やっぱり高い!?新型スカイライン ハイブリッドの見積もりを大公開

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)の注目のモデルと言えば、最先端の自動運転技術”プロパイロット2.0″を搭載したハイブリッド車です。

ただ、このハイブリッド車は機能や装備が充実しているため、ガソリン車よりも価格設定は高めに…。

私も先日、この新型モデルのハイブリッド車の見積もりを貰ってきたのですが、予想以上に高くて驚いてしまいました。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の見積もり金額・乗り出し価格は、どれくらいだったのでしょうか?また、同じ条件で見積もりを貰ったガソリン車との乗り出し価格の差は、どれくらいあったのでしょうか?

いつもお世話になっているディーラーさんで、プロパイロット2.0を搭載したハイブリッド車の見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン ハイブリッドの見積もりを公開

こちらが、今回私が貰ってきた新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の見積もりです。

■ハイブリッド車の見積もり

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルのハイブリッド車は3つのグレードを用意していますが、今回私は最上位モデルに位置をする”GTタイプSP”の見積もりを貰ってきました。

また、ボディカラーは、艶やかな光沢感が印象的なカーマインレッド(有料色)を注文。

このような条件で貰った時のハイブリッド車の見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

■ハイブリッド車の乗り出し価格
グレード:ハイブリッドGTタイプSP

車体本体価格(メーカーオプション代込み) 6,647,300円
ディーラーオプション代 397,111円
税金&諸経費 356,140円
GTタイプSP 見積もり金額合計 7,400,551円

私が貰ったハイブリッド車の見積もりの乗り出し価格は約740万円となっており、予想以上のお値段になってしまいました。

見積もりを作って貰う際に注文をしたオプションは?

今回、見積もりを作ってもらうにあたり、人気オプションなどを確認させて貰ったのですが、ディーラーさんから

「優雅な走りを楽しめるハイブリッド車には、快適性を高めるサンルーフとオーディオ環境を整えるBOSEサウンドシステムは、絶対におすすめ!」

と言うアドバイスをいただいたので、メーカーオプション設定になっているこれらのアイテムを加えて貰いました。

■今回の見積もりでお願いをしたメーカーオプション

カーマインレッド特別塗装料 143,000円
サンルーフ(電動ガラスサンルーフ) 121,000円
BOSE サウンドシステム 223,300円
メーカーオプション代合計 487,300円

また、後付けできるディーラーオプションでは、フロアマットやサンバイザーなどの基本的なアイテムだけではなく、防犯性を高めるセットオプション”セキュリティ&セーフティパックプレミアム”なども装着してもらいました。

■今回の見積もりでお願いをしたディーラーオプション

ドライブレコーダー”DJ4-S” 38,897円
セキュリティ&セーフティパックプレミアム 75,844円
ウィンドウ撥水 10,285円
プレスチックバイザー 25,520円
フロアカーペット(プレミアムタイプ) 57,200円
日産コネクト2 4,200円
CPCプレミアムコーティング ダブルG 154,000円
ナンバープレートロック 5,280円
ETC2.0セットアップ料金 5,885円
ディーラーオプション代合計 379,511円

これらのオプションを備えたハイブリッド車は、「これだけの機能や装備を備えていれば、誰が乗っても大満足できるはずです。」と、ディーラーさんが太鼓判を押すくらい豪華な仕様になっています。

ただ、新型スカイライン(SKYLINE)という事を考えると、オプションや諸経費を含めて740万円というハイブリッド車の乗り出し価格は、ちょっと高すぎるなと感じてしまいました。

新型スカイライン ハイブリッドの乗り出し価格は本当に高い!?ガソリン車と比較

このような見積もり金額になっていた新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車ですが、ガソリン車との価格差は、本当に大きいのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格には、どれくらいの差があるのでしょうか?

この2台のモデルの乗り出し価格の差が気になったので、オプションやボディカラーなどの条件をできるだけ同じにしたガソリン車(ターボ車)の見積もりも貰ってきました。

ガソリン車の”GTタイプSP”の見積もり金額と比較

こちらは、私が貰ってきたハイブリッド車の見積もりと同等となるガソリン車の最上位モデル”GTタイプSP”の見積もりと乗り出し価格です。

■ガソリン車のGTタイプSPの乗り出し価格

車体本体価格(メーカーオプション代込み) 5,775,011円
ディーラーオプション代 379,511円
税金&諸経費 413,540円
GTタイプSP 見積もり金額合計 6,188,551円

一般的なハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差は、20万円~30万円くらいなんですよね。

しかし、今回新発売された新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の同等グレードを比較してみたところ、なんと約121万円の差が…。

ハイブリッド車には、プロパイロット2.0だけではなく、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドやヘッドアップディスプレイなど、様々な便利機能が備わっているとはいえ、予想以上の価格差があるように感じました。

405馬力を誇る400Rの見積もり金額と比較

ちなみに、外装や内装に様々な専用のアイテムを備え、スカイライン史上最高となる405馬力をマークしたガソリン車の特別仕様”400R”と比較してみると、どちらの方が乗り出し価格が高くなっていたのでしょうか?

こちらが、ガソリン車の特別仕様”400R”の見積もりと乗り出し価格です。

■ガソリン車の400Rの乗り出し価格

車体本体価格(メーカーオプション代込み) 6,112,700円
ディーラーオプション代 379,511円
税金&諸経費 425,340円
ガソリン車”400R”の見積もり金額合計 6,917,551円

ガソリン車に備わっているV6ツインターボエンジンの性能を最大限まで引き出し、刺激的な走りを楽しめる”400R”よりも、ハイブリッド車の方が40万円以上も高くなっています。

特別なアイテムを多数用意している400Rの見積もりと見比べてみて、改めてハイブリッド車の乗り出し価格の高さを実感したような感じがしました。

まとめ:ハイブリッド車のコスパはイマイチ!?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”のハイブリッド車の見積もりの金額は、このようになっていました。

プロパイロット2.0など魅力的な機能やアイテムを備えているハイブリッド車ですが、ターボ車(ガソリン車)と比較すると、乗り出し価格の高さが際立っている感じが…。

ハイブリッド車とガソリン車では機能や装備だけではなく、走りの質や乗り心地も大きく異なります。ただ、コストパフォーマンスだけを見ると、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が圧倒的に優れているのかなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする