快適性はイマイチ!?新型スカイラインの運転席の魅力と欠点

日産の新型スカイライン(SKYLINE)は、走りの楽しさを追求したスポーツセダン車という事もあり、運転席の座りご地や運転のしやすさにもこだわっています。

ただ、その一方、運転をしていて気になったところも…。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の運転席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの運転席に座ってみて感じた良かったところ、欠点は、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、日産のプレミアムセダン車の運転席の座り心地や居住性、運転のしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの運転席は2つのタイプを用意

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)は、”スポーツシート”と”標準シート(ノーマルシート)”の2つのタイプを用意しており、グレードによって運転席が異なります。

こちらが、ガソリン車”400R”、そして、オプションとして最上位モデルの”GTタイプSP”に用意されているスポーツシートです。

■新型スカイラインのスポーツシート

一方、こちらは、それ以外のグレードに標準装備されている”標準シート(ノーマルシート)”です。

■新型スポーツラインの標準シート

この新型モデルに用意されている”スポーツシート”と”標準シート”では、サイドサポートの張り出しの大きさに大きな差が…。なので、”スポーツシート”と”標準シート(ノーマルシート)”では、座った時のホールド感やフィット感に大きな違いが…。

また、400Rに標準装備されているスポーツシートは、座面の長さを調整する事ができる”サイサポートエクステンション”など、”標準シート(ノーマルシート)”に用意されていない機能が用意されているのも魅力の一つなのかなと思いました。

新型スカイラインの運転席の良かったところ&魅力とは?

このように2つのタイプの運転席を用意している日産の新型スカイライン(SKYLINE)の運転席ですが、実際に座ってみて、競合車・ライバル車よりも優れていると思ったところは、どこだったのでしょうか?

私がこのクルマの運転席に座ってみて良いと思ったのが、背もたれのフィット感です。

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの運転席では、背もたれの上部の角度を少し前方に倒して”く”の字のような形をした”スパイナルサポート”を採用しています。

■新型スカイラインに採用されているスパイナルサポート

この”く”の字状に折れ曲がった背もたれのおかげで、このクルマの背もたれのフィット感がとても良く、背中全体を包み込んでくれるいるような座り心地になっています。

このスパイナルサポートを採用した新型スカイライン(SKYLINE)と他のクルマの運転席で特に違いを感じたのは、背もたれをリクライニングした時の座り心地です。

一般的なクルマでは、後部座席の背もたれを少し垂直よりも少し後方にリクライニングすると、背もたれの上部と背中の部分に隙間が生じてしまい、これが運転疲労に繋がります。

しかし、スパイナルサポートを採用している新型スカイライン(SKYLINE)では、運転席を少しリクライニングさせても、背もたれが背中全体にしっかりとフィット。このフィット感が運転席に包み込まれているような座り心地に繋がっているような感じが…。

■スパイナルサポートを採用している新型すかイランの背もたれ

この背中全体を優しく、そしてしっかりと包み込んでくれているようなフィット感と疲れ知らずの座り心地は、スパイナルサポートを採用しているこの新型モデルの運転席の魅力の一つなのかなと思いました。

新型スカイラインの運転席の不満&欠点

スパイナルサポートを採用している新型スカイライン(SKYLINE)の運転席は座り心地、背中のホールド感がとても良かったのですが、運転席の足元空間の広さに不満が…。

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルはセンターコンソールを備えているのですが、足元部分の張り出しがちょっと大きいんですよね。

しかも、前方にいくにつれて、センターコンソールの張り出しがさらに大きくなってりため、アクセル&ブレーキペダル、フットレストがあるあたりは、かなり狭くなっているんですよね。

■センターコンソールの張り出し:横から

■センターコンソールの張り出し:真上から

なので、左足をフットレストに置くと、大きく張り出しているセンターコンソールに左足が触れるため、運転をしていて、違和感が…。

また、このクルマのセンターコンソールが大きく張り出しているおかげで、運転席の足元空間(ニークリアランス)に若干窮屈に感じます。

この新型モデルは、運転の楽しさを追求している新型スカイラインという事を考えると、この狭い足元空間にはちょっとガッカリ…。

個人的には、もう少しセンターコンソールの張り出しを抑えて、フットレストあたりにもゆとりを持たせて貰いたかったです。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)の運転席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの運転席では、スパイナルサポートを採用しているため、座り心地はとても良かったです。

ただ、運転席周りの足元空間に若干の不満が…。

個人的には、センターコンソールの張り出しを抑えて、広々として快適な運転席の足元空間(ニークリアランス)を確保してもらなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、運転席の座り心地や足元空間の広さもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする