シンプルだけど使いやすい!新型ヴェゼルの荷室の装備&アレンジを徹底チェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、広さよりも使う人のことを考えた実用的な荷室・ラゲッジスペースを目指したようです。

そのおかげもあり、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは機能&装備が充実していて、競合車・ライバル車にはない使い勝手の良さがありました。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、荷室・ラゲッジスペースまわりには、どのような装備&アイテムを用意していたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースのデザインや装備、アレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

装備は充実!新型ヴェゼルの荷室まわりの装備&アイテムをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの荷室

この新型モデルの後部座席を使用した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CORSS)や日産のキックス(KICKS)よりもひとまわり狭くなっています。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ホイールハウスなどの張り出しが少ないため、使い勝手は非常に良いです。

また、荷室・ラゲッジスペースまわりの機能や装備が充実しているのも好印象でした。

ラゲッジランプはLED仕様

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースまわりで印象的だったアイテムの一つが、ラゲッジランプです。

競合車・ライバル車の多くはラゲッジランプに豆電球をつかっているところが多かったですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、LEDのラゲッジランプを標準装備。

■新型ヴェゼルのLED仕様のラゲッジランプ

また、この新型モデルでは、ラゲッジランプを左右の壁にそれぞれ1つずつ、合計2個用意しており、夜間でも荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物を探しやすくなっているのも好印象でした。

荷室の右側には小さな収納スペースを用意

また、今回デビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、荷室・ラゲッジスペースの左右に小型の収納スペースを用意。

■新型ヴェゼルの荷室の収納スペース:助手席側

■新型ヴェゼルの荷室の収納スペース:運転席側

荷室の右側に備わっている収納スペースは仕切りが用意されていて収納しやすくなっているので、真冬の寒い日は、解氷スプレーやタオルなどを収納しておくのも良いのかなと思いました。

助手席側の壁にはコンビニフックを用意

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、助手席側の荷室・ラゲッジスペースの壁、ラゲッジランプの手前にコンビニフックを1つ用意しています。

■新型ヴェゼルのコンビニフック

このようなコンビニフックを用意しているのは非常に助かるのですが、もう少し数を用意しても良かったのかなと思いました。

フロア下には床下収納を用意

また、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルと同様、荷室・ラゲッジスペースのフロア下に床下収納(サブトランク)を用意しています。

■新型ヴェゼルの床下収納

ただ、この新型モデルのハイブリッド車は、荷室・ラゲッジスペースの前方部分にバッテリーを搭載していることもあり、ハイブリッド車とガソリン車で床下収納(サブトランク)のサイズ&使い勝手に違いがありました。

競合車にはない魅力が!新型ヴェゼルの荷室アレンジを実車画像でチェック

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースのアレンジ性能は、どうだったのでしょうか?

後部座席の中央のみを収納することができたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースと比較すると、この新型モデルの荷室に用意されているアレンジは、非常にシンプルです。

ただ、荷室・ラゲッジスペースをアレンジした時の使い勝手は、予想以上に良い感じが…。

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている荷室・ラゲッジスペースのアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

6対4分割方式の後部座席を活かした荷室アレンジを用意

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、6対4分割方式の後部座席を活かした比較的オーソドックスな荷室・ラゲッジルームのアレンジを用意しています。

■新型ヴェゼルの後部座席

実際にこの新型モデルの後部座席を収納してみると、このような感じになります。

こちらは、助手席側の後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースです。

■助手席側の後部座席を収納した時の荷室

一方、運転席側の後部座席を収納すると、このような感じになります。

■運転席側の後部座席を収納した時の荷室

また、後部座席の背もたれ全体を収納した時の新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■後部座席全体を収納した時の荷室

通常時の奥行きは、コンパクトSUVの中でも狭い方だったのですが、後部座席の背もたれを収納した時の荷室の奥行きは、クラストップの広さに…。

たくさんの荷物をラクラク積み込める広々とした荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車にはない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つとなっていました。

使い勝手の良いフルフラットな荷室を実現

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースで印象的だったのは、フルフラットさです。

後部座席の背もたれを収納した時、フロアが手前下がりに傾斜しているクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、後部座席の座面が足元のスペースに沈み込む”ダウンダイブ方式”を採用していることもあり、傾斜がほとんどないフルフラットな荷室に…。

■ダウンダイブをした新型ヴェゼルの後部座席

■新型ヴェゼルのフルフラットな荷室

このフルフラットな荷室・ラゲッジスペースは、この新型モデルで車中泊をする時にも、非常に重宝するのかなと思いました。

まとめ:満足度が高い新型ヴェゼルの荷室・ラゲッジスペース

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー”新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”の荷室・ラゲッジスペースのアレンジや装備を確認したところ、このゆになっていました。

■新型ヴェゼルの荷室アレンジのまとめ

・LEDラゲッジランプを備えるなど荷室まわりの機能&装備は充実
・6対4分割方式の後部座席を活かした荷室アレンジを用意
・使い勝手の良いフルフラットな荷室を実現

今回デビューを果たした新型モデルでは、荷室の左右にLEDラゲッジランプを備えるなど、ラゲッジスペースまわりの機能&装備が充実。

また、後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、段差や傾斜がないフルフラットな荷室フロアとなっており、競合車よりも使いやすくなっていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02