新型ヤリスクロスのツートンっておすすめ?モノトーンとの3つの違いとは?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ルーフとボディカラーが異なるツートンカラーを7種類ラインナップしています。

先日、この新型モデルのツートンカラーを見ることができたのですが、モノトーンとは存在感に大きな差がありました。

そんな新型モデルのツートンカラーの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ツートンとモノトーンでは、どのような違いがあったのでしょか?

実車画像を使って、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンカラーの特徴や魅力を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのツートンカラー【見た目のデザインや特徴をチェック】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンカラーの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■ツートンの外装

ちなみに、こちらは、オーソドックスなモノトーンカラーです。

■モノトーンの外装

モノトーンとツートンカラーでは、見た目の雰囲気に大きな違いがありますよね。

ルーフがブラックになっているツートンカラーは、モノトーンよりもメリハリが効いた迫力のある見た目になっていました。

新型ヤリスクロスのツートンはゴールドルーフも用意

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ツートンカラーを7色ラインアップしています。

■新型ヤリスクロスのツートンカラーのラインナップ

・ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック
・ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ
・ブラックマイカ×シルバーメタリック
・ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタリシャイン
・ブラックマイカ×ベージュ
・ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
・ブラックマイカ×グレイッシュブルー

この新型モデルに用意されているツートンカラーの7色のうち6色は、天井に黒の塗装を施したオーソドックスなブラックルーフなのですが、残りの1色は、天井にゴールドをあしらったちょっと珍しいデザインに…。

■新型ヤリスクロスのブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ

ただ、天井にゴールドをあしらった”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”は、他のカラーにはないゴージャス感と特別感がありました。

新型ヤリスクロスのツートンカラーの外装【モノトーンとの違いは?】

このようなデザインになっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンカラーですが、オーソドックスなモノトーンと比較すると、外装・エクステリアの様々なパーツのカラーに違いがありました。

この新型モデルのツートンとモノトーンの外装・エクステリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルのツートンカラーとモノトーンカラーの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

ルーフ【ツートンとモノトーンの外装の違い1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンとモノトーンの外装・エクステリアの違いの一つは、天井・ルーフのカラーです。

■2トーンカラーのルーフ

ツートンカラーのルーフの色が目立たないようなデザインになっている車種もありますが、この新型モデルのツートンカラーの境目は競合車よりも低く、リヤスポイラーのラインに合わせたデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルのツートンカラーは、ルーフのカラーが際立つ迫力のある見た目になっていました。

サイドミラー【ツートンとモノトーンの外装の違い2】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンカラーとモノトーンの外装・エクステリアでは、サイドミラーの色も異なりました。

この新型モデルのモノトーンのサイドミラーは、ボディと同系色のシンプルな見た目になっています。

■モノトーンのサイドミラー

一方、この新型モデルのツートンカラーでは、ルーフのカラーと同じカラーのサイドミラーを採用。

例えば、ブラックルーフを採用したモデルでは、サイドミラーもブラックとなっています。

■ブラックルーフのサイドミラー

サイドミラーにあしらわれたブラックが良いアクセントになっていて、モノトーンよりもスタイリッシュな見た目に…。

また、天井にゴールドをあしらった”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”では、サイドミラーにインパクトのあるゴールドがあしらわれています。

■ゴールドルーフのサイドミラー

落ち着いたブラックのボディとサイドミラーにあしらわれているゴールドのコントラストが美しい”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”は、エレガントで落ち着きのある外装・エクステリアとなっていました。

ドア下モールディング【ツートンとモノトーンの外装の違い3】

また、SUVらしさを強調するドア下モールディングのデザインも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のツートンカラーとモノトーンでは若干の違いがありました。

モノトーンと天井の色がブラックのツートンカラーでは、ドア下モールディングのロゴの部分のカラーがオーソドックスなシルバーとなっていました。

■シルバー塗装をほどこしたドア下モールディング

一方、天井にゴールドをあしらった”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”では、ドア下のモールディングのロゴの部分のカラーも黄金色に…。

■ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカのドア下モールディング

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”とそれ以外のカラーでは、サイドスタイルの雰囲気に大きな差が…。

このドア下モールディングのデザインとカラーも、今回デビューを果たしたこの新型モデルのツートンカラーの注目ポイントの一つですよ。

まとめ:洗練さが増す新型ヤリスクロスの2トーンカラー

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されてるツートンカラーは、このようなデザインになっていました。

■新型ヤリスクロスのツートンカラーのまとめ

・7色のツートンカラーを用意
・ブラックだけではなく、ゴールドのツートンカラーも用意
・サイドミラー&ドア下モールディングも専用デザイン

天井だけではなく、サイドミラーやドア下モールディングのデザインが異なるツートンカラーは、【都市型SUV】と呼ぶのに相応しい高級感とスタイリッシュさを兼ね備えたデザインに…。

ツートンカラーはすべて有償カラーとなっているため、特別塗装料がが発生するのが欠点・デメリットの一つですが、特別塗装料を支払ってもツートンカラーにする価値は、十分にあるのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、ツートンカラーの人気もかなり高く、売れ行きは好調のようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02