新型RAV4アドベンチャーの見積もり金額は高い!?【Gグレードと比較】

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の中で注目を集めているのが、SUVらしさを強調したオフロード仕様の”アドベンチャー(Adventure)”です。

先日、この新型アドベンチャー(Adventure)の見積もりを貰ってきたのですが、標準装備されているアイテムや機能と値段を見比べると、若干の割高感があるような感じが…。

19インチのアルミホイールや専用デザインのシートを備えているアドベンチャーの見積もり金額(乗り出し価格)は、いくらだったのでしょうか?また、人気が高いガソリン車の”Gグレード”と比較すると、乗り出し価格は、どちらの方が高くなっていたのでしょうか?

私が貰ってきた新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)とGグレードの見積もり書を公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4アドベンチャーの見積もりを公開

こちらが、今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のオフロード仕様”アドベンチャー(Adventure)”の見積もりです。

■アドベンチャーの見積もり

最初、見積もりを貰う際、ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインをお願いをしました。

しかし、このアドベンチャー(Adventure)では、このホワイトを選ぶ事は出来ないという事で、ディーラーさんおススメのグレーメタリックを注文しました。

見積もりを貰う際にお願いをしたオプションは?

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)を注文する際、オプションは、次のような基本的なアイテムのみをお願いいたしました。

■注文をしたメーカーオプション

バックカメラ 27,000円

■注文をしたディーラーオプション

ETC車載器 22,464円
ETCセットアップ料金 2,700円
フロアマット(デラックスタイプ) 27,000円
エントリーナビ”NSCN-W68″ 97,848円

新型RAV4 アドベンチャーの乗り出し価格はいくらだった?

このような条件で見積もりを貰った時の新型RAV4 アドベンチャーの見積もり金額(乗り出し価格)は、いくらだったのでしょうか?

私の貰ったアドベンチャーの見積もり金額を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型RAV4 アドベンチャーの見積もり金額

車体本体価格 3,137,400円
メーカーオプション/ディーラーオプション 177,012円
税金&諸経費 242,012円
乗り出し価格合計 3,556,424円

私がが貰ったこのアドベンチャー(Adventure)の乗り出し価格は約355万円となっており、ミドルクラスSUVとしては、すっごい高いわけではありません。

ただ、このモデルのハンドルやシフトレバーがシンプルなウレタン製になっており、内装の質感が他のグレードよりもシンプルです。また、シートヒーターなどの快適装備も標準装備されていません。

■新型アドベンチャーのハンドル

19インチの専用デザインのアルミホイールやフロントグリルを備えているとは言え、内装の質感や快適装備などのことを考えると、ちょっと割高感があるのかなと感じてしまいました。

>>> ちょっとシンプルすぎる!?新型RAV4アドベンチャーの内装インプレ

新型RAV4 アドベンチャーとGグレードの見積もり金額の差はいくら?

一方、新型RAV4の人気モデル”Gグレード”のガソリン車の見積もり金額・乗り出し価格は、いくらだったのでしょうか?

こちらが、私が貰ってきたGグレードのガソリン車の見積もり書です。

■ガソリン車”Gグレード”の見積もり書

ちなみに、ボディカラーは、人気色のホワイトパールクリスタルシャインでお願いをしたのですが、オプションは、アドベンチャー(Adventure)と全く同じアイテムを注文いたしました。

■ガソリン車”Gグレード”のオプション

このような条件でお願いした際の新型RAV4のガソリン車の”Gグレード”の見積もり金額(乗り出し価格)は、このようになっていました。

■ガソリン車”Gグレード”の乗り出し価格

車体本体価格 3,202,200円
メーカーオプション/ディーラーオプション 182,412円
税金&諸経費 259,612円
乗り出し価格合計 3,644,224円

ガソリン車の人気モデル”Gグレード”の乗り出し価格は約364万5000円となっており、オフロード仕様のアドベンチャー(Adventure)よりも約8万8000円ほど高くなっていました。

コスパは、アドベンチャーよりもGグレードの方が良い

このように新型RAV4のアドベンチャーとGグレードの乗り出し価格を比較すると、Gグレードの方が乗り出し価格が高くなっています。

ただ、コスパは、アドベンチャー(Adventure)よりもGグレードの方が良いように感じました。

その理由の一つは、この2台のモデルに用意されている機能&装備の違いです。

例えば、安全装備。

新型RAV4のGグレードでは、低速で走行している時の衝突回避&軽減をアシストしてくれる”インテリジェン クリアランスソナー”や、駐車場から後退する際に左右後方から接近をしてくるクルマを検知し、お知らせしてくれる”リヤクロス トラフィックオートブレーキ”が標準装備されています。

しかし、アドベンチャー(Adventure)では、これらの安全装備はメーカーオプション設定となっており、両方装着すると、約9万5000円かかります。

また、ウレタン製となっているアドベンチャー(Adventure)のハンドルやシフトレバーを、Gグレードと同じ本革仕様に変更すると、7万9920円のオプション代が掛かります。

つまり、新型RAV4と同じような安全装備や内装アイテムを装着しようとすると、アドベンチャー(Adventure)の方が乗り出し価格が高くなってしまうと言う結果に…。

Gグレードと異なるアドベンチャー(Adventure)の見た目や内装が好みなら良いですが、コスパ重視でグレード選びをするのなら、Gグレードの方がお得感があるのかなと思いました。

2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のオフロード仕様”アドベンチャー(Adventure)”の見積もり金額・乗り出し価格を確認してみたところ、このようになっていました。

このアドベンチャー(Adventure)の乗り出し価格は、人気モデルの”Gグレード”のガソリン車よりも若干安くなっています。

ただ、安全装備の”インテリジェン クリアランスソナー”や”リヤクロス トラフィックオートブレーキ”、本革巻きのハンドル&シフトレバーを備えると、”アドベンチャー(Adventure)”の方が乗り出し価格が高くなるので、ご注意くださいね。

>>> 遊び心満載!新型RAV4アドベンチャーの内装【実車画像で専用デザインを徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする