タイプPとタイプSPの3つの違いとは?新型スカイラインの内装

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、ガソリン車/ハイブリッド車あわせて7つのグレードをラインナップしていますが、その中でも人気が高いのが中間モデルの”GTタイプP”と最上位に位置をする”GTタイプSP”です。

この新型モデルの”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアの違いはそれほど大きくないのですが、隅々まで見比べてみると、意外ところに差が…。

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つのグレードの内装・インテリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

新型モデルの”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアの意外な3つの違いを、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン タイプPとタイプSPの内装をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをした新型スカイライン(SKYLINE)の中間モデル”GTタイプP”と最上位モデル”GTタイプSP”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■中間モデル”GTタイプP”の内装

■最上位モデル”GTタイプSP”の内装

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、最上位モデルの”GTタイプSP”だけではなく、中間モデルのGTタイプP”も本革巻きのシートやハンドル、シフトレバーを採用。

なので、どちらのモデルを選んでも、プレミアムセダン車らしい高級感や上質感を味わえました。

どちらのモデルも機能&装備が充実

また、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”は、どちらのモデルも機能や装備が充実しています。

例えば、オートブレーキホールド&電動パーキングブレーキ。

今回私が見たモデルはハイブリッド車の”GTタイプP”と”GTタイプSP”だったのですが、どちらのモデルも、新型スカイライン(SKYLINE)初搭載となるオートブレーキホールドや電動パーキングブレーキを標準装備。

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

また、世界初搭載となる高速道路で手放し運転することができる”プロパイロット2.0″も、標準装備となっています。

なので、中間モデル”GTタイプP”、最上位モデル”GTタイプSP”どちらを選んでも十分に満足できる仕上がりになっていました。

新型スカイラインの内装【タイプPとタイプSPの3つの違いとは?】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、”GTタイプP”と”GTタイプSP”のどちらを選んでも十分に満足できる内装・インテリアとなっています。

ただ、この2台のモデルの内装・インテリアを比べると、次のような違いがありました。

違い1:センターコンソールやドア内張りのパネル

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアの違いの一つが、センターコンソールなどにあしらわれているパネルのデザインです。

私が見たハイブリッド車の”GTタイプP”と”GTタイプSP”では、どちらもガンメタリック塗装が標準装備となっています。

■ガンメタリック塗装があしらわれたセンターコンソール

しかし、ガソリン車では、中間モデルの”GTタイプP”と”GTタイプSP”では、センタコンソールやドアの内側にあしらわれているパネルのカラーに違いがあります。

ガソリン車では、中間モデルの”GTタイプP”がガンメタリック塗装になっているのに対し、最上位モデルの”GTタイプSP”では、金属ならではの質感を楽しめる本アルミを採用。

■本アルミを採用したセンターコンソール

センターコンソールやドア内側パネルに採用されている素材が変わるだけで、内装・インテリアの雰囲気が大きく変わります。

■本アルミ仕様の内装

■ガンメタリック仕様の内装

このように見比べると、車内の雰囲気が全然違いますよね。

本アルミを採用しているガソリン車の”GTタイプSP”は、ガンメタリック塗装を採用しているモデルよりもスポーツモデルらしさが強調されているように感じました。

このようにガソリン車の最上位モデル”GTタイプSP”のみ特別な仕様になっているので、ご注意くださいね。

違い2:アクセル&ブレーキペダル

また、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”では、アクセルとブレーキペダルのデザインに違いがありました。

中間モデルの”GTタイプP”では、ご覧の通り、オーソドックスなゴム製のアクセル&ブレーキペダルとなっています。

■GTタイプPのアクセル&ブレーキペダル

一方、最上位モデル”GTタイプSP”のアクセル&ブレーキペダルは、高級感のある見た目にしてくれるアルミ製のスポーツペダルを標準装備。

■GTタイプSPのアルミ製スポーツペダル

やはりアルミ製のスポーツペダルの方がワンランクもツーランクもカッコいいですよね。

アクセルやブレーキのフィーリングに大きな差はありませんでしたが、見た目の高級感&スポーティーさは、アルミ製のスポーツペダルを採用している最上位モデルのGTタイプSPの方があるように感じました。

違い3:ハンドル/ステアリングホイール

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアの大きな差は、ハンドル・ステアリングホイールのデザインです。

先ほどもお話した通り、”GTタイプP”と”GTタイプSP”はどちらも高級感ただよう本革巻きのステアリングホイールを採用しています。

■GTタイプPのハンドル

■GTタイプSPのハンドル

また、プロパイロット2.0などステアリンスイッチのデザインなどにも違いがありません。

ただ、新型スカイライン(SKYLINE)の最上位”GTタイプSP”のみハンドルの付け根から、手元でシフトアップ/シフトダウンを行える”パドルシフト”を標準装備。

■GTタイプSPに装着されているパドルシフト

やっぱりパドルシフトが装着してあると運転の楽しさやエンジンブレーキを掛ける時のラクさが違いますよね。

より快適に、そして、楽しく運転をしたいのなら、パドルシフトが標準装備されている最上位モデルの”GTタイプSP”の方が良いのかなと思いました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装・インテリアを比較してみたところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

この”GTタイプP”と”GTタイプSP”の内装の機能や装備を見比べてみたのですが、思ったよりも機能や性能に差がないような…。

“GTタイプP”と”GTタイプSP”をどちらを選ぶかは、パドルシフトやアルミ製のスポーツペダルが必要かどうかで選ぶのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする