運転はしやすい!?新型スカイラインの前方の視認性&視界の良さをチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)は、運転のしやすさを追求した”ドライバーズカー”となっているため、運転席まわりは広々としています。

また、この新型モデルの運転席はホールド感がとても良く、長時間ドライブでも快適に運転をすることができます。

ただ、この新型モデルでちょっと気になったのは、前方の視界と見晴らしです。

この新型モデルは競合車・ライバル車よりも全長が長く、また、ボンネットフードを低く抑えたスポーティーなスタイリングをしているので、あまり良くないようなイメージが…。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の運転席からの視界&視認性は、どのような感じだったのでしょうか?また、このクルマは見切りが良く、運転がしやすくなっていたのでしょうか?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの前方の視界&視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの前方の視界&視認性をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のフロントガラスは、このようなサイズ感になっています。

■新型スカイラインのフロントガラス

車幅が広い事もあり、かなりワイド感のあるフロントガラスに…。

また、この新型モデルはプレミアムスポーツセダン車と言う事でフロントガラスの傾斜がきつめに…。

ただ、フロントガラスを支えているAピラーが視界に入らない位置に配置されているため、圧迫感や不快感は一切感じることはなく、予想以上の居心地の良さでした。

運転席からの見晴らしは予想以上に良好

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)の運転席は、スポーツモデルらしい低く沈み込む着座姿勢ではなく、上半身が起きた”アップライト”な着座姿勢となっています。

なので、思ったよりも運転席からの見晴らし&見切りが良いです。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の運転席からの前方の見晴らし&見切りは、このような感じに…。

■新型スカイラインの運転席からの前方の視界&見切り

今回新発売された新型モデルはフロントオーバーハング(ボンネット)が長いため、クルマの最先端まで目視することはできません。

ただ、普通のドライビングポジションでフロントオーバーハング(ボンネット)の3分の2くらいまで確認することができるので、運転をしていて見切りが悪いなと感じるシーンはありませんでした。

前方の視界をサポートする機能も標準装備

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)ではインパネ中央上部に備わった液晶ディスプレイにクルマの前方の様子を大きく映し出す事も可能です。

センターコンソールに備わっている”カメラ映像切り替えスイッチ”を操作して、液晶ディスプレイにクルマの前方の映像を映し出してみると、このような感じに…。

■センターコンソールのカメラ映像切り替えスイッチ

■クルマの前方をディスプレイに映し出した時の様子

ディスプレイに映し出されたカメラ映像は視野角が広く、目視では確認できない部分もしっかりとカバー。

このカメラの解像度は少々気になるものの、細い路地を運転する時や見通しの悪い細い交差点を曲がる時には、この前方のカメラ映像は重宝するのかなと思いました。

新型スカイラインの斜め前方の視界&視認性をチェック

今回マイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)は、このように前方の視界&見切りはとても良かったのですが、ちょっと気になったのは、斜め前方の視界性です。

この新型モデルのフロントガラスを支えるAピラーは、ご覧の通り、ちょっと太めのデザインに…。

■新型スカイラインのAピラー

また、この新型モデルのサイドミラーも最近増えてきたドアパネルから生えているデザインではなく、三角窓の付け根に備わっています。

■新型スカイラインのサイドミラー

なので、この新型モデルでは、Aピラーの付け根のエリアがパネルで埋まっており、斜め前方の視界は競合車・ライバル車よりも多いような感じが…。

ちなみに、こちらは今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の左斜め前にスタッフの方に立っていただいたのですが、場所によっては、このように歩行者がAピラーの陰にスッポリと隠れてしまいます。

■斜め前方に歩行者がいる状態での左前方の視界性

横断歩道などで、このようにAピーラーの陰に歩行者や自転車が完全に隠れてしまうのは、ちょっと怖いですよね。

個人的には、サイドミラーの位置を工夫するなど、もう少し斜め前方の死角を減らすよな工夫をして貰いたかったです。

まとめ:斜め前方の死角の多さには注意

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売をした日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の前方の視界は、このようになっていました。

このクルマはフロントガラスも大きく、また、見晴らしも広いため、真正面の見晴らし&視界はとても良かったです。

ただ、このクルマを試乗していて気になったのは、斜め前方の視界です。

このクルマはAピーラーが太く、また、サイドミラーがAピラーの付け根から生えているため、斜め前方の視界はイマイチです。なので、歩行者がいる横断歩道を右左折をする際は、いつも以上に注意が必要です。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、このクルマの欠点・デメリットでもある斜め前方の視界&視認性をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする