新型ヴェゼルのエアコン【新機能そよ風アウトレットの実力は?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目の装備&アイテムの一つが、エアコンです。

新機能”そよ風アウトレット”が備わったおかげで、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも快適性が高まったような感じが…。

また、先代モデルよりもエアコンパネルの操作性が良くなったのも好印象でした。

そんな新型モデルのエアコンの使い勝手&快適性は、どうだったのでしょうか?また、注目の新機能”そよ風アウトレット”の実力は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているエアコンのデザインや使い勝手、快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのエアコンのデザインや性能をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのエアコン
グレード:Zグレード

新型ヴェゼルはダイヤル式のフルオートエアコンを標準装備

先代モデルのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、タッチパネル式のエアコンパネルを採用していたんですよね。

■先代モデルのエアコンパネル

このタッチパネル式のエアコンは、見た目のデザイン性は良かったのですが、運転中の操作がしにくいのが難点でした。

また、先代モデルのエアコンパネルは、ピアノブラック調の加飾をほどこしていたため、指紋やホコリが目立つのも気になるところでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ダイヤル式のエアコンパネルに変更。

■新型ヴェゼルのエアコンパネル

そのおかげもあり、先代モデルよりも運転中のエアコンの操作がしやすくなっていました。

また、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンパネルのダイヤルは、イルミネーションライトが搭載されており、温度を高くすると赤く、逆に温度を低くすると青く光るのも印象的でした。

グレードのよってエアコンの機能&性能が異なる

このように使い勝手に優れるダイヤル式のエアコンに進化を遂げた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、グレードによって、機能&快適性に少し違いがありました。

この新型モデルのハイブリッド車の”PLaY(プレイ)”や”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”では、運転席と助手席で温度を別々に調整することができない一般的なフルオートエアコンとなっていました。

■左右独立式の温度調節機能がないGグレードのエアコン

ただ、充実した機能や装備が魅力の”Zグレード”のみ、運転席と助手席で別々に温度調節をすることができる機能を搭載したフルオートエアコンを標準装備。

■左右独立式の温度調節機能を備えたZグレードのエアコン

ディーラーさんの話によると、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、Zグレードが圧倒的に人気が高いようなのですが、このように他のグレードには用意されていない機能が備わっているのが人気の秘訣なのかもしれませんね。

新機能”そよ風アウトレット”を全グレードに標準装備

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンの注目ポイントの一つは、競合車・ライバル車にはない新機能のそよ風アウトレットです。

この新型モデルに用意されている”そよ風アウトレット”とは、通常の送付口ではなく、ダッシュボードの左右に備わっている逆L字型の送風口からエアコンの風を送りだす機能です。

■新型ヴェゼルのそよ風アウトレット

私の妻もそうなのですが、エアコンの冷たい風が直接、顔や体にあたるのが苦手な方っていますよね。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されている”そよ風アウトレット”は、サイドウィンドウに沿って、エアコンの風を送ってくれます。

なので、エアコンの冷たい風が苦手な方でも安心して使えます。

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている”そよ風アウトレット”は、サイドウィンドウに沿って風を送り出すため、サイドウィンドウから入る太陽光が車内の温度を上げ入る”輻射熱(ふくしゃねつ)を抑える効果もあるとのこと。

このようにエアコンが苦手な方でもストレスなく快適に過ごせるようになっているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

後部座席まわりにも送風口を用意

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、センターコンソールの後方に後部座席用のエアコンの送風口が用意されています。

■新型ヴェゼルの後部座席用の送風口

ちょっとコレは嬉しいですよね。

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)など、後部座席用のエアコンの送風口の用意が
ないクルマもあるので…。

後部座席でも快適に過ごせるようになっているのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ヴェゼルのエアコンの快適性【後部座席でも快適に過ごせる?】

このように競合車・ライバル車にはない様々な魅力を備えている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンですが、快適性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実際にこの新型モデルのエアコンを使った感想を、包み隠さずお話したいと思います。

新型ヴェゼルのエアコンは予想以上にパワフル

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンを使用して驚いたことの一つが、風量の強さです。

この新型モデルは、先代モデルよりもエアコンの送風口が小さくなったため、先代モデルのようなパワフルな風を直接感じることができないのかも?と思っていたのですが、この心配は全くの杞憂でした。

■先代ベゼルの送風口

この新型モデルでは7段階から風量を調節することができるのですが、風量を一番強くすると、後部座席に座っていても、ダッシュボードの送風口から送られてくる風を感じることができます。

また、この新型モデルのハイブリッド車のエアコンには、電動コンプレッサーが採用しており、エンジンが停止している時でもしっかりと冷たい風を送り続けてくれるのも好印象でした。

思ったよりも風量が弱い”そよ風アウトレット”

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンで印象的だったのは、ダッシュボードの左右に備わっている逆L字型の送風口から優しい風を送りだす”そよ風アウトレット”です。

この新型モデルでは、送風口にあるダイアルを上に回すと”そよ風アウトレットモード”になるのですが、「本当にエアコンが付いているの?」と思ってしまうくらいエアコンの風が気になりません。

なので、エアコンの風が直接当たるのが苦手な方には、本当に良いかもしれません。

ただ、「そよ風アウトレット」から送り出される風は、その名の通り「そよ風」くらい風が柔らかく、弱いため、車内の温度を一気に下げたい時には不向きな感じが…。

真夏の暑い日は、通常のエアコンモードの強風で一気に車内の温度を下げてから、「よそ風アウトレット」を使用するのが良いのかなと思いました。

ナノイー(nanoe)の用意はなし

ナノイーX説明ビデオ【パナソニック公式】

このように機能や装備が充実している新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンですが、花粉やカビ、雑菌などの抑制、肌や髪に高い効果を発揮すると言われているパナソニックの”ナノイー(nanoe)”の搭載は、残念ながらありません。

車内の空気をキレイにしてくれるナノイー(nanoe)は、今回デビューを果たした新型モデルの新機能”そよ風アウトレット”と相性が良いと思うのですが…。

空気中のダストや菌、ウイルスなどを除去して、車内の空気をキレイにしてくれる”ナノイー(nanoe)”の用意がなかったのは、この新型モデルのエアコンの残念なところの一つでした。

まとめ:競合車・ライバル車よりも快適な新型ヴェゼルのエアコン

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンは、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのエアコンのまとめ

・ダイヤル式のフルオートエアコンを全グレード標準装備
・左右独立式の温度調整機能はZグレードのみ
・そよ風アウトレットを全グレードに標準装備
・後部座席にも送風口を用意
・ナノイー(nanoe)の用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルは、肌にエアコンの冷たい風を直接あてない”そよ風アウトレット”など、競合車・ライバル車にはない機能を搭載。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりも車内空間は広くなっていますが、このクルマに用意されているエアコンは十分パワフルですし、真夏の暑い日でも快適に過ごせるクルマに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02