新型スカイラインの後部座席はリクライニングできる?【座り心地インプレ】

新型スカイライン(SKYLINE)をファミリカーとして購入を検討している人や、このクルマに乗って友達みんなでゴルフに行きたいと思っている方にとって気になるのは、後部座席の広さや居心地の良さですよね。

狭い後部座席にず~~っと座っていると疲れてしまいますが、この新型モデルでは、快適性を高めてくれる後部座席のリクライニング機能は、用意されているのでしょうか?また、このクルマの後部座席の座り心地は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型スカイライン(SKYLINE)を試乗した際、後部座席のリクライニング性能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの後部座席はリクライニングする事ができる?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型スカイラインの後部座席

この新型モデルは、運転席の広さや運転のしやすさを優先したスポーツセダン車という事もあり、競合車・ライバル車と比較すると、後部座席の足元空間は少し狭めに…。

また、このクルマの後部座席には、エアコン/ヒーターの送風口やセンターアームレストは備わっているものの、後部座席に乗車する人のためのUSBソケットなどの用意は無し。

トヨタのプレミアムセダン車新型クラウン(CROWN)などを比較しても、このクルマの後部座席は、シンプルな作りになっていました。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席には、背もたれの角度を調整する事ができるリクライニング機能が備わっているか確認してみたのですが、ハイブリッド車/ガソリン車どちらもリクライニング機能の用意はありませんでした。

なので、この新型モデルの後部座席の背もたれは、この角度から変更することはできません。

う~~ん…
ちょっとコレには、ガッカリ…。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、スポーツセダン車という事もあり、後部座席周りの頭上空間(ヘッドクリアランス)は、それほど広くありません。

身長約175㎝の私が座ると、頭のてっぺんから天井まで手の平が一枚分くらいの余裕しかなく、圧迫感を感じます。

そんな時、背もたれをリクライニングすることができると、頭上空間(ヘッドクリアランス)が広くなるため、快適性がアップするんですよね。

後部座席の背もたれを調節することがリクライニング機能は、この新型スカイライン(SKYLINE)のような頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりのないクルマにこそ装着して欲しい機能だと思いました。

新型スカイラインの後部座席の座り心地は、どうだった?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席には、リクライニング機能が用意されていませんでしたが、座り心地は、どうだったのでしょうか?

このクルマを試乗した際に後部座席にも座らせて貰ったのですが、このクルマの後部座席の座り心地は、思ったよりも良いように感じました。

今回私が試乗をしたのは、ハイブリッド車の最上位モデル”GTタイプSP”だったのですが、このグレードに用意されている本革仕様の後部座席は、思ったよりも柔らかい座り心地に…。

座面に腰を掛けると、じんわりと沈み込み、お尻全体を柔らかく包み込んでくれました。

背もたれの角度はちょっと気になる…

ただ、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席に座ってみて気になったのは、背もたれの角度です。

この新型モデルの後部座席は、フロントシートと同様に背もたれの上半分を”く”の字のように前方に傾斜させたスパイナルサポートを採用しています。

■新型スカイラインに採用しているスパイナルサポート

なので、このクルマの背もたれは背中全体をカバーしてくれているようなフィット感があります。また、このクルマの背もたれはサイドサポートもしっかりとしており、ホールド感も十分です。

ただ、この新型モデルの後部座席の背もたれは、思ったよりも立っている感じが…。

このクルマの背もたれは垂直よりも若干寝かせている(おそらく95~100度くらいの角度)ため、座り心地が悪いという訳ではありません。

ただ、このクルマの後部座席に座っていると、正しい姿勢を無理強い(むりじい)されているような感じが…。なので、思ったよりもリラックスできません。

また、このクルマの後部座席に長時間座っていると、腰の位置や姿勢を変えたくなってきます。

このクルマの後部座席の背もたれがの角度が、一番疲れにくい理想的な角度なのかもしれません。ただ、個人的には、もう少しリラックスできる座り心地にしても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型スカイラインの後部座席の座り心地は要チェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)の後部座席には、残念ながら、背もたれの角度を調整できるリクライニング機能は用意されていませんでした。

また、適度に沈み込む柔らかなクッションやフィット感はとても良かったのですが、背もたれも思ったよりも立っているため、若干窮屈な感じが…。

足元空間(ニークリアランス)もそれほど広くないですし、後部座席の居住性や居心地の良さを求めるのなら、このクルマよりも他のクルマの方が相応しいのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする