新型ヤリスクロスのメーカーオプションはグレードで違う【価格や注意点を徹底解説】

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、自動駐車支援システムの”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”や足の動きを検知して荷室の扉を自動開閉する”ハンズフリー機能付きのパワーバックドア”など、様々なメーカーオプションを用意しているのが魅力の一つです。

ただ、この新型モデルでは、グレードによって装着できるメーカーオプションが全然違うんですよね。

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょか?また、グレードによって、装着できるオプションにどのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているオプションの価格や注意点などを、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Xグレードに装着可能なアイテムは?【新型ヤリスクロスのメーカーオプション1】

2020年8月にデビューを果たし新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”に装着することができるメーカーオプションは、このようになっていました。

■Xグレードに装着可能なメーカーオプション一覧

また、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXのメーカーオプションには、次のような特徴や注意点があります。

中間モデルのGグレードに近い見た目にすることが可能

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”は、3つのグレードの中で唯一、スチールホイール(鉄チン)を装着しているモデルです。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

ただ、メーカーオプションで中間モデルの”Gグレード”と同じ16インチサイズのアルミホイールに変更することができるようになっています。

■オプションの16インチサイズのアルミホイール

スチールホイールをアルミホイールに変えるだけで、見た目の印象(サイドスタイル)の印象が大きく異なる感じが…。

また、最廉価モデルのXグレードと中間モデルのGグレードの外装・エクステリアの差が、だいぶ縮まり、スタイリッシュな見た目になったのが好印象でした。

Xグレードは装着できないオプションが多い

その一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”は、他の上位モデルにはない欠点&デメリットがあります。

それは、装着することができないメーカーオプションが多いことです。

例えば、ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックオートブレーキ。

【トヨタのサポトヨ】クルマが見張る。その死角。

最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”では、高速道路での車線変更をサポートしてくれる”ブラインドスポットモニター(BSM)”や、駐車場からのバックでの出庫時の後方の視界をサポートしてくれる”リヤクロストラフィックオートブレーキ”を装着することはできません。

また、足の動きを検知して荷室の扉を自動開閉してくれる”ハンズフリー機能付きのパワーバックドア”も装着することができません。

【ハリアー】停止位置メモリー機能

なので、最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”の安全性や利便性は、他のグレードよりもワンランクもツーランクも見劣りします。

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”は、装着することができないメーカーオプションが多くなっているのでご注意くださいね。

Gグレードに装着可能なアイテムは?【新型ヤリスクロスのメーカーオプション2】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■Gグレードに装着可能なメーカーオプション

また、この新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”に用意されているメーカーオプションには、次のような特徴や魅力を備えていました。

見た目を最上位のZグレードに近づけることが可能

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード”と中間モデルの”Gグレード”の外装・エクステリアは、タイヤやヘッドライトなど様々な違いがあります。

■中間モデル”Gグレード”の外装

■最上位モデル”Zグレード”の外装

ただ、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、メーカーオプションで18インチタイヤ&アルミホイール、LEDヘッドライトを用意しているため、最上位モデルの”Zグレード”の外装・エクステリアに限りなく近づけることが可能ですよ。

Gグレード専用のオプションを用意

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”では、他のグレードには用意されていない専用のオプションとして”運転席イージーリターン機能”を用意しています。

【ヤリス】アトラクションムービー 運転席イージーリターン機能編

電動で運転席の位置や高さを調整する”パワーシート”を用意しているクルマはたくさんありますが、中間モデルの”Gグレード”に用意されているイージーリターン機能は、手動式でありながら運転席の位置を記憶しておくができるちょっと珍しい機能です。

夫婦2人でクルマをシェアする方には、運転席の位置を記憶しておくことができるイージーリターン機能は、とても良いアイテムなのかなと思いました。

快適装備が装着しにくいのが欠点

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードのメーカーオプションを確認してちょっと残念だったのが、快適装備しにくい設定になっていたことです。

この新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、シートヒーターやステアリングヒーターなどの快適装備を用意しています。

ただ、中間モデルのGグレードに用意されているシートヒーターやステアリングヒーターは、”運転席イージーリターン機能”とのセットオプションに…。

なので、シートヒーターやステアリングヒーター単体で装着することはできません。

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の注目オプション”運転席イージーリターン機能”の装着率を高めるためにステアリングヒーター&シートヒーターをセットにしたのかもしれません。

ただ、個人的には、シーターヒーターやステアリングヒーターなどの快適装備は、セットオプションではなく単体で用意して、気軽に装着できるようにしても良かったのかなと思いました。

Zグレードに装着可能なアイテムは?【新型ヤリスクロスのメーカーオプション3】

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■Zグレードに装着可能なメーカーオプション

他のグレードと同様に最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”でも様々なメーカーオプションを用意しています。

ただ、最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のメーカーオプションは、他のグレードにはない次のような特徴を備えていました。

Zグレードはメーカーオプションが少なめ

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”は、元から装着したある機能や装備が充実しているため、他のグレードよりもメーカーオプションは少なめです。

その一つは。LEDヘッドライトです。

中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”や最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”では、ハロゲンタイプのLEDヘッドライトが標準装備されており、LEDヘッドライトは、メーカーオプション設定になっていました。

しかし、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、LEDヘッドライトが標準装備。
また、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、運転席イージーリターン機能を装着しないと付いてこなかったシートヒーターも、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では標準装備となっています。

このように機能や装備が充実しているのは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

Zグレードのみに装着できる専用アイテムも盛り沢山

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに装着することができるメーカーオプションも多数用意さられています。

その一つが、ヘッドアップディスプレイ(HUD)です。

この新型モデルでは最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみ、フロントガラスに車速や標識、クルーズコントロールなどの設定画面などを表示してくれる”ヘッドアップディスプレイ(HUD)”がオプションとして用意されています。

■新型ヤリスクロスのヘッドアップディスプレイ

また、先行車や対向車などを検知して、ヘッドライトの照射する範囲を調節してくれる思いやり機能”アダプティブハイビーム”も、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみしか装着することができません。

他のグレードよりもワンランク上の機能や装備を備えている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”Zグレード/ハイブリッドZ”では、このように専用のオプションが用意されているのもこのグレードの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:グレードによって異なる新型ヤリスクロスのメーカーオプション

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のメーカーオプションをグレード別に確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみヘッドアップディスプレイやアダプティブハイビームを用意するなど、グレードによって用意されているオプションに差があります。

なので、グレードによっては、欲しいアイテムを装着することができない可能性も…。

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、グレードによって、内装・インテリアの雰囲気や機能&装備だけではなく、装着することができるオプションも大きく異なるのでご注意くださいね。

また、この新型モデルは用意されているオプションが多いく、欲しいアイテムをどんどん付けると、目が飛び出るくらいの乗り出し価格になる場合もあるのも要注意ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02