新型スカイラインにはどんな安全装備を用意?【信頼性&性能を徹底解剖】

半自動運転技術”プロパイロット2.0″を初めて搭載するなど日産の技術の粋を集めて開発された新型スカイライン(SKYLINE)ですが、イザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備も充実しています。

しかも、このクルマには、他の日産車には用意されていない安全装備機能も…。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)では、どのような安全装備を用意していたのでしょうか?また、このクルマに搭載されている安全装備の性能や信頼性は、どうだったのでしょうか?

このクルマに用意されている安全装備システムの特徴や信頼度、競合車よりも優れているところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインに用意されている安全装備は?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)では、次のような最新の安全装備を用意していました。

■新型スカイラインに搭載されている先進安全装備

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)
・ハイビームアシスト
・アクティブAFS
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・インテリジェントBSW(後側方車両検知警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントLDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)
・踏み間違い衝突防止アシスト

このように見ると、この新型モデルに用意されている安全装備システムは、かなり充実しているように見えますよね。

ちなみに、このクルマの安全装備システムについてディーラーさんに確認したところ、「このクルマに搭載されている安全装備システムは、競合車・ライバル車に引けを取りません。」と、豪語していました。

ただ、実際にこのクルマに用意されている安全装備を確認してみると、ディーラーさんが行っている事もあながち間違えていないような感じが…。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)に用意されている安全装備システムの各機能の特徴や性能について、詳しくみていくことにしましょう。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、イザという時に衝突を軽減してくれるインテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)が全グレードに標準装備されています。

上位モデルだけではなく、最廉価モデルの”GTグレード”や走りに特化をした”400R”でも自動ブレーキが標準装備されているのは嬉しいですよね。

また、この新型モデルに用意されている自動ブレーキは、対車両に対して時速5km/h以上で作動するなど性能も十分です。

ただ、ガソリン車とハイブリッド車では、自動ブレーキの性能や検知能力に若干の違いがあります。ガソリン車は、ハイブリッド車よりも周囲の検知能力が劣るのでご注意くださいね。

ちなみに、作動条件やハイブリッド車とガソリン車の違いなど自動ブレーキの詳細に関しては、こちらの記事で詳しくまとめてあります。ご興味のある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)

プレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”のみに用意されている注目の安全装備の一つが、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)です。

このインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)とは、目視では確認しにくい2台前を走る車両の車間距離や相対速度をミリ波レーダーで検知し、危険と判断した場合は、液晶ディスプレイで注意を促してくれる機能。

前々走車と前走車が続けてブレーキを掛けて、あやうく衝突しそうになることってありますよね。

このインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)は、このような玉突き事故のリスクを軽減してくれるイザという時に助かる機能となっています。

インテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)

また、新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されている”インテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)”も、注目の安全装備システムの一つです。

このインテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)は、前走車との距離などを検知して、アクセルやブレーキ操作をサポートしてくれるシステムです。

例えば、前走車との車間距離が近づてきた時、アクセルペダルから足を離すと、なめらかにブレーキをかけて、クルマが減速するのをサポートします。

また、前走車との車間距離が狭くなっているにも関わらず、アクセルペダルを踏んだままの場合は、アクセルペダルを押し戻す方向にチカラを発生させ、ブレーキ操作を促します。

このようにクルマがアクセル/ブレーキ操作をサポートしてくれるのは、珍しいですよね。

このインテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)は、長時間ドライブの疲労度を和らげてくれる使い勝手の良い機能なのかなと思いました。

ハイビームアシスト

最近、搭載しているクルマも多くなってきましたが、新型スカイライン(SKYLINE)にも搭載されているハイビームアシストとは、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさに合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えてくれる機能です。

他の機能と比較すると、ちょっと地味な機能ですが、ハイビームとロービームの切り替えの煩わしさから解放してくれる使い勝手の良い機能なのかなと思いました。

ちなみに、このハイビームアシストは、最廉価モデルの”GTグレード/ハイブリッドGT”では用意されていないので、ご注意くださいね。

アクティブAFS

ちょっと名前からはイメージしにくですが、この”アクティブAFS”とは、ハンドル・ステアリング操作に合わせて、ヘッドライトの向き(照射角度)を進行方向に合わせてくれる機能です。

曲がりくねったワインディングロードや見通しの悪いカーブを運転する時には、とても助かる機能なのかなと思いました。

ちなみに、ハイビームアシストと同様このアクティブAFSも、最廉価モデルの”GTグレード/ハイブリッドGT”では搭載されていないので、ご注意くださいね。

インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)

