新型スカイラインの荷室のハイブリッドとガソリンの違いとは!?【実車画像で比較】

手放し運転ができるプロパイロット2.0や電動パーキングブレーキなど、日産の新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車では、外装や内装の機能や装備が大きく異なりますが、荷室・ラゲッジスペースにも違いがあります。

実際に見比べてみたところ、ハイブリッド車よりもガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手に優れているような感じが…。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの荷室は、どこに違いがあったのでしょうか?

日産のプレミアムスポーツセダン新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室の違いを、実車画像を使って比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのガソリン車とハイブリッド車の荷室をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジルームは、それぞれこのようなデザインになっています。

こちらが、3.5リットルV6エンジンを搭載したハイブリッド車の荷室・トランクルームです。

■ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース

一方、こちらが新開発となるV6ツインターボエンジンを搭載したガソリン車の荷室・ラゲッジスペースです。

■ガソリン車の荷室・ラゲッジスペース

ハイブリッド車とガソリン車の荷室を見比べただけでも、違いが一目瞭然ですよね。

ハイブリッド車では、後部座席の後方に双方用のバッテリーを積みこんでいる事もあり、荷室・ラゲッジスペースの内張り(後部座席のシートバック)が凸凹とした形状に…。

一方、ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの内張りは余計な凹凸がなく、スッキリとした形状に…。パッと見ただけでも、ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手に優れているように感じました。

新型スカイラインのガソリン車とハイブリッド車の荷室の3つの違いは?

このように見るからに違いがあった新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースですが、具体的には、どんな違いがあったのでしょうか・

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの違いを具体的に確認していく事にしましょう。

荷室サイズが異なる

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車では、荷室サイズが大きく異なります。

特に異なるのは、荷室・ラゲッジスペースの奥行きです。

この2台のモデルはパッと見ただけでも、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が一回り奥行きが広いことに気がつきます。

■ハイブリッド車の荷室

■ガソリン車の荷室

実際にこのハイブリッド車とガソリン車の荷室の奥行きを計測してみると、この2台のモデルでは、こんなに違いが…

■ハイブリッド車とガソリン車の荷室の奥行き比較

ハイブリッド車の奥行き 約720mm
ガソリン車の奥行き 約890mm

※荷室の奥行きは最大部分で計測

新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの奥行きを比べてみると、ガソリン車の方が約170mmも広い結果に…。

この差は大きいですよね。

また、今回はハイブリッド車の荷室を計測する際、トランクの右側の広い部分で計測したので、これくらいの差で済みましたが、荷室の奥行きが狭い左側で計測していたら、この差はさらに広がります。

このように荷室・トランクルームの広さが大きく異なるのは、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

荷室のアレンジ性能・使い勝手が異なる

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、アレンジ性能・使い勝手が大きく異なります。

先ほども紹介した通り、ハイブリッド車の後部座席の後方には走行用のバッテリーなどが搭載されています。

なので、ハイブリッド車の場合、後部座席を収納して荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くするなどの荷室アレンジは一切できません。

一方、ガソリン車では、後部座席の中央部分(センターアームレスト)を貫通させるトランクスルーを全グレード標準装備しています。

■トランクスルーをすることができるガソリン車の荷室

また、それだけではなく、ガソリン車では、後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができる”可倒式の後部座席”をオプションで用意しています。(400Rは、標準装備)

■後部座席を収納した時のガソリン車の荷室

なので、ハイブリッド車とは異なり、ガソリン車ではサーフボードやスキー板などの長尺物を積みこむことも可能です。

また、ガソリン車に装着することができる”可倒式の後部座席”は、6対4分割方式になっているため、荷室アレンジの幅が一気に広がります。

この違いは大きいですよね。

後部座席を倒した部分の開口部の広さが800mm弱となっており、荷室の入口付近よりもひと回り小さくなっているのは気になるところですが、長尺物でも積みこめるのは、ガソリン車の荷室の大きな魅力の一つなのかなと思いました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、このようになっていました。

実際にこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスぺースを見比べてみたところ、サイズの広さ・使い勝手どれをとっても、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が圧倒的に良いような感じが…。

一方、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、実際に使用してみると、色々と不便を感じそうです。

ゴルフに行く方など荷室・ラゲッジスペースの収納力にこだわる方は、奥行きが広く、色々なアレンジをする事ができるガソリン車の方がピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする