やっぱり少ない!新型ヤリスクロスの荷室容量を競合車と比較してみた

多彩な荷室アレンジが魅力のトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、荷室・ラゲッジスペースのサイズ自体は、競合車・ライバル車よりもひと回り狭くなっています。

また、荷室容量も競合車・ライバル車よりもひと回り少なくなっていました。

そんな新型モデルの荷室容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、ホンダのヴェゼル/ベゼルや日産のキックスなどの競合車と比較すると、どれくらい荷室容量に差があったのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスの荷室容量をチェック

2020年8月にトヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室容量は、パワートレインやグレードによって違いがあるのですが、それぞれ次のようになっていました。

ガソリン車の荷室容量はどれくらい?

1.5リットルエンジンを搭載したこの新型モデルのガソリン車の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

ちんなみに、荷室容量はスペアタイヤを装着していないモデルで計測をしております。

■ガソリン車の荷室容量

この新型モデルのガソリン車の荷室容量は、2WD車や4WD車、荷室の高さを調節することができるデッキボードの有無によって大きな差が…。

そんな中、ガソリン車で一番荷室容量が多くなっていたのは、デッキボードを装着していない最廉価モデルのXグレードやXBパッケージとなっていました。

■荷室容量が一番多いXグレードの荷室

また、2WD車の後部座席を収納した時の荷室容量は1,102リットルとなっており、コンパクトSUVとしては十分すぎる程の積載性を備えていました。

一方、デッキボードが固定式となっており、荷室の高さを変えることができない4WD車は、2WD車よりも50リットル以上荷室容量が少ない結果に…。

本格的な走りを楽しめる4WD車ですが、荷室・ラゲッジスペースの容量が狭くなってしまうのは、少し気になるところでした。

ハイブリッド車の荷室容量はどれくらい?

一方、1.5リットルエンジンにモーターを組み合わせた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車の荷室容量を確認したところ、次のようになっていました。

■ハイブリッド車の荷室容量

クルマによっては、ハイブリッド車とガソリン車で荷室・ラゲッジスペースの広さや容量が違う場合もあります。

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルのデッキスペース上(=デッキボード上の荷室スペース)の容量は、ハイブリッド車とガソリン車で同じになっています。

また、後部座席を収納した時のデッキスペース上の荷室容量も1,102リットルとなっており、ガソリン車とまったく同じになっています。

■後部座席を収納した時のハイブリッド車の荷室

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では床下収納(サブトランク)の形が異なるため、若干ですが、ハイブリッド車の方が荷室容量は少なくなっていました。

新型ヤリスクロスと競合車の荷室容量を比較【ランキング形式で紹介】

400リットル弱の容量を備えているトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、荷室容量を競合車・ライバル車と比較してみると、かなり少ない数値になっています。

この新型モデルと競合車の荷室容量は、どれくらい差があったのでしょうか?

ランキング形式で新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)と競合車の荷室容量の違いを紹介したいと思います。

■新型ヤリスクロスとライバル車の荷室容量比較

新型ヤリスクロスの荷室容量は競合車よりも遠く及ばない

この新型モデルと競合車の荷室容量を比べてみたところ、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)よりも荷室容量が少ないのは、同じトヨタから発売されているスタイリッシュSUVのCHR/CH-Rだけと言う結果に…。

また、コンパクトSUVの中で荷室容量が一番大きいトヨタのライズ(RIZE)と比較をすると、50リットル以上もの差が…。

■新型ライズの荷室・ラゲッジスペース

このように見ると、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの容量がいかに少ないかが分かりますよね。

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、コンパクトSUVの中でも特にボディサイズが小さいので仕方がない部分もあります。

荷室サイズ自体も競合車・ライバル車よりも劣りますし(特に後部座席を収納した時の…)、荷室の広さや積載量にこだわるのなら、このクルマよりも競合車・ライバル車の方が良いように感じました。

数値では測れない良さがある新型ヤリスクロスの荷室

このように競合車・ライバル車よりも荷室容量は見劣りするこの新型モデルですが、使い勝手に関しては、競合車・ライバル車よりも良いように感じました。

この荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さの秘訣の一つが、自由自在に形を変えることができる後部座席です。

競合車・ライバル車の多くは、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席を採用しています。

■6対4分割方式の後部座席

しかし、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、3分割して収納することができる”4対2対4分割方式”の後部座席を採用しています。

■新型ヤリスクロスの4対2対4分割方式の後部座席

なので、後部座席の中央部分のみを収納して、長尺物を積み込むことなども出来ちゃいます。

また、この新型モデルでは、ちょっと珍しい6対4分割方式のデッキボードを採用しており、このように荷室・ラゲッジスペースの片側のみ荷室・ラゲッジスペースの荷室高を高くすることも可能です。

■左右独立して荷室の高さを調節できる新型ヤリスクロスの荷室

荷室容量自体は競合車・ライバル車よりも劣るトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、自由自在にアレンジできる後部座席や高さを調節できる6対4分割方式のデッキボードを駆使すれば、荷室容量の少なさが気になることは無いのかなと思いました。

まとめ:容量は少ないけど使い勝手に優れる新型ヤリスクロスの荷室

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室容量を確認をしたところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの荷室容量のまとめ

・後部座席を使用時の荷室容量は、302 ~ 390リットル
・後部座席を収納した時の荷室容量は、1,102リットル
・4WD/E-Fourの荷室容量は、2WD車よりも劣る
・ライバル車よりも荷室容量は劣る

この新型モデルの荷室容量は、競合車・ライバル車よりもひと回り少なくなっています。
ただ、多彩なアレンジを用意している新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良いため、荷物が多くなるアウトドアレジャーでも、荷室の狭さや積載量で困る心配はないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02