新型ヴェゼルのPLaY(プレイ)の内装の実車画像インプレ【開放感とオシャレ感が凄い】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、オレンジのアクセントカラーをあしらった専用デザインの内装・インテリアになっています。

そのため、この新型モデルの”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアは、他のグレードとはひと味異なる雰囲気がただよっています。

そんな新型モデルの”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴があるのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアの魅力や特徴、装備を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの”PLaY(プレイ)”の内装の特徴は?

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”プレイ(PLaY)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのPLaY(プレイ)の内装

最上位モデルのPLaY(プレイ)はグレージュの内装色を採用

“Zグレード”や”Xグレード”などこの新型モデルのPLaY(プレイ)以外のグレードでは、オーソドックスなブラックを基調にした内装・インテリアとなっていました。

■Zグレードの内装・インテリア

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”では、ダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルに車内を明るくしてくれるグレージュカラーのパネルを採用。

■PLaY(プレイ)のダッシュボード

■PLaY(プレイ)のセンターコンソール

■PLaY(プレイ)のドア内側パネル

そのおかげもあり、PLaY(プレイ)は、ブラックを基調にしている”Zグレード”や”Xグレード”よりも明るく、オシャレ感がただよう車内空間になっていました。

アクセントカラーにオレンジを採用

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”では、ハンドルやシフトレバーまわりにオレンジのアクセントカラーを採用して、遊び心を演出。

乗り込んだ瞬間?ワクワクした気持ちになるのも、他のグレードにはないPLaY(プレイ)の特徴の一つなのかなと思いました。

また、今回デビューを果たした新型モデルのPLaY(プレイ)は、アクセントカラーに採用されているオレンジのバランスがよく、ヴェゼルらしい上品さやスタイリッシュさを損なっていないのも好印象でした。

PLaY(プレイ)はブラックルーフ&ピラーを採用

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”と他のグレードの内装・インテリアの大きな違いの一つが、ルーフ&ピラーのカラーです。

ZグレードやXグレードなど、PLaY以外のグレードでは、オーソドックスなライトグレーのルーフ&ピラーとなっていました。

■ライトグレーのルーフ&ピラーのZグレード

一方、この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”では、ブラックカラーをしたルーフ&ピラーを採用。

■ブラックのルーフ&ピラーのPLaY(プレイ)

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”では、ダッシュボードやドア内側パネルに明るいグレージュ色のソフトパッドを採用しているのですが、ブラックルーフ&ピラーのおかげで、甘すぎない、メリハリの効いた内装・インテリアになっているように感じました。

開放感が抜群のパノラマルーフを標準装備

また、ルーフのデザインも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の注目ポイントの一つです。

この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”では、圧倒的な開放感を演出するガラス張りの天井”パノラマルーフ”を採用。

■新型ヴェゼルのパノラマルーフ

このパノラマルーフのおかげで、最上位モデルの”PLaY(プレイ)”の車内空間は、他のグレードよりも車内空間がひと回り広く感じます。

また、この新型モデルに用意されているパノラマルーフは、2枚のガラスあわせて前後長が1メートル弱となっているため、後部座席からの見晴らし&視界性が非常に良いです。

ちなみに、パノラマルーフが用意されているのは、このグレードのみです。

パノラマルーフは、メーカーオプションなどでも用意がないため、Zグレードなどの他のグレードでは装着することができません。

オシャレ感がただようドア内側パネル

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”で印象的だったのは、ドア内側パネルです。

■PLaY(プレイ)のドア内側パネル:フロントシート

■PLaY(プレイ)のドア内側パネル:後部座席

この新型モデルのPLaY(プレイ)のドア内側パネルは、トリム部分とアームレスト部分にグレージュを採用。

メッキ調のドア内側パネルやドアトリムの下の部を流れるライン状のメッキ加飾との相性も良く、ワンランク上の高級感&上質感を演出していました。

他のクルマでは味わえない圧倒的な開放感と見晴らしの良さは、他のグレードでは味わえない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”ならではの特権なのかなと思いました。

新型ヴェゼルのPLaY(プレイ)の内装の装備&アイテムをチェック

このように他のグレードとはひと味異なる内装・インテリアになっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデルの”PLaY(プレイ)”ですが、機能&装備も他のグレードと違いありました。

この新型モデルの最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、どのような装備&アイテムを備えていたのか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

スタイリッシュなメーター

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のメーターは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)のメーター

最上位モデルのPLaY(プレイ)では、他のグレードと同様、右側に自発光式のスピードメーター、右側には、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを配した2眼式のアナログメーターとなっていました。

専用デザインのハンドル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)のハンドル

今回デビューを果たした新型モデルの最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、Zグレードと同様に本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

ただ、PLaY(プレイ)ハンドルには、オレンジのステッチがあしらわれており、他のグレードとは一線を画した遊び心のあるデザインになっていました。

オレンジの台座が眩しいPLaY(プレイ)のシフトレバー

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)のシフトレバー

ストレートゲート方式のシフトレバーを採用しているのは、他のグレードと全く同じです。

ただ、PLaY(プレイ)のシフトレバーでは、他のグレードと一線を画したオレンジの台座を採用。

そのおかげもあり、この新型モデルのPLaY(プレイ)のシフトレバーは、他のグレードのものよりも華やかな印象がありました。

また、PLaY(プレイ)のシフトレバーには、メタリック感のあるオレンジが採用されており、華やかさだけではなく、高級感&上質感を兼ね備えているのも好印象でした。

Zグレードよりも機能性で劣るエアコン

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のエアコンは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)のエアコン

