新型スカイラインにサンルーフは購入する価値あり!?値段やサイズなどを確認

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)では、全グレードにオプションとしてサンルーフ(電動ガラスサンルーフ)を用意してます。

先日、オプション設定となっているサンルーフを装着したモデルを見る事ができたのですが、やはり内装・インテリアの解放感が増したような感じが…。

この新型モデルに用意されているサンルーフの大きさは、どれくらいだったのでしょうか?十分な解放感を味わう事ができたのでしょうか?また、サンルーフのオプション価格は、いくらだったのでしょうか?

新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているサンルーフの大きさや値段、装着したモデルの内装の様子などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのサンルーフのデザインをチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のサンルーフは、このようなデザインになっています。

こちらは、サンシェードを閉めている時の様子です。

■新型スカイラインのサンルーフ:サンシェード使用時

このサンシェードは手動で開閉することができるのですが、サンシェードを開けてみると、このような感じに…。

■新型スカイラインのサンルーフ:サンシェード開閉時

この新型モデルのサンルーフは、ちょうどフロントシートの真上に配置されており、サンシェードを開けた瞬間に車内に外の光が差し込みます。運転席まわりが一気に明るくなる感じが好印象でした。

新型スカイラインのサンルーフのサイズは思ったよりも小さい

運転席に座ると解放感を感じる事ができる新型スカイライン(SKYLINE)のサンルーフですが、ちょっと気になったのはサイズです。

このクルマに用意されているサインルーフの横幅は十分だったのですが、奥行き(長さ)が思ったよりもありません。

なので、後部座席に座ると、チラッとサンルーフの光が差し込む程度で思ったよりも開放感を感じません。

個人的には、運転席だけではなく、後部座性に座っても開放感を感じるくらいサンルーフの長さを確保しても良かったのかなと思いました。

新型スカイラインのサンルーフは、2種類の開閉方法を用意

メーカーオプションとして用意されている新型スカイライン(SKYLINE)のサンルーフは、2つの開閉方法を用意しています。

■新型スカイラインのサンルーフの2種類の開閉方法

・スライド開閉
・チルトアップ開閉

このように2つの開閉を用意しているこの新型モデルのサンルーフですが、実際に開けてみると、どのような感じになるのでしょうか?

この新型モデルに用意されているサンルーフを実際に開閉してみたいと思います。

スライド開閉した時の様子

新型スカイライン(SKYLINE)の運転席の頭上にあるルームランプ部分にサンルーフ用のスイッチを操作して、このクルマのサンルーフをスライド開閉してみると、このような感じに…。

■ルームランプ部分に用意されているサンルーフスイッチ

■スライド開閉してみた時の様子

クルマによっては、サンルーフのガラスエリアの一部のみしか開け閉めできないものもありますが、このクルマはガラスエリア全体を開け閉めすることができるため、かなりの解放感は十分。

先日、このクルマを試乗した際、サンルーフを全開にしてみたのですが、風を感じながら運転ができるため、爽快な気分で運転をすることができました。

チルトアップ開閉した時の様子

一方、新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているサンルーフをチルトアップ開閉してみると、このような感じに…。

■チルトアップ開閉した時の様子

チルトアップ開閉をすると、サンルーフの後方部分が数cm持ち上がります。

雨が車内に吹っ掛けてくることもなさそうですし、車内の空気を入れ替えて、気分をリフレッシュしたい時には、ピッタリなのかなと思いました。

新型スカイラインのサンルーフは高い!?値段を紹介

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のサンルーフは、メーカーオプション設定となっているのですが、このオプションのお値段はいくらだったのでしょうか?

このクルマに用意されているサンルーフ(電動ガラスサンルーフ)の価格を確認してみたところ、次のようになっていました。

■電動ガラスサンルーフのオプション価格…11万8800円

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型クラウンのサンルーフ(ムーンルーフ)よりも若干価格は高めですが、妥当な金額の範囲だと思います。

決して安い金額ではなりませんが、サンルーフ仕様ならではの解放感や爽快感を一度味わうと忘れられません。また、サンルーフを装着すると、車格がワンランクアップしたような感じが…。

このサンルーフは贅沢品なので、絶対に必要なアイテムという訳ではありません。

ただ、せっかく新型スカイライン(SKYLINE)を購入するのなら、プレミアムセダン車に相応しい乗り心地や爽快感を味わいたいと思っている方には、快適性を高めるサンルーフを装着する価値はあるのかなと思いました。

また、プレミアム感を高めてくれるサンルーフは、優雅な運転を楽しめるハイブリット車と相性が良いように関いました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)にオプションとして用意されているサンルーフ(電動ガラスルーフ)は、このようなデザインになっていました。

このクルマに用意されているサンルーフは思ったよりもサイズが小さいため、後部座席では解放感をあまり味わうことができません。

ただ、運転席に座ると、サンルーフ装着モデルならでは解放感や明るさを楽しむことができます。また、サンルーフを装着すると、運転をする時の気持ち良さや楽しさが全然違います。

車外の新鮮な空気を感じながら優雅に、そして、気持ち良く運転をしたいと思っている方には、高級感や特別感を演出するサンルーフはピッタリなアイテムなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする