新型スカイライン ハイブリッドの内装インプレ【便利な機能が盛り沢山】

手放し運転ができるプロパイロット2.0が注目を集めている日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッドの内装・インテリアには、ガソリン車には用意されていない運転をラクにしてくれる機能が盛り沢山です。

そんなハイブリッド車の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、このハイブリッド車の内装には、どのようなアイテム/パーツが備わっていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の内装・インテリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン ハイブリッド車の内装

2019年4月にマイナーチェンジをして新発売をした新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の内装
グレード:ハイブリッド GTタイプSP

今回、マイナーチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイブリッド車は、ダッシュボードにシルバーのダブルステッチをあしらった高級感があるデザインに…。

また、インパネの中央にはナビやエアコン、車両設定の操作を行う事ができる2つの液晶ディスプレイを備えており、見た目の高級感だけではなく、操作性の良さを兼ね備えたデザインになっていました。

ハイブリッド車はガンメタリックのパネルを全グレード標準装備

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の特徴の一つが、ガンメタリック塗装が施されたパネルです。

ガソリン車では、最上位モデルの”GTタイプSP”や408馬力をマークした”400R”では本アルミをセンターコンソールやドア内側パネルにあしらっていましたが、このハイブリッド車では、ガンメタリック塗装が施された艶やかなパネルを全グレードに標準装備。

運転席周りにあしらわれているシルバーのダブルステッチとの相性も良く、スタイリッシュでモダンな印象の内装・インテリアを演出していました。

ちなみに、このハイブリッド車では、最廉価モデルの”GT”を除いた全グレードに木目調のパネルをメーカーオプションで用意しています。

センターコンソールやドア内側パネルを木目調のパネルに変更すると、さらに高級感や上質感がアップしたような感じが…。

落ち着いた雰囲気の内装・インテリアが好みの方は、メーカーオプションの木目調の加飾を装着を検討しても良いかもしれませんね。

ハイブリッド車にはノーマルシートを全グレードに標準装備

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、400Rに標準装備されているホールド感を高めた”スポーツシート”とオーソドックスな”ノーマルシート(標準シート)”の2種類を用意してます。

そして、ハイブリッド車では、オーソドックスなノーマルシートを全グレードに標準装備。

■ハイブリッド車の標準装備されているノーマルシート

ノーマルシートのホールド力は、サイドサポートの張り出しが大きいスポーツシートよりも劣りますが、シートサイズも大きく、また、ランバーサポートが備わっているおかげで座り心地はかなり良いです。

また、中間モデルの”GTタイプP”以上では、本革シートが標準装備されており、プレミアムセダン車と呼ぶのに相応しい高級感も備えていました。

運転をラクにしてくれる便利な機能を標準装備

また、2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車では、電動パーキングブレーキやヘッドアップディスプレイ(HUD)、車線変更まで自動で行ってくれるプロパイロット2.0など、運転をラクにしてくれる便利な機能が盛り沢山です。

■電動パーキングブレーキ

■ヘッドアップディスプレイ

■ドライバーモニター

ちなみに、これらの便利機能は、ガソリン車には用意されていません。

このような便利機能が数多く揃っているのは、ガソリン車(ターボ車)には無い、ハイブリッドの魅力&メリットの一つだと思いました。

新型スカイライン ハイブリッドの内装【各装備のデザイン&使い勝手をチェック】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の内装・インテリアは、高級感と使い勝手の良さを兼ね備えたデザインになっていましたが、ハンドルやシフトレバー、メーターなどの各アイテムもハイブリッド車らしさを感じるデザインになっていました。

この新型モデルのハイブリッド車の内装の各アイテム/パールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴があったのでしょうか?

この新型ハイブリッド車の内装に用意されている各アイテム/装備をしっかりと確認していくことにしましょう。

ハンドル/ステアリングホイール

マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のハンドル

このハイブリッド車では、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを全グレード標準装備しており、高級感のあるデザインに…。

また、ハイブリッド車では、右側のステアリングスイッチにブルーカラーのプロパイロット2.0の起動スイッチを搭載。

■プロパイロット2.0起動スイッチ

このプロパイロット起動スイッチだけがブルーになっているため、かなりインパクトがありますね。

また、新型スカイライン(SKYLINE)は車線変更の自動車側で行ってくれるのですが、車線変更をするための許可を出すためのボタンが備わっているのも、このハイブリッド車のステアリングホイールの特徴の一つなのかなと思いました。

シフトレバー

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているシフトレバーは、ステッチをあしらったブーツを備えたマニュアル風なデザインに…。

ハイブリッド車でも、シフトアップ/シフトダウンを行えるマニュアルモードを用意しており、スポーツセダン車らしく運転を楽しめるクルマに仕上がっていました。

また、ハイブリッド車の最上位モデル”GTタイプSP”では、手元でシフトアップ/シフトダウンが行えるパドルシフトが標準装備されているのも好印象でした。

メーター

新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車では、オーソドックスなアナログの2眼式メーターを標準装備しています。

■ハイブリッド車のメーター

大きいサイズのタコメーターとスピードメーターを配したオーソドックスなデザインとなっているため先進性はイマイチですが、このハイブリッド車では、ガソリン車よりも一回り大きい7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。

■7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイ自体はよく見かけるアイテムですが、7インチサイズとなると、かなりの大迫力に…。

マルチインフォメーションディスプレイのグラフィックもキレイで視認性も良いですし、個人的には、ガソリン車のメーターよりもハイブリッド車のメーターの方が好みでした。

液晶ディスプレイ

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の特徴の一つが、ダッシュボードの中央に備えた2つの液晶ディスプレイです。

■新型スカイラインの液晶ディスプレイ

下段に設置されている液晶ディスプレイは、オーディオやエアコン設定だけではなく、様々な情報を確認できるようになっているのですが、ハイブリッド車では、エンジンやバッテリーなどのエネルギーの流れを確認することができる”エネルギーモニター”なども用意。

このようにハイブリッド車専用の表示項目を用意しているのも、このクルマの特徴の一つなのかなと思いました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このハイブリッド車の内装・インテリアでは、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、ヘッドアップディスプレイなど運転をラクにしてくれる機能が盛り沢山。

この新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、基本的には同じデザインになっています、ただ、実際にこの2台のモデルを見比べてみると、ハイブリッド車の機能の充実度には少々驚かされました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする