他グレードの内装と違う!新型ヤリスクロス Zグレードの専用装備とは?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力の一つは、充実した機能&装備の数々です。

この新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアには、ワンランク上の上級SUVと比較しても、見劣りをしない機能&装備が…。

特に快適性を高めるアイテム&装備の充実度には、目を見張るものがありました。

そんな新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装のみに用意された専用装備&アイテムは、何だったのでしょうか?

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに用意されている専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスZグレードの内装のデザインをチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■Zグレードの内装

ブラウン基調の高級感あふれる内装・インテリア

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”では、上質な空間の演出するダークブラウンをダッシュボードやドア内側パネルに採用しています。

また、シートもブラウンを基調にしたお洒落なデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルの最上位に位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”は、ラフに使い倒せるSUVと言うよりも、ハイセンスなクルマに乗っているような居心地の良さがありました。

新型ヤリスクロスZグレードの内装のデザインをチェック


他のグレードとは全く異なるオシャレなデザインになっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアですが、他のグレードにはない機能や装備がたくさん用意されていました。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアには、どのような機能や装備が備わっていたのでしょうか?

実車画像を使って、最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアのみに用意されている主な専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

オプティトロンメーター【Zグレードの専用装備1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアに用意されている専用装備の一つが、メーターです。

他のグレードは2眼式のデジタルメーターを採用していましたが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、中央に7.0インチサイズの大外面液晶ディスプレイを配置したオプティトロンメーターを標準装備。

■Zグレードのオプティトロンメーター

そのおかげもあり、”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードとは一味異なる先進感がただようスタイリッシュなインパネになっていました。

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”に用意されているオプティトロンメーターは、アナログ表示とデジタル表示の2つのタイプを用意しており、お好みのデザインにカスタマイズすることができるのも好印象でした。

6ウェイパワーシート【Zグレードの専用装備2】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアで驚いたことの一つが、フロントシートのデザインと機能性です。

シートサイドにブランの合成レザーをあしらったお洒落なシートを採用しているこの新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”ですが、電動でシートの高さや前後位置、背もたれの角度を調節することができる6ウェイパワーシートを標準装備。

このクラスのクルマで電動パワーシートが用意されているのって、かなり珍しいですよね。

さすがにメモリー機能までは搭載されていませんが、このように手軽に運転席の位置や高さを調節することができるようになっているのは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートヒーター【Zグレードの専用装備3】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに用意されている機能&装備の一つが、シートヒーターです。

■Zグレードのシートヒータースイッチ

真冬の寒い日に運転する際、スグに暖を取ることができるシートヒーターは、本当に重宝しますよね。

このように車内で快適に過ごせるアイテムが充実しているのは、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ステアリングヒーター【Zグレードの専用装備4】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、ハンドル・ステアリングホイールの握る場所をじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”がオプションで用意されています。

■新型ヤリスクロスのステアリングヒーター

シートヒーターと同様に真冬の寒い日に超をするステアリングヒーターですが、この機能単品でをオプションで搭載することが最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”だけです。

中間モデルの”Gグレード”では、運転席が回転をして乗り降りをしやすくするイージーリターン機能を装着しないと、ステアリングヒーターは装着されません。

真冬の寒い日でも快適に運転をしたい方には、シートヒーターやステアリングホイールが用意されている最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”が一番良いのかなと思いました。

イルミネーテッドエントリー【Zグレードの専用装備5】

また、センターコンソールの前方に備わっておりトレイやドア内側アームレスト部分をブルーのLEDライトで照らしてくれる”イルミネーテッドエントリーシステム”が標準装備されています。

■新型ヤリスクロスのイルミネーテッドエントリーシステム

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードよりもスタイリッシュな車内空間になっていました。

アクセサリーソケット【Zグレードの専用装備6】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルの”Xグレード”や中間モデルの”Gグレード”では、アクセサリーソケットの用意は1つのみですが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、ダッシュボードと荷室の2ヵ所に用意されているのも注目ポイントの一つです。

■Zグレードのアクセサリーソケット

荷室・ラゲッジスペースに備わっているアクセサリーソケットは、キャンプなどのアウトドアレジャーに行く時や震災などの緊急時に重宝するような感じが…。

このようにイザと気う時に役に立つアイテムが充実しているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートバックポケット【Zグレードの専用装備7】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみ、助手席シートバックポケットを標準装備しています。

■Zグレードのシートバックポケット

このようなシートバックポケットは、タブレット端末や任天堂スイッチ(Nintendo Switch)のような携帯ゲーム機を収納する時に意外と重宝するんですよね。

特にこの新型モデルは、収納スペースが少ないので…。

あまり注目を集めない地味なアイテムですが、シートバックポケットが用意されているのも、他のグレードにはない最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなおんかなと思いました。

まとめ:他グレードにはない機能や装備が盛り沢山な新型ヤリスクロスのZグレード

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアには、このような専用装備&アイテムを用意していました。

この新型モデルは、最廉価モデルのXグレードや中間モデルのGグレードでも機能や装備が充実していますが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”になると、ワンランク上の快適な車内空間に…。

ディーラーさんに話を聞いたところによると、この新型モデルは、圧倒的に最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の売れ行きが良いようですが、このような機能や装備の充実度も大きく影響を与えているのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする