やっぱり狭い?新型ヤリスクロスの後部座席の足元&頭上の広さを計測してみた

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ベースとなっているコンパクトカーの”ヤリス”よりもボディサイズがひと回り大きくなっています。

そのため、後部座席の頭上空間&足元空間もひと回り広くなっています。

ただ、この新型モデルの後部座席の居住スペースは、競合車・ライバル車よりも少し狭いような感じが…

そんな新型モデルの足元空間&頭上空間は、どれくらいの広さを確保していたのでしょうか?また、大人がこのクルマの後部座席に座ると、どれくらいのゆとりがあるのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席の足元&頭上空間の広さを測ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

足元空間の広さは?【新型ヤリスクロスの後部座席の居住性をチェック】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの後部座席
グレード:Zグレード

後部座席の足元空間はちょっと狭め

ブラウンの合成レザーをあしらった高級感あるデザインが印象的な新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席ですが、足元空間(ニークリアランス)を確認したところ、このようになっていました。

こちらは、運転席を一番前にスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■運転席を最前端のした時の後部座席の足元空間

後部座席を一番前にスライドすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり広くなりますね。

一方、こちらは、フロントシートを一番後ろにスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)です。

■運転席を最後端にした時の後部座席の足元空間

フロントシートを一番後ろにスライドすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり狭くなりますね。

ベースとなっているコンパクトカーの”ヤリス(YARIS)”よりは少し後部座席の足元空間が広くなっていましたが、個人的には、もう少し広くしても良かったのかなと思いました。

運転席をドライビングポジションに合わせた時の足元の広さは?

このような足元空間の広さになっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席ですが、通常時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいなのでしょうか?

運転席を私が一番運転しやすいドライビングポジション(中央よりやや後方)に設置した時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになります。

■ドライビングポジション時の後部座席の足元空間

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、コンパクトカーの中でもボディサイズが小さいこともあり、運転席をドライビングポジションに合わせると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は少し狭く感じてしまいましね。

この時の後部座席の足元空間の広さを計測してみると、約23cmくらいに…。

また、この状態で身長約175cmの私が後部座席に座ってみると、足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じに…。

■後部座席に座った時の足元空間の広さ

一番運転がしやすいドライビングポジションに合わせて、身長約175cmある私がこの新型モデルの後部座席に座ってみると、膝先からフロントシートのシートバックまでだいたい拳一つ分くらいのゆとりが…。

なので、ギュウギュウと言うほど、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は狭くありません。ただ、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、足を組んで座れるほど広くもありません。

この新型モデルのフロントシートの下はトンネルになっているので、つま先をフロントシート下に入れることができますが、「あと3~5cmほど広ければ、もう少しゆったりと座れて快適なのに…。」と、思ってしまいました。

頭上空間の広さは?【新型ヤリスクロスの後部座席の居住性をチェック】

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

こちらがこの新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さです。

■新型ヤリスクロスの頭上空間の広さ

ヤリスよりも広い新型ヤリスクロスの後部座席の頭上空間

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のベースとなっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)は、天井の絞り込みが激しかったこともあり、身長約175cmの私が後部座席に座ると、ほとんど頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりがありませんでした。

なので、コンパクトカーのヤリス(YARIS)の後部座席に座ると、狭いスペースに押し込まれているような窮屈感&圧迫感がありました。

しかし、コンパクトSUVの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、後部座席まわりの天井の絞り込みが少ない事もあり、頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりが…。

身長約175cmが後部座席に座っても、頭のてっぺんから天井まで拳を縦にして1つ分以上の余裕があり、コンパクトカーのヤリス(YARIS)で感じたような窮屈感&圧迫感を一切感じなかったのは好印象でした。

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席は、ベースとなっているヤリスよりも着座位置が約2cmほど高くなっているそうです。

そのおかげもあり、後部座席からの見晴らしが良く、解放感のある居住スペースになっているのが好印象でした。

まとめ:思ったよりも圧迫感を感じなかった新型ヤリスクロスの後部座席

2020年8月のデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席の頭上空間&足元空間の広さは、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの後部座席のまとめ

・足元空間は少し狭め
・頭上空間は予想以上に広い
・着座位置が高いため、解放感がある

今回デビューを果たしたこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、競合車・ライバル車と比較しても、少し狭めになっています。

ただ、この新型モデルの後部座席は着座位置が高く、視界が開けているため、思ったよりも窮屈感や圧迫感は感じないように工夫が施されていたのは好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02