新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ【サイズや視認性、使い勝手をマルっと解説】

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の注目のアイテム&装備の一つは、スマホ内のアプリを車に備わっている大画面で操作することができる”ディスプレイオーディオ”です。

この新型モデルでは、ディスプレイオーディオを全グレードに標準装備しているのですが、グレードによって、サイズやデザインに違いがあるんですよね。

また、この新型モデルのディスプレイオーディオは、ハイブリッド車とガソリン車で表示項目に若干の違いが…。

この新型モデルに用意されているディスプレイオーディオのデザインや使い勝手は、どのようになっていたのでしょか?また、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているディスプレイオーディオのサイズや視認性、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ【デザインやサイズをチェック】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているディスプレイオーディオは、このようなデザインをしています。

■新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

ただ、この新型モデルに用意されているディスプレイオーディオは、グレードによって、デザインやサイズに違いがありました。

X系グレードのディスプレイオーディオ

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”に標準装備されているディスプレイオーディオは、このようなデザインをしています。

■X系グレードのディスプレイオーディオ

最廉価モデルに位置をする”Xグレード”では、画面の大きさが7インチサイズのディスプレイオーディオを標準装備。

そのため、X系グレードのディスプレイオーディオはベゼル(=画面の縁)が太く、ボテっとした見た目に…。

また、ベゼル部分も含めてプラスチック素材が剥き出しになっているため、高級感・上質感に乏しいのも気になるところでした…。

G系グレード/Z系グレードのディスプレイオーディオ

こちらは、上位モデルに位置をするG系グレード/Z系グレードに標準装備されているディスプレイオーディオです。

■G/Zグレードのディスプレイオーディオ

基本的なディスプレイオーディオのデザインは、最廉価モデルのX系グレードと全く同じになっています。

上位モデルに位置をする”G系グレード”や”Z系グレード”では、最廉価モデルのX系グレードよりもひと回り大きい8インチサイズの液晶ディスプレイを用意。

そのおかげもあり、画面に表示されるインフォメーションやマップが、最廉価モデルのX系グレードよりも見やすくなっているだけではなく、ベゼル部分も薄くなりスタイリッシュな見た目に…。

また、G系グレード/Z系グレードに標準装備されているディスプレイオーディオは、ベゼル部分が艶のあるピアノブラック調の加飾が施されており、高級感・上質感のあるデザインになっているのも好印象でした。

新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオは何ができる?【機能をチェック】

このようなデザインになっているトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているディスプレイオーディオですが、どのようなことができるのでしょうか?

この新型モデルのディスプレイオーディオに標準装備されている搭載されている主な機能について、確認していきましょう。

ドライブインフォメーション

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているディスプレイオーディオは、燃費履歴やトリップインフォメーションなどの様々な情報を表示してくれます。

しかし、ハイブリッド車とガソリン車では、表示されるドライブインフォメーションに違いがありました。

ガソリン車/ハイブリッド車どちらのディスプレイオーディオも、始動後平均車速や航続可能距離、平均燃費などを表示してくれるトリップインフォメーションや、燃費履歴を表示してくれます。

■トリップインフォメーション画面


■燃費履歴画面

ただ、ハイブリッド車では、トリップインフォメーションや燃費履歴に加えて、エンジンやモーター、バッテリーの間のエンジンの流れやバッテリーの残量を確認することができる”エネルギーモニター”画面も用意。

■ハイブリッド車のエネルギーモニター

ディスプレイオーディオの大画面でエネルギーモニターを確認すると、かなりの迫力が…。

メーターに備わっているマルチインフォメーションディスプレイだけではなく、大画面のディスプレイオーディオでも様々な情報を確認することができるようになっているのは、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の特徴の一つなのかなと思いました。

音楽を聴く

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意は、USBメモリを接続することによって、USBに入った音楽や動画を再生することができます。

また、スマホやiPhoneを接続すると、スマホの中に保存されている音楽や”ライン ミュージック(LINE Music)”や”グーグル プレイ ミュージック(Google Play Music)”などのサブスク音楽配信サービスを使うことができますよ。

ただ、CDやDVD、フルセグTVなどに関しては、標準装備ではなく、オプション設定になっているので、ご注意くださいね。

ラジオの視聴

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)にディスプレイオーディオは、AM/FMラジオチューナーを内蔵しています。

なので、特別な設置をすることなくラジオを視聴することができますよ。

通話&メッセージの送信

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のディスプレイオーディオに用意されている機能の一つが、電話&メッセージの送信機能です。

この新型モデルでは、Bluetooth機能を使ったハンズフリー通話を行うことができます。

■新型ヤリスクロスの通話スイッチ

また、ディスプレイオーディオとご自分のスマホ/iPhoneを接続すると、音声入力を使って、ライン(LINE)などのメッセージも送信することができるようになりますよ。

ナビゲーション機能

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のディスプレイオーディオの注目の機能が、ナビゲーション機能です。

この新型モデルのディスプレイオーディオは、簡単に言ってしまうと、「液晶ディスプレイ付きのオーディオ」なので、ナビゲーション機能は用意されていません。

ただ、スマホやiphoneを接続すると、スマホやナビのナビアプリをディスプレイオーディオ上に表示しることが可能です。

また、音声入力で目的地などを設定することも可能です。

スマホのナビアプリには、欠点&デメリットもありますが、時々しかクルマを運転しない方やナビの購入費を節約したい人には、良いかもしれませんね。

ちなみに、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、スマホ/iPhoneを持っていない方や従来の車載ナビの方が好みの方のために、ディスプレイオーディオにカーナビの機能を追加する”ナビキット”も用意しています。

実はこのナビキットには、ナビアプリにはない魅力やメリットが…。

初期購入費はかかってしまいますが、ナビを安定して使用した方には、ディスプレイオーディオにナビ機能を追加することができる”ナビキット”はオススメですよ。

まとめ:様々な場面で活躍をする新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に標準装備されているディスプレイオーディオのデザインや使い勝手は、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオのまとめ

・グレードによって画面サイズが異なる
・Bluetoothを活用したハンズフリー機能を搭載
・USBやスマホ/iPhoneの音楽を聴くことが可能
・CDやDVD、TVはメーカーオプション設定
・スマホ/iPhoneを接続することでナビアプリなどを表示可能

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、グレードによって画面サイズは異なりますが、全グレードにディスプレイオーディオを標準装備しています。

スマホ/iPhoneを接続するだけで様々な用途に使用することができるディスプレイオーディオが、全グレードに標準装備されているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02