リクライニングできる?新型ヤリスクロスの後部座席の装備を徹底解剖

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUVの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドが全グレードに備わるなど、機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

ただ、後部座席まわりの機能や装備に関しては、思ったよりもシンプルな感じが…。

そんな新型モデルの後部座席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席には、リクライニング機能が備わっており、快適に凄くことができるようになっていたのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席のデザインや装備&機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスの後部座席はリクライニングできる?【デザインをチェック】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの後部座席

アームレストとして使える4対2対4分割方式を採用

パッと見ただけでは競合車・ライバル車と大きく違いがなさそうですが、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の上位モデルの後部座席は、後部座席の中央部分のみを収納することができる”4対2対4分割方式”を採用しています。

■後部座席の中央部分のみを収納した時の様子

そして、後部座席の中央部分を収納すると、センターアームレストとして活用することができるようになっていまいした。

■アームレストとして活用できる後部座席の中央部分

この新型モデルの後部座席の中央に用意されているセンターアームレストは、特別な加飾がなくプラスチック素材が剥き出しになっているため、見た目はとってもシンプルです。

ただ、アームレストのサイズが大きいため、ゆったりと座れる感じが…。

また、この新型モデルの後部座席の中央部分の裏側には、ドリンクホルダーが2個用意されており、手が届く範囲に飲み物を置いておけるのも好印象でした。

新型ヤリスクロスの後部座席はリクライニングできない

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、後部座席の中央部分のみを収納することができる”4対2対4分割タイプ”の後部座席を採用していましたが、残念ながら背もたれの角度を調整するリクライニング機能の用意はありませんでした。

なので、この角度から背もたれの角度を調整することはできません。

この新型モデルの後部座席の背もたれは若干後ろに傾斜しており、座り心地が悪いわけではありません。また、ベースとなっているコンパクトカーの新型ヤリス(YARIS)よりも頭上&足元空間が広いため、居住性も悪くはありません。

ただ、後部座席の居住性、居心地の良さを考えると、背もたれの角度を自由自在に調整することができるリクライニング機能を備えて欲しかったです。

新型ヤリスクロスの後部座席にはUSBやエアコンは付いている?【装備をチェック】

残念ながら背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能の用意はなかったこの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、後部座席まわりの装備や機能は、どうだったのでしょうか?

また、USBやエアコンの送風口など快適に過ごせるような機能や装備は、用意されていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席まわりに用意されている機能や装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型ヤリスクロスの後部座席まわりの装備は必要最小限

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席まわりは非常にシンプルで、用意されているアイテムや装備は必要最小限のみとなっていました。

例えば、サイドドアの上部に備わっている回転式のアシストグリップ。

多くのクルマで当たり前のように備わっている回転式のアシストグリップですが、今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”にしか用意されていません。

■Zグレードに標準装備されているアシストグリップ

日常的に使うアイテムではありませんが、アシストグリップが用意されていないというのは、ちょっと驚きですよね。

ちなみに、中間モデルのGグレードや最廉価モデルのXグレードの回転式のアシストグリップが備わっている部分を確認してみると、このような感じに…。

アシストグリップが備わっていないだけで、どこか安っぽい感じがします。

また、タブレット端末や携帯ゲーム機を収納するのに重宝をするシートバックポケットが用意されているのも最上位モデルの”Zグレード”のみです。

■Zグレードのシートバックポケット

それ以外のグレードでは、シートバックポケットの用意もありません。

■下位モデルのシートバック

このようにアシストグリップやシートバックポケットのオーソドックスなアイテムがないない新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、当然のことながら、後部座席用のUSBポートやエアコンの送風口などの贅沢品の用意もありません。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のコンパクトSUV”新型キックス(KICKS)”には、後部座席に乗車する人のためのUSBポートが一つ用意されており、後部座席まわりの機能や装備に大きな差が…。

■新型キックスの後部座席用のUSBポート

このように後部座席まわりの機能や装備が必要最小限になっているのは、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:簡易的な作りになっている新型ヤリスクロスの後部座席

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席のデザインや機能&装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの後部座席の装備&機能のまとめ

・背もたれの買う度を調節するリクライニング機能の用意はなし
・シートバックポケットやグリップはZグレードのみ標準装備
・後部座席用のUSBやエアコンの送付口はなし

この新型モデルの後部座席は必要最小限のアイテムしか用意されておらず、非常にシンプルな作りに…。

また、リクライニング機能が備わっていないため、自分好みの背もたれの角度に調節することができません。

後部座席の快適性や優雅さを求めるのなら、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)よりも機能や装備が充実している日産のキックス(KICKS)やリクライニング機能付きの後部座席を備えているホンダのベゼル/ヴェゼル(VEZEL)の方が良いのかなと試乗をして思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02