PLaY(プレイ)は、他のグレードと同様にダイヤル式のフルオートエアコンを標準装備。

ただ、この新型モデルのPLaY(プレイ)では、Zグレードに備わっていた運転席と助手席で別々に温度設定をすることができる“左右独立温度コントロール機能”の用意はないので、ご注意くださいね。

9インチワイドの純正ナビを標準装備

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目の装備&アイテムの一つは、インパネ・ダッシュボードの中央上部に備わっているナビです。

■PLaY(プレイ)のナビ

他のグレードでは、ナビは、オプションとして用意されているのですが、この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”では、9インチワイドサイズのメーカーオプションナビが最初から付いてきます。

最新の純正ナビが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は車体本体価格が高いですが、最新のナビなどが標準装備されていることを考えると、このくらいの乗り出し価格になってしまうのは、仕方がないことなのかもしれませんね。

ちなみに、この新型モデルの最上位モデル”PLaY(プレイ)”と、オプションで純正ナビを装着した時の”Zグレード”の見積もりを見比べてみたところ、思ったよりも乗り出し価格に差はありませんでした。

USBポートは4つ用意

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、フロントシートまわりに2つ、後部座席まわりに2つ、合計4つのUSBポートを用意しています。

■運転席まわりのUSBポート

■後部座席まわりのUSBポート

どの席に座っても、USBポートが近くにあるのは、嬉しいですよね。

また、PLaY(プレイ)の後部座席まわりにはスマホ/iPhoneなどを収納するのに便利なポケットも用意されていおり、充電中のスマホの置き場に困らないようになっているのも好印象でした。

シートヒーター&ステアリングヒーターも標準装備

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、3段階から調整することができるシートヒーター(運転席/助手席)とステアリングヒーターも標準装備しています。

■PLaY(プレイ)のシートヒータースイッチ

■PLaY(プレイ)のステアリングヒータースイッチ

このように快適装備が充実しているのも、最上位モデル”PLaY(プレイ)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

専用デザインのセンターアームレスト

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”では、グレージュカラーをした専用デザインのセンターアームレストを運転席と助手席の間に用意。

■PLaY(プレイ)のセンターアームレスト

グレージュカラーをしたセンターアームレストが、センターコンソールの中で良いワンポイントアクセントになっているような感じが…。

また、この新型モデルのセンターアームレストでは、表皮にソフトパッドを採用しており、もっちりとした肌触りになっているのも好印象でした。

新型ヴェゼルのシートのデザイン&素材をチェック

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、専用デザインのシートを採用しています。

そんな新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”のシートの特徴や魅力を、紹介したいと思います。

PLaY(プレイ)は専用デザインのコンビシートを採用

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、このようなデザインのシートを採用しています。

■PLaY(プレイ)のシート

この新型モデルでは、メイン部分にグレーのファブリック、そして、シートサイドにグレージュカラーのプライムスムースをあしらったコンビシートを標準装備。

■シートのメイン部分

シートサイドには、PLaY(プレイ)のアクセントカラーでもあるオレンジのステッチをあしらって、遊び心を演出。

■シートサイド

また、フロントシートの背もたれと座面の中央部には、シルバー色をしたリボンテープでオシャレ感を演出。

この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”は、ブラックを基調にした他のグレードとは一線を画したモダンカジュアルなシートになっていました。

他のグレードよりもひと回り広く感じる後部座席まわり

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の後部座席は、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)の後部座席

PLaY(プレイ)の後部座席は、ヘッドレストやシートの中央部分に明るいグレージュを採用。

また、フロントシートの裏側も全面グレージュカラーとなっています。

そのおかげもあり、この新型モデルの最上位モデル”PLaY(プレイ)”の後部座席まわりは、他のグレードよりも明るく、ひと回り広く感じました。

後部座席まわりは機能や装備も充実

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、機能や装備も充実しています。

その一つが、センターアームレストです。

この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”では、後部座席の中央にグレージュカラーのセンターアームレストを用意しています。

■PLaY(プレイ)のセンターアームレスト

また、助手席側だけではなく、運転席側にもシートバックポケットが用意されており、廉価モデルのXグレードやガソリン車のGグレードよりも快適に過ごせるようになっていたのも好印象でした。

■PLaY(プレイ)のシートバックポケット

まとめ:開放感&明るさが魅力の新型ヴェゼルのPLaY(プレイ)の内装

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■PLaY(プレイ)の内装のまとめ

・ブラック×グレージュの内装を採用
・オレンジをあしらって遊び心を演出
・天井一面ガラス張りで開放感が抜群
・ナビが標準仕様になるなど機能&装備が充実

この新型モデルの最上位に位置をする”PLaY(プレイ)”では、オシャレ感を演出するグレージュを内装色に採用。ブラックを基調にした他のグレードとはひと味違うモダンカジュアルな車内空間になっていました。

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”では、ガラス張りの天井”パノラマルーフ”を採用しており、開放感のある車内空間になっているのも印象的でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02