新型ヤリスクロスのシートヒーターは物足りない【使い勝手&不満を徹底解説】

2020年8月にデビューをした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の一部グレードには、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターが用意されています。

ただ、この新型モデルに用意されているシートヒーターは、ちょっと物足りないところが…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されているシートヒーターの使い勝手や快適性は、どうだったのでしょうか?また、この新型モデルに用意されているシートヒーターを使ってみて、不満に感じたことはなんだったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているシートヒーターの価格や使い勝手、欠点&デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのシートヒーター【使い勝手や快適性を徹底解剖】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、運転席と助手席にシートヒーターが用意されます。

■新型ヤリスクロスのフロントシート

そして、こちらが、このクルマに用意されているシートヒータースイッチです。

■新型ヤリスクロスのシートヒータースイッチ

シートヒータースイッチは、インパネ中央下部のエアコンパネルのちょうど下の部分に設置。

運転席や助手席からも手が届きやすい位置にシートヒータースイッチが用意されているのは、とても良いと思いました。

Zグレードのみシートヒーターを標準装備

このように十分な暖を取ることができる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のシートヒーターですが、標準装備されているのは、最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”のみです。

中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、シートヒーターは標準装備ではなく、メーカーオプション設定に…。

一方、最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”は、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターを装着することができないので、ご注意くださいね。

新型ヤリスクロスのシートヒーターの不満&デメリット

このように使い勝手は良かった新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のシートヒーターですが、実際に使用してみると、不満に感じたところもありました。

この新型モデルに用意されているシートヒーターを実際に使用してみて、気になったこと、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたことを包み隠さずお話したいと思います。

温度の調整ができない【シートヒーターの不満1】

2020年8月にデビューをした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているシートヒーターで物足りなさを感じたことの一つが、温度調節機能です。

車種によっては2段階や3段階の温度調節機能を備えている場合もありますが、今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されているシートヒーターは、温度調節機能が備わっておらず”ON”と”OFF”の2種類のみ。

使用している時のシートヒーターの温度を調整することができません。

シートヒーターを使っていると、時々、お尻がポカポカとし過ぎて、温度を低くしたい時ってありますよね。

このような時にシートヒーターの温度調整をすることができないのは、ちょっと不便だなと思っちゃいました。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のコンパクトSUV”新型キックス(KICKS)”では、”High(ハイ)”と”Low(ロー)”の2段階から温度を調整することができるシートヒーターを用意しています。

■新型キックスのシートヒーター

このように競合車・ライバル車の一つでもある”新型キックス(KICKS)”のシートヒーターよりも機能的に劣っているのも気になるところでした。

メーカーオプションの設定【シートヒーターの不満2】

また、メーカーオプションの設定も、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のシートヒーターの気になることろの一つです。

先ほどもお話した通り、今回デビューを果たしたこの新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、シートヒーターはメーカーオプションになっています。

ただ、メーカーオプションで用意されているシートヒーターは単独で装着することができず、運転席の位置を記憶しておくイージーリターン機能やステアリングヒーター、助手席シートアンダートレイなどとセットのオプションに…。

【トヨタヤリスのすべて】⑨運転席イージーリターン機能編

つまり、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGにシートヒーターを装着しようとすると、必要なくてもイージーリターン機能や助手席シートアンダートレイなどが付いてきちゃいます。

また、シートヒーター単体のメーカーオプションの相場は、1万円くらいなんですよね。

なので、この新型モデルのシートヒーターを含むセットオプションの価格(31,900円)は、シートヒーターだけを欲しい人にとっては、少し高いと感じてしまう可能性が…。

個人的には、使い勝手の良いシートヒーターは、他のオプションとセットではなく、単体で装着できるようにして貰いたかったです。

まとめ:便利だけど、不満も残る新型ヤリスクロスのシートヒーター

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”に備わっているシートヒーターは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ヤリスクロスのシートヒーターのまとめ

・シートヒーターはZグレードのみ標準装備
・中間モデルのGグレードではメーカーオプション設定
・シートヒーター単体のオプションの用意はない
・新型ヤリスクロスのシートヒーターは、温度調節できない

寒い日にスグに暖をとることができるシートヒーターはとても便利なのですが、温度調節機能が用意されていないなどの欠点&デメリットも…。

また、この新型モデルのシートヒーターは、メーカーオプションで中間モデルのGグレード/ハイブリッドGにも装着することができますが、オプション価格など装着するには、少しハードルが高いのも気になるところでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02