安心して運転できる?新型ヤリスクロスの後方視界をチェック

取り回しがしやすいコンパクトなボディが魅力の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、前方の視界&見切りが良く運転がしやすいクルマになっています。

一方、後方視界は、どうだったのでしょうか?前方の視界と同様に後方の視界も良く、安心して運転ができるクルマになっていたのでしょうか?

2020年8月にトヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後方視界を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

真後ろは確認しやすい?【新型ヤリスクロスの後方視界を徹底解剖】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の真後ろを運転席から確認してみると、このような感じになります。

■新型ヤリスクロスの真後ろの視界性

また、ルームミラー(バックミラー)を通して、この新型モデルの後方の視界を確認をしてみると、このような感じになります。

■バックミラー越しの真後ろの視界

この新型モデルの真後ろの視界&見え方を確認した第一印象は、「思ったよりもリヤガラスが小さく、確認できる範囲が小さいな…」ということ。

後部座席の中央部分は確認できる範囲が広いですが、左右は後部座席のヘッドレストを一番下げた状態でもリヤガラスの4分の3くらい覆われてしまっています。

なので、期待していたほど後方の視界は良いとは感じませんでした。

同じトヨタから発売されているコンパクトSUV”CHR/CH-R”よりもひと回りリヤガラスが広くなっていましたが、個人的には、もう一回りリヤガラスを広くとっても良かったのかなと思いました。

車体感覚は掴みやすい

このように後方の死角が意外と多い新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、このクルマの全長が4,180mmと競合車・ライバル車よりも短く、また、テールゲートの傾きも緩やかなため、後方の車体感覚が掴みやすい感じが…。

気負わずに安心してバックや駐車をすることができるようになっていたの、この新型モデルの良いところの一つだと思いました。

デジタルインナーミラーの用意はナシ

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の真後ろの視界を確認してちょっと残念に感じたのは、ルームミラーの機能です。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のキックス(KICKS)では、クルマの後方に搭載したカメラ映像をミラー部分に映す”デジタルインナーミラー”を用意していました。

■キックスのデジタルインナーミラー

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、デジタルインナーミラーの用意はなく、自車の後方の走るクルマのヘッドライトの眩しさを抑えるオーソドックスな”玄昉ミラー”を全グレードに標準装備。

■新型ヤリスクロスの玄昉ミラー

個人的には、オプションでも良いので、クルマの後方の視認性を確保するのに役に立つデジタルインナーミラーを用意して貰いたいところでした。

斜め後方は確認しやすい?【新型ヤリスクロスの後方視界を徹底解剖】

一方、2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の斜め後方の視界&視認性は、どのようになっていたのでしょか?

こちらが、運転席から斜め後方の視界を確認した時の様子です。

■新型ヤリスクロスの斜め後方の視界

リヤウィンドウの脇を固めるCピラーは、競合車・ライバル車と比較してそれほど大きいとは思いません。

ただ、この新型モデルの後部座席横のサイドウィンドウは、上のライン(=上端)が後方にいくにつれて急下に下がっているだけではなく、下のラインも緩やかに上がっており、しぼんでいくようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの後部座席横のサイドウィンドウ

また、この新型モデルは、ボディサイズがコンパクトと言うこともあり、リヤクォーターガラス(三角窓)の用意もありません。

そのため、死角も多く、真後ろと同様に斜め後方の視界も、それほど良いとは感じませんでした。

後方の視界をサポートするアイテムをオプションで用意

今回デビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、このように後方の死角が多くなっていますが、真後ろやや斜め後方の視界をサポートするアイテムとして、”ブラインドスポットモニター(BSM)”や”リヤクロストラフィックオートブレーキ”をメーカーオプションで用意しています。

【LAND CRUISER】機能紹介/ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックアラート【技術】

この新型モデルに用意されている”ブラインドスポットモニター(BSM)”は、高速道路で車線変更をしようとする際、サイドミラーでは確認しにくい斜め後方を走行しているクルマを検知して、お知らせをしてくれる機能です。

■ブラインドスポットモニターのインジケーター

一方、リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場や車庫からバックで出庫している時、左右の後方から接近をしてくるクルマを検知してお知らせしてくれる機能です。

ちなみに、この”ブラインドスポットモニター(BSM)”と”リヤクロストラフィックオートブレーキ”は、セットで7万7000円となっています。

決して安い金額ではありませんが、このクルマの後方の死角の多さや視認性のことを考えると、装着しておいた方が安心できるのかなと思いました。

ただ、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”では、高速道路での車線変更をサポートするブラインドスポットモニター(BSM)を装着することができないので、ご注意くださいね。

まとめ:思ったよりも死角が多い新型ヤリスクロスの後方視界

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の後方&斜め後方の視界は、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの後方視界のまとめ

・リヤガラスが小さいため、後方の視界に難あり
・斜め後方も死角は多め
・車体感覚は掴みやすい
・オプションで後方の視界をサポートするアイテムを用意

今回デビューを果たしたこの新型モデルはボディサイズが小さい事もあり、車体感覚が掴みやすいのは、魅力の一つです。

ただ、同じトヨタから発売されているCHR/CH-Rほどではないにしろ、真後ろ&斜め後方に死角が多いことは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)を運転をしていて少し気になりました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02