新型RAV4の荷室容量はどれくらい!?アレンジごとに容量の違いを紹介

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない広い荷室空間を確保しています。

ただ、デッキボードを設置する位置や荷室・ラゲッジスペースのアレンジによって、荷室容量は大きく異なります。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の荷室容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、デッキボードの位置やアレンジによって、荷室容量は、どれくらい変化するのでしょうか?

トヨタから新しく発売された新型モデルの荷室容量を確認してきたので、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

通常時の新型RAV4の荷室容量をチェック

2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、高さを調節できるデッキボードを備えている事です。

そして、デッキボードを設置する位置によって、荷室容量にも大きな差が…。

そんな新型モデルの後部座席を使用時(通常時)の荷室容量を、デッキボードを上段/下段に設置した時に分けて紹介したいと思います。

デッキボードを上段に設置した時の荷室容量

こちらが、デッキボードを上段に設置した時の新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースです。

■デッキボードを上段に設置した時の荷室

デッキボードを上段に設置すると、荷室フロアと掃き出し口がフラットになるオーソドックスな形に…。

そして、ラゲッジルームをこの状態にした時の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■通常時の荷室容量:デッキボードを上段に設定

542リットル

この新型RAV4の一番オーソドックスな荷室アレンジの時の容量は542リットル。

デッキボードの下のスペースや床下収納(サブトランク)を含めていないこともあり、こアレンジをした時の新型RAV4の荷室容量は、ホンダのCRV/CR-Vや日産のエクストレイルよりも若干少なめになっています。

■新型RAV4と競合車の荷室容量比較

トヨタ RAV4
(ガソリン車/GZパッケージ)
 542リットル
ホンダ CRV/CR-V
(ガソリン車/EXマスターピース 2列シート仕様)
 561リットル
日産 エクストレイル
(ガソリン車/20Xi 2列シート仕様)
 565リットル
スバル フォレスター
(ガソリン車/X-BREAK)
 520リットル

ただ、競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースと見比べてみても、新型RAV4の荷室・ラゲッジスペースが小さいと感じたことはありません。

むしろ、競合車・ライバル車の中で唯一1メートル オーバーの奥行きを備えているこのクルマの荷室の方が使い勝手が良いように感じが…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらを選んでも全く同じ荷室容量になっているのも好印象でした。

デッキボードを下段に設置した時の荷室容量

一方、新型RAV4に用意されているデッキボードを下段に設置すると、荷室・ラゲッジスペースは、このようになります。

■荷室を下段に設置した時の荷室

そして、この時の荷室・ラゲッジスペースの容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■通常時の荷室容量:デッキボードを上段に設定

580リットル

デッキボードを下段に設置した時の荷室容量は580リットル。

先ほど紹介をしたデッキボードを上段に設置した時の荷室容量が542リットルだったので、38リットルほど容量が大きくなります。

デッキボードを下段に設置するだけで、荷室容量はかなり増えるんですね。

また、デッキボードを下段に設置すると、荷室の高さは、上段に設置した時よりも55mmほど高くなり935mmに…。なので、背の高い荷物を積み込むのにも有利となります。

ただ、このクルマに備わっているデッキボードはサイズが大きく、また、中折れ式になっているため、デッキボードの位置を上段から下段に変えるのって意外と面倒なんですよね。

なので、よほど背の高いアイテムを荷室・ラゲッジスペースに積み込まない限り、デッキボードを下段に設置する機会はないのかなと思いました。

後部座席を収納した時の新型RAV4の荷室容量をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、後部座席を収納して、広い荷室・ラゲッジスペースにする事が可能です。

この時の荷室・ラゲッジスペースの容量はどれくらいだったのでしょうか?

後部座席を収納した時のこのクルマの荷室容量も確認してきたので、紹介したいと思います。

デッキボードを上段に設置した時の荷室容量

デッキボードを上段に設置した状態で、このクルマの後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■デッキボードを上段&後部座席収納時の荷室

倒したシート部分が若干斜めになるものの、荷室・ラゲッジスペースは十分な広さに…。

また、この状態の時の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■後部座席を収納&デッキボードを上段時の荷室容量

1,150リットル

この状態にした時の荷室容量は1,150リットルとなり、後部座席を使用していた時の約2倍に…。

また、この荷室アレンジをした時の荷室の奥行きは1800mmオーバーとなっており、荷物を積載するだけではなく、車中泊をするのにもピッタリなアレンジとなっていました。

デッキボードを下段に設置した時の荷室容量

また、後部座席を収納した状態で、新型RAV4の荷室に用意されているデッキボードを下段に設置することも可能です。

実際に後部座席を収納した状態で、デッキボードを設置してみると、このような感じに…。

■デッキボード下段&後部座席を収納した時の荷室

この荷室アレンジをした時の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■後部座席を収納&デッキボードを下段の時の荷室容量

1,185リットル

この状態の時の荷室容量は1,185リットルとなっており、このクルマが用意している荷室アレンジの中で容量は一番大きくなっています。また、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの荷室容量となっています。

この大きい荷室容量は魅力的なのですが、荷室・ラゲッジスペースのフロアが凸凹としているため、使い勝手はイマイチな感じがしました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマは2段階から調整する事ができるデッキボードに位置によって、荷室容量が大きく変わります。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、荷室容量は若干少なくなってしまいますが、デッキボードは、後部座席を収納した時にフルフラットになる上段に設置しておいた方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする