートを採用。また、シートのサイドには、オレンジのステッチをあしらったデザインに…。

ブラックのレザーシートの中には、重厚感やゴージャス感を強調したデザインもありますが、このアドベンチャー(Adventure)のブラックのレザーシートは、オレンジのアクセントラインのおかげもあり、予想以上にカジュアルさが際立つデザインになっていました。

また、シートの座面や背もたれにあしらわれた幾何学模様が良い意味でSUVらしさを強調しているように感じました。

新型RAV4アドベンチャーのオーキッドブラウンの内装色

新型RAV4 アドベンチャー(Adventure)に用意されているもう一つの内装色”オーキッドブラウン”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■オーキッドブラウンの内装色

“オーキッドブラウン”の内装色を用意しているのは、このアドベンチャー(Adventure)だけなのですが、ダッシュボード(インパネ)のカラーは、他のグレードの同様のライトグレーカラーに…。

ただ、トレイやステッチにオレンジのアクセントカラーを採用している事もあり、他のグレードのダッシュボードやインパネとは、一味も二味も異なる雰囲気のクルマに仕上がっていました。

また、ダッシュボードにライトグレーが採用されているこのモデルは、車内が明るく、ブラックよりも解放感を感じられるのも、このインテリアカラーの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

カジュアルさと遊び心を兼ね備えたドア内側パネル

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)のオーキッドブラウンのドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■オーキッドブラウンのドア内側パネル

オーキッドブラウンのドア内側パネルは、トリム部分にライトグレーを採用した明るいデザインに…。

また、トリム部分にあしらわれているオレンジのステッチとの相性も良く、オシャレで遊び心のあるデザインになっているように感じました。

シートサイドにオーキッドブラウンを採用した専用シート

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4 アドベンチャー(Adventure)の内装色のオーキッドブラウンの注目ポイントの一つは、シートのデザインです。

■オーキッドブラウンのシート

一見すると、このモデルのシートは、メイン部分にライトグレーを、そして、サイド部分には濃いグレーを採用しているように見えますが、シートサイドは、濃いグレーではなく、この内装色にもなっているオーキッドブラウンカラーを採用。

日陰や暗いところでは、ちょっと濃いめのグレーに見えるこのクルマのシートですが、太陽の光の当たり具合によって、ブラウンっぽく見えるオシャレなデザインになっていました。

ただ、このオーキッドブラウンのシートサイドにもオレンジのステッチが採用されているのですが、オーキッドブラウンとオレンジの相性はイマイチな感じが…。インパクトのあるビビットなオレンジが若干ぼやけて見えてしまうのが、少々残念でした。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”に用意されている2つの内装色”ブラック”と”オーキッドブラウン”は、それぞれこのようなデザインになっていました。

シックなブラックと車内を華やかにしてくれるオーキッドブラウンでは、車内の雰囲気の大きな違いが…。また、後部座席に座った時の圧迫感も違いがありました。

このように”ブラック”と”オーキッドブラウン”では、まったく異なる雰囲気のクルマに仕上がるので、後々後悔しないためにも、しっかりと検討してみてくださいね。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、オーキッドブラウンよりも定番のブラックの内装色の方が人気が高くなっているそうですよ。

>>> Gグレードよりも劣る!?新型RAV4アドベンチャーの欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする