競合車にないアレンジも!新型ヤリスクロスのシートアレンジを実車画像で徹底解剖

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の特徴&魅力の一つと言えば、何といっても3分割することができる後部座席です。

そのため、この新型モデルは、シートアレンジのバリエーションが競合車・ライバル車よりも豊富です。

そんな新型モデルでは、どのようなシートアレンジのバリエーションを用意したいたのでしょうか?また、各シートアレンジの使い勝手や座り心地は、どうだったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力の一つでもあるシートアレンジの多彩さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5人乗車モード【新型ヤリスクロスのシートアレンジ1】

乗車人数ギリギリとなる通常時(=5人乗車モード)の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のシートアレンジは、このような感じになります。

■通常時の新型ヤリスクロス

5人乗車するにはちょっと狭め

今回デビューを果たしたこの新型モデルは普通乗用車なので、後部座席に最大で3名まで乗車することができます。

ただ、この新型モデルは、コンパクトSUVの中でも特にボディサイズが小さいため、車内空間も競合車・ライバル車よりもひと回り狭めです。

また、足元空間(ニークリアランス)もそれほど広くありません。

■新型ヤリスクロスの後部座席の足元空間

なので、大人が後部座席に3人乗車するには、サイズ的にちょっと厳しい感じが…。

ただ、ベースとなっている人気コンパクトカーのヤリス(YARIS)よりも後部座席の頭上空間が広く、窮屈さや圧迫感を感じない広さを確保していたのは好印象でした。

4人乗車モード【新型ヤリスクロスのシートアレンジ2】

2020年デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているシートアレンジで注目なのが、4人乗車時のアレンジです。

この新型モデルでは3分割することができる”4対2対4分割方式”の後部座席を採用していることもあり、競合車・ライバル車にはないシートアレンジが用意されていました。

そんな新型モデルの4人乗車時のシートアレンジを紹介したいと思います。

後部座席の中央部分のみを収納する4:2:4モード

競合車・ライバル車に用意されていない新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ならではのシートアレンジが、後部座席の中央部分のみを収納する”4:2:4モード”です。

■新型ヤリスクロスの4:2:4モード

後部座席の中央部分のみを収納するので、釣り竿やスキーの板などの長尺物を積み込んだ状態でも後部座席に2人乗車することができるので、アウトドアレジャーに行く方には、非常に重宝するシートアレンジのような感じが…。

また、今回デビューを果たしたこの新型モデルの後部座席の中央部分は、センターアームレストとして使うこともできるので、ゆったりと座りた時にも活用することができるシートアレンジになっていました。

■アームレストとして使用できる後部座席の中央部分

オーソドックスな6:4モード

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、後部座席の左側のみを収納するシートアレンジ”6:4モード”も用意されています。

■新型ヤリスクロスの6:4モード

この6:4モードは、荷室・ラゲッジスペースに大きい荷物を積み込みたい時に重宝するシートアレンジですが、この状態で大人2人が座るには、少し窮屈過ぎるように感じました。

3人乗車モード【新型ヤリスクロスのシートアレンジ3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、後部座席の運転席側と中央部分を収納する3人乗車時のシートアレンジも用意しています。

実際に3人乗車時のシートアレンジをしてみると、このような感じに…。

■新型ヤリスクロスの3人乗車時にシートアレンジ

大きい荷物を積み込む時に大活躍

この新型モデルの後部座席の運転席側と中央部分を収納すると、助手席側を収納した時と比べて、後部座席の収納部分の開口幅が約20cmほど広くなります。

実際に助手席側の後部座席を収納した時と運転席側の後部座席をを収納した時の広さを見比べてみると、大きな差が…。

■助手席側を収納した時の広さ

■運転席側を収納した時の広さ

後部座席に乗車できる人数は1人になってしまいますが、スーツケースや家電など大きい荷物を積み込む時には重宝するのかなと思いました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、3分割をすることができる”4対2対4分割方式”の後部座席を採用していますが、運転席側の後部座席を収納すると、それに連動して、後部座席の中央も収納される仕組みになっています。

この3人乗車時のシートアレンジとは逆となる【運転席側】の後部座席のみを残すシートアレンジはすることができないので、ご注意くださいね。

2人乗車モード【新型ヤリスクロスのシートアレンジ4】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席を全部収納すると、荷室・ラゲッジスペースの広さと積載量を優先した”2人乗車モード(フルフラットモード)”となります。

■新型ヤリスクロスの2人乗車モード

サイズは競合車よりも狭いけど、使い勝手は良好

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)はコンパクトSUVの中でもボディサイズが小さい事もあり、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さも競合車よりもひと回り狭くなっています。

なので、積載量に関しては、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックス(KICKS)などに遠く及びません。

ただ、この新型モデルのFF車では、6対4分割方式のデッキボードを標準装備しており、荷物の大きさや量に応じて、荷室の高さを調節できるのは、とても良いと思いました。

まとめ:多彩なシートアレンジを用意している新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”のシートアレンジを確認したところ、このようになっていました。

3分割することができる”4対2対4分割方式”の後部座席を採用しているこの新型モデルは、後部座席に中央部分のみを収納することができるなど、シートアレンジのバリエーションが多彩です。

荷物の大きさや乗車人数によって、細かく後部座席の形を変えることができるのは、競合車・ライバル車にはないこのクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、荷室のサイズ自体はそれほど広くないのですが、荷室のアレンジが豊富なのも良かったです。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02