新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されているインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)とは、自分のクルマの斜め後方にいるクルマを検知し、サイドミラーに搭載されたインジケーターの点滅でお知らせしてくれる機能です。

このような機能を搭載しているクルマは多いのですが、この新型モデルでは、隣の車線にクルマがいる状態で車線変更をしようとすると、インジケーターとブザーで注意を発するとともに車両を白線内に戻す方向にチカラを発生します。

ここまでの機能を搭載しているクルマは、まだまだ珍しい感じが…。

なので、車線変更が苦手な方でも、車線変更をサポートする機能が備わっている新型スカイライン(SKYLINE)なら安心して運転をすることができますよ。

インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、意図をせず車線から逸脱しそうになると、ブザーとディスプレイで注意を喚起してくれるLDW(車線逸脱警報)を備えています。

また、この新型モデルインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)を搭載しており、ブザーやディスプレイで注意を喚起するだけではなく、車線内に戻す方向にチカラを発生させてくれます。

インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)のように白線内に戻す方向にチカラを発生させて車線逸脱を防ぐ機能を備えているクルマは、まだまだ少ないんですよね。

このような上位モデルにしか用意されていない機能をしっかりとを備えているのは、さすが新型スカイライン(SKYLINE)だなと思いました。

インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)

インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)とは、後退時やバックで出庫する際、クルマの後方に設置されたセンサーが後方を横切る車両を検知してくれる機能です。

そして、センサーが接近してくるクルマを検知すると、ディスプレイとブザーで注意を喚起してくれます。

狭い駐車場などをバックで出庫していると、死角が多くて、後方から接近してくるクルマや歩行者に気づかないってことありますよね。

このインテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)では、このような駐車場での事故を未然に防いでくれます。

踏み間違い衝突防止アシスト

新型スカイライン(SKYLINE)に搭載されている”踏み間違い衝突防止アシスト”は、その名の通り、アクセルとブレーキによる踏み間違えの事故を防止してくれる機能です。

例えば、アクセルとブレーキの踏み間違いにより障害物に衝突する危険があると判断した場合、メーター内のディスプレイ表示とブザーで注意を喚起してくれます。また、衝突すると判断した場合、駆動力も制御するので、衝突事故の回避・軽減にもつながります。

最近、良く年配の方のアクセルとブレーキの踏み間違えの事故をニュースや新聞で見ますが、この”踏み間違い衝突防止アシスト”は、このような人為的なミスによる事故を未然に防いでくれる重要な安全装備なのかなと思いました。

新型スカイラインの安全装備ってスゴイ!?【競合車よりも優れているところとは?】

このような安全装備を備えている日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)ですが、競合車・ライバル車の安全装備よりも優れているのでしょうか?

正直に言って、このクルマに搭載されている安全装備システムは、競合車・ライバル車のものと大差ありません。競合車・ライバル車にも似たような機能は用意されていますし…。

ただ、競合車・ライバル車よりも優れていると感じる部分もありました。

それは、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、標準装備されている安全装備の充実度です。

競合車・ライバル車の一つ、トヨタの新型クラウン(CROWN)でも自動ブレーキなどは、全グレードに標準装備されています。

ただ、トヨタの新型クラウン(CROWN)のRSグレードなどでは、車線変更をサポートする”後側方衝突防止支援システム”やクルマ後方の安全性を確保する”後退時衝突防止支援システム”は、メーカーオプション設定になっているんですよね。

しかし、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、最廉価モデルの”GTグレード/ハイブリッドGT”や走りに特化した専用グレード”400R”なども含めて全グレード標準装備。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

また、他のクルマでは用意されていない2台先のクルマを検知するインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)や、アクセルとブレーキ操作をサポートしてくれる”インテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)”も、全グレード標準装備です。

このように、余計な追加料金を払わなくても充実した安全装備が用意されているのは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:新型スカイラインの安全装備は充実している

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の安全装備を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)だけではなく、車線変更などをサポートするインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)も標準装備。

私も実際にこのクルマを試乗した際に、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)を使用してみたのですが、この機能が備わっていると、車線変更する時の安心感が違うんですよね。

イザという時にドライバーや同乗者の身を守る安全装備だけではなく、車線変更やバックなど普段の運転をサポートしてくれる機能がしっかりと標準装備されているのは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

また、この新型モデルは、このクルマの車格や乗り出し価格に相応しい安全装備を備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする