新型ヴェゼルの後部座席は広い?【足元&頭上空間の広さを測ってみた】

2021年4月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つは、広くて快適な後部座席まわりです。

ただ、フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの後部座席の居住性は、先代モデルよりも少し狭くなったような感じがしました。

まぁ、それでも十分な広さを確保していたのですが…。

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)&頭上空間(ヘッドクリアランス)を確保していたのでしょうか?また、実際に座ってみると、どのくらいのゆとりがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席まわりの広さ&ゆとりを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

足元空間のゆとりは?【新型ヴェゼルの後部座席の広さをチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■ヴェゼルの後部座席
グレード:Zグレード

後部座席の足元空間の調整幅をチェック

先代モデルと比べると、カジュアルな雰囲気がただようこの新型モデルの後部座席ですが、足元空間(ニークリアランス)の足元空間は、どのくらい調整できるか確認してみたところ、このようになっていました。

こちらは、運転席を一番前にスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■運転席を一番前にした時の足元空間の広さ

運転席を一番前にスライドすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり広くなりますね。

これなら足を組んで座ることもできそうです。

一方、こちらは、運転席を一番後ろにスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)です。

■運転席を一番後ろにした時の足元空間の広さ

運転席を一番後ろにしても、思ったよりも足元空間(ニークリアランス)は広いですね。

小さいお子さんくらいなら、この状態でも十分に座れそうです。

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席を私が一番運転しやすい位置に調整(真ん中よりもやや後方)にした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになります。

■運転席を真ん中よりやや後方にした時の足元空間

運転席を真ん中よりもやや後方に設置した時でも十分な足元空間(ニークリアランス)の広さですよね。

これなら大人でも快適に過ごせそうです。

このように運転席を後方に調整した状態でも十分な広さを確保しているのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

後部座席の足元空間の広さを計測

このように十分な足元空間(ニークリアランス)を確保しているホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、具体的には、どれくらいの広さとなっていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの後部座席の足元空間の広さ

最大&最小の広さ:約26cm ~ 約49cm
ドライビングポジション時:約33cm

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席をドライビングポジションに合わせた時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、約33cmとなっておりました。

競合車・ライバル車の一つでもある新型ヤリスクロス(YARISCROSS)の後部座席の足元空間の広さは約26cmと言うことを考えると、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)がいかに広いかというのが分かりますよね。

■新型ヤリスクロスの後部座席の足元空間の広さ

競合車・ライバル車よりも圧倒的に広い後部座席の足元空間の広さは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

後部座席に座った時の足元空間のゆとりはどれくらい?

このように広々としている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席ですが、実際に座ってみると、膝先からフロントシートのシートバックまでどれくいらのゆとりがあるのでしょうか?

こちらが、実際に私がこの新型モデルの後部座席に座ってみた時の様子です。

■後部座席に座ってみた時の様子

私は身長約175cmあるのですが、足回りにかなりゆとりがありますよね。

普通に座った状態で足回りのゆとりを確認してみたのですが、膝先からシートバックまで拳を縦にして約3個ぶんくらいのゆとりがあり、コンパクトサイズのSUVとは思えない広々とした足元空間(ニークリアランス)となっていました。

頭上空間のゆとりは?【新型ヴェゼルの後部座席の広さをチェック】

先代モデル同様、広々とした足元空間(ニークリアランス)を確保していたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、試乗をして少し気になったのは、後部座席の頭上空間(ニークリアランス)の広さです。

先代モデルは後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)も広く、天井の低さを感じることはありませんでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、天井に頭が触れることはないものの、少し圧迫感を感じる座り心地になっていました。

後部座席に座った時の足元空間のゆとりはどれくらい?

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)は、どれくらいのゆとりがあったのでしょうか?

身長約175cmある私が背もたれに背中をくっつけた状態で頭のてっぺんから天井までの高さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ヴェゼルの後部座席の頭上空間の広さ…約6cm

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席の頭上空間(ニークリアランス)の広さを確認したところ、だいたい手の平2枚ぶんくらいの広さとなっており、天井の存在が少し気になる座り心地になっていました。

先代モデルよりも頭上空間が狭く感じた理由は?

では、なぜ今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)は、先代モデルよりも狭いと感じたのでしょうか?

その一つは、車高&室内高の高さです。

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルよりもクーペスタイルを強調したことにより、全高が先代モデルよりも少し低くなったんですよね。

また、それに伴い、室内高さも、先代モデルよりもひと回り低くなっていました。

■新型ヴェゼルと先代モデルの車高&室内高

このように見比べると、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの車高&室内高の違いは意外と大きいですよね。

また、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、クーペスタイルを強調しているためか、後方に行くにつれて天井のラインが下がっています。

ここらへんも、後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)が狭いと感じた理由なのかなと思いました。

まとめ:十分すぎるほどの広さを確保している新型ヴェゼルの後部座席

2021年4月にデビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席まわりの広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの後部座席の広さのまとめ

・コンパクトSUVとしては十分な広さを確保
・足元空間の広さは十分
・先代モデルよりも頭上空間は狭い

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は十分に広いものの、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、少し狭くなりました。

なので、先代モデルと比較すると、若干の圧迫感を感じます。

ただ、競合車・ライバル車と比較すると、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席は十分に広く、ゆったりと過ごせるクルマになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02