特別感がスゴイ!新型スカイライン400Rの外装の実車画像レビュー

スカイライン史上最高の405馬力をマークをした400Rの外装・エクステリアは、赤いキャリパーを備えた専用のデザインとなっています。

そのため、この400Rは、他のグレードとは一線を画したスポーティーな佇まいに…。

また、この400Rでは、専用のエンブレムなどが装着されており、このグレードじゃないと味わえない特別感のある外装・エクステリアとなっていました。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のハイパフォーマンス仕様”400R”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、どのような専用装備を用意していたのでしょうか?

往年の”ニスモ 400R(NISMO)”を連想させる新型モデルの”400R”の外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン400Rのフロントマスクを実車画像でチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■400Rのフロントマスク

この400Rでは、他のグレードと同様に最近の日産車の特徴でもある”Vモーショングリル”を採用。大きく開いたフロントグリルも印象的で、マイナーチェンジ前のモデルよりも迫力のあるフロントマスクになっていました。

明るさを抑えたクロームメッキを採用

大口を開いたフロントグリルや日産のエンブレムなど、基本的な400Rの外装・エクステリアのデザインは、V6ツインターボエンジンを搭載したガソリン車の他のグレードと全く同じになっています。

ただ、この400RではVモーショングリルなどのメッキ加飾に、他のグレードよりも明るさを抑えたクロームメッキを採用。

■400Rに採用されているクロームメッキ

オーソドックスな明るいメッキを採用している他のグレードは、高級感がただよう大人のプレミアムセダンと言った感じだったのですが、明るさを抑えたクロームメッキを採用しているこの400Rは、スポーツセダンと呼ぶのに相応しい引き締まったシャープな見た目になっていました。

シャープな印象を与えるヘッドライト&ウィンカー

また、マイナーチェンジをした新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■400Rのヘッドライト

このLEDのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライトを点灯した時の400R

このシャープなデザインが印象的なこのLEDヘッドライトは、他のグレードと共通のデザインとなっています。

ただ、この400Rは明るさを抑えたクロームメッキが、このクルマの特徴でもあるヘッドライトのシャープさを際立たせているような感じが…。

また、今回のマイナーチェンジでフォグランプの部分のメッキ加飾がなくなったのですが、このシンプルになったフォグランプ周りのデザインも400Rのスポーティーな雰囲気とマッチしていました。

■400Rのフォグランプ

新型スカイライン400Rのサイドの外装を実車画像でチェック

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■400Rのサイドスタイル

この400Rでは、サイドウィンドウモールのメッキにも、色味を抑えたクロームメッキを採用しており、他のグレードよりも精悍なデザインになっていました。

ブラック塗装を施したサイドミラー

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の400Rの注目のアイテムの一つが、サイドミラーです。

他のグレードのサイドミラーはボディと同系色となっているのですが、この400Rでは、ブラック塗装を施したサイドミラーを標準装備。

■ブラック塗装を施した400Rのサイドミラー

サイドミラーをブラック塗装するだけでも、外装・エクステリアの印象って大きく変わるんですよね。

ブラックアウト化したサイドミラーが良いワンポイントアクセントになって、400Rらしいスポーティーで引き締まった外装・エクステリアを強調していました。

400Rは専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

また、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のスポーティー仕様”400R”では、タイヤ&ホイールも専用デザインになっています。

■400Rのタイヤ&ホイール

この400Rでは、細いスポーク&ガンメタリック塗装が印象的な19インチサイズのタイヤ&ホイールを採用。

また、細いスポークの隙間から見える赤いブレーキキャリパーも印象的で、スポーティーモデルと呼ぶのに相応しい足回りとなっていました。

新型スカイライン400Rの後ろ姿を実車画像をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売されたV37型スカイライン(SKYLINE)のスポーツ仕様”400R”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■400Rの後ろ姿

マイナーチェンジ後のモデルでは、丸目4灯式のリヤコンビネーションランプが復活しており、一目でスカイラインと分かるデザインになっていました。

リヤには400R専用エンブレムを搭載

また、今回新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのリヤのリヤの注目ポイントの一つは、エンブレムです。

この新型モデルでは、リヤの右側に専用のエンブレムを装着。

■400Rの専用エンブレム

赤くなっている400Rの”R”が日産のクルマらしくてカッコいいですよね。

この専用デザインのエンブレムは、オーナーさんに400Rを所有しているのが誇らしくなるような特別感を演出していました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売されたV37型新型スカイライン(SKYLINE)のスポーツ仕様”400R”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この400Rはツインターボエンジンの性能を極限まで高めた異次元の走りが魅力のクルマですが、専用のエンブレムや赤いブレーキキャリパーを備えるなど特別感のある外装・エクステリアに…。

また、赤いステッチを施したシートなど、高級感とスポーティーさを兼ね備えた400R専用デザインとなっている内装・インテリアも注目ポイントの一つなので、隅々までチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする