新型ヤリスクロスZグレードの外装インプレ【他グレードには無い高級感が魅力】

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をするのが、Zグレードです。

先日、この新型モデルの”Zグレード”を見てきたのですが、最上位モデルらしい高級感と洗練さを兼ね備えた外装・エクステリアになっていました。

そんな新型コンパクトSUVの最上位モデル”Zグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このZグレードの外装・エクステリアは、どのような魅力を備えていたのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の外装・エクステリアの魅力や注目ポイントを、余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

洗練されたフロントマスクをチェック【新型ヤリスクロスZグレードの外装1】

2020年8月に新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■Zグレードのフロントマスク

ガンダム顔と言われているこの新型モデルですが、最上位モデルのZグレードもスッキリとした無表情フェイスに…。

ただ、最上位モデルの”Zグレード”のフロントマスクは、他のグレードにはない高級感と洗練さがありました。

ピアノブラック加飾を施したフロントグリルを採用

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の注目ポイントの一つが、フロントグリルのデザインです。

他のグレードでは艶のないオーソドックスなブラック塗装になっていたのですが、最上位モデルに位置をするこの”Zグレード”では、光沢感のあるピアノブラック加飾を施したフロントグリルを標準装備。

■ピアノブラック塗装を施したZグレードのフロントグリル

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードは、他のグレードとは一味異なる高級感と洗練さを兼ね備えたお洒落なフロントマスクになっていました。

フルLEDヘッドライトを標準装備

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上モデル”Zグレード”の注目ポイントの一つが、ヘッドライトです。

他のグレードではハロゲンのヘッドライトになっていましたが、最上位モデルに位置をする”Zグレード”では、唯一、フルLEDヘッドライトを標準装備。

■ZグレードのフルLEDヘッドライト

実際にZグレードのフルLEDヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライトを点灯した時の様子

このクルマのようなスタイリッシュな見た目が特徴の都会派SUVには、青白く光るLEDヘッドライトの方が断然似合います。

また、このZグレードでは、”デイライト”を備えており、昼間でも安全に運転できるようになっていたのも好印象でした。

圧倒的な存在感のサイドスタイルをチェック【新型ヤリスクロスZグレードの外装2】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■Zグレードのサイドスタイル

中間モデルの”Gグレード”と同様にロゴ入りのモールディングやインパクトのあるマットカラーのフェンダーを備えたZグレードのサイドスタイルは、SUVらしいチカラ強さとタフさを強調したデザインになっていました。

18インチの専用タイヤ&ホイールを標準装備

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”のの注目のアイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

今回デビューを果たした新型モデルのZグレードでは、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

■Zグレードのタイヤ

また、この新型モデルのZグレードに標準装備されているタイヤ&ホイールを確認してみて驚いたのが、大きさです。

なんと、この新型モデルのZグレードでは、18インチサイズのタイヤを標準装備

■Zグレードのタイヤサイズ…215/50R18

このクラスのクルマで18インチサイズのタイヤを装着しているのって、かなり珍しいんですよね。

このクルマの競合車・ライバル車の一つでもある日産のコンパクトSUV”キックス(KICKS)”に標準装備されているタイヤは、17インチサイズでしたし…

■日産 新型キックスのタイヤ

18インチサイズのタイヤ&ホイールを活かした迫力とスポーティーさを兼ね備えたサイドスタイルになっているのは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の最大の魅力なのかなと思いました。

Bピラーのピアノブラック加飾はなし

このように迫力のあるサイドスタイルになっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードの外装で少し残念だったのは、運転席と後部座席のサイドウィンドウの間にあるBピラーのデザインです。

この新型モデルのZグレードのBピラーはピアノブラック塗装ではなく、他のグレードと同じマットなブラック塗装を施したデザインになっていました。

■ZグレードのBピラー

フロントグリルを光沢感のあるピアノブラック塗装を施すのなら、Bピラーもピアノブラック塗装を施して高級感を演出しても良かったような感じが…。

18インチサイズのタイヤを履いたこの新型モデルのZグレードは、SUVらしい力強さを感じるサイドスタイルになっていましたが、フロントマスクに合わせてもう少し高級感&上質感を演出しても良かったのかなと思いました。

スタイリッシュな後ろ姿をチェック【新型ヤリスクロスZグレードの外装3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■Zグレードの後ろ姿

この新型モデルを後ろから見ると、フェンダーの盛り上がりが際立つ迫力のある後ろ姿に…。

また、この新型モデルでは、大型のルーフスポイラーを備えており、チカラ強さだけではなく、スポーティーさを兼ね備えたデザインになっているのも印象的でした。

専用デザインのリヤコンビネーションランプを採用

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の後ろ姿で印象的だったのは、リヤコンビネーションランプです。

同じトヨタから発売されているハリアー(Harrier)のように左右のランプが1本の光のラインで繋がっているようなデザインになっているこの新型モデルのリヤコンビネーションランプですが、最上位モデルでは、フルLEDライトに…。

■Zグレードのリヤコンビネーションランプ

ライン状に光るテールランプがお洒落ですよね。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中で、フルLEDのリヤコンビネーションランプを標準装備しているのは、このグレードのみです。

スタイリッシュなフルLEDのリヤコンビネーションを採用し、このクルマのイメージにピッタリなオシャレな後ろ姿を演出しているのは、このZグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:街中で際立つ新型ヤリスクロスZグレードの外装

2020年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

LEDヘッドライトやリヤコンビネーションランプを標準装備をしたこの新型モデルのZグレードは、他のグレードとは一線を画したお洒落なデザインに…。

中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”の見た目が悪いわけではないのですが、見た目のデザイン性やスタイリッシュさに関しては、最上位モデルのZグレードに遠く及ばないのかなと感じてしまいました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする