サイドに大きな差が!新型ヤリスクロスXグレードの外装の実車画像インプレ

2020年8月にトヨタからデビューを果たしたクロスオーバーSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ガソリン車/ハイブリッド車それぞれ3つのグレードを用意していますが、最廉価モデルに位置をしているのが、Xグレードです。

車体本体価格の安さ&コスパの良さが魅力のXグレードですが、外装やエクステリアのデザインや装備に違いが…。

特にサイドスタイルに関しては、大きな違いがありました。

そんな新型モデルのXグレードの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このXグレードの外装・エクステリアは、他のグレードとドコが違ったのか?

トヨタから新発売をしたコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアを実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

迫力のあるフロントマスクをチェック【新型ヤリスクロスXグレードの外装1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■Xグレードのフロントマスク

今回新しくデビューを果たしたこの新型モデルは、ベースになっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)とは全く異なる重厚感のあるデザインに…。

また、最廉価モデルのXグレードのフロントマスクは、中間モデルのGグレードと全く同じデザインになっています。

■Gグレードのフロントマスク

なので、フロントマスクに関しては、最廉価モデルとは思えない迫力と存在感がただよっていました。

Xグレードはハロゲンヘッドライトを標準装備

ウルトラマンの目のようなデザインになっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のヘッドライトですが、最廉価モデル”Xグレード”は、LEDではなくオーソドックスなハロゲンを採用。

■Xグレードのヘッドライト

実際にXグレードに備わっているハロゲンのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライトを点灯時のXグレード

う~~ん…

やっぱりライトを点灯した時のスタイリッシュさや精悍さは、LEDヘッドライトを標準装備している”Zグレード/ハイブリッドZ”に遠く及ばない感じが…。

■ライトを点灯した時のZグレード

クルマのカテゴリーは異なりますが、ホンダの人気コンパクトカー”新型フィット4″では、最廉価モデルのベーシック(BASIC)でも、LEDヘッドライトを標準装備していたんですよね。

そのことを考えると、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルのXグレードでもLEDヘッドライトを標準装備しても良かったのかなと思っちゃいました。

ちなみに、この新型モデルのXグレードでは、オプションでハロゲンからLEDのヘッドライトに変更することができるようになっています。

■オプションで用意されているLEDヘッドライト

ただ、LEDヘッドライトのオプション価格は、7万1500円とちょっとお高めの価格設定になっているので、ご注意を…。

他グレードとは異なるサイドをチェック【新型ヤリスクロスXグレードの外装2】

フロントマスクに関しては、中間モデルの”Gグレード”と全く同じデザインになっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルの”Xグレード”ですが、サイドスタイルに関しては、全然違いました。

そんな新型モデルのXグレードのサイドスタイルは、このようなデザインになっていました。

■Xグレードのサイドスタイル

加飾がないシンプルなドア下モールディング採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード”も、上位モデルと同様に迫力のある樹脂フェンダーアーチモールやドア下にモールディングを備えており、SUVらしいデザインになっています。

ただ、最廉価モデルのXグレードのドア下モールディングは、ロゴの部分に加飾がないシンプルなデザインになっていました。

■Xグレードのドア下モールディング

ロゴ付きのドア下モールティングを備えたモデルに見慣れちゃうと、シンプルなモールディングを装着しているXグレードのサイドスタイルは、どこか物足りなさを感じてしまいました。

Xグレードは唯一スチールホイールを装着

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアの注目ポイントの一つは、タイヤ&ホイールです。

最廉価モデル”Xグレード”は3つのグレードの中で唯一、フルホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を装着。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

また、タイヤサイズも他のグレードよりもひと回り小さい16インチに…。

そのため、最廉価モデル”Xグレードル”のサイドスタイルは、上位2つのモデルよりも大人しい印象のサイドスタイルになっていました。

スタイリッシュな後ろ姿をチェック【新型ヤリスクロスXグレードの外装3】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■Xグレードの後ろ姿

中間モデルGグレードと全く変わらない後ろ姿

リヤコンビネーションランプとリヤウィンドウが一体化したようなスタイリッシュな後ろ姿が印象的なXグレードグレードの後ろ姿ですが、基本的なデザインは、中間モデルに位置をする”Gグレード”と全く同じになっています。

■Gグレードの後ろ姿

また、リヤコンビネーションランプのデザインも全く一緒になっています。

■Xグレードのリヤコンビネーションランプ

なので、後ろ姿からXグレードとGグレードを見分けるのは、少々難しいのかなと思いました。

まとめ:サイドスタイルの迫力に差を感じる新型ヤリスクロスのXグレード

2020年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

最廉価モデルの”Xグレード”のフロントマスクや後ろ姿は、中間モデルのGグレードと全く同じデザインに…。

なので、フロントマスクや後ろ姿に関しては、最廉価モデルにありがちな安っぽさはありません。

ただ、”ロゴがないシンプルなドア下モールディングや16インチサイズのスチールホイールになっていることもあり、サイドスタイルの迫力に関しては、上位モデルよりも少し見劣りをするのかなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする