こんなに違う!新型ヤリスクロスZグレードの外装の専用装備&パーツを徹底解剖

トヨタから新発売ををしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッド”の外装・エクステリアの特徴の一つは、他のグレードにはない装備やアイテムが充実しているところです。

また、オプションで最上位モデルのZグレード/ハイブリッドZのみに用意されているオプションも…。

そんな新型モデルの最上位”Zグレード/ハイブリッドZ”の外装・エクステリアには、どのような専用装備&パーツを用意していたのでしょうか?また、Zグレード/ハイブリッドZのみに用意されているオプションパーツは、何だったのでしょうか?

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”ののみに用意されている外装の専用装備&アイテムを、実車画像を交えて紹介したいと思います。

ちなみに、最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の外装・エクステリアの魅力や特徴をじっくりと確認したい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Zグレードのみの専用装備【新型ヤリスクロス Zグレードの外装インプレ】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”には、次のような専用装備&パーツを外装・エクステリアに備えていました。

ヘッドライト【Zグレードの外装の専用装備1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに用意されている専用装備&パーツの一つが、ヘッドライトです。

中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”では、オレンジ色っぽく光るハロゲンのヘッドライトを搭載していましたが、最上位モデルの”Zグレード”では、青白く輝くLEDヘッドライトを標準装備。

■ZグレードのLEDヘッドライト

そのため、最上位モデルのZグレードとそれ以外のグレードでは、ヘッドライトを点灯した時のスタイリッシュさや迫力に大きな差が…。

■ヘッドライトを点灯した時のZグレード

また、日中の安全性を高めるデイライト機能を兼ね備えたダブルファンクションタイプのウィンカーを備えているのも、最上位モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力の一つなのかなと思いました。

■Zグレードのウィンカー

ちなみに、LEDヘッドライトを装着した最上位モデルの”Zグレード”とそれ以外のグレードでは、ヘッドライトを点灯した時の印象が大きく異なるのでご注意くださいね。

フロントグリル【Zグレードの外装の専用装備2】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに用意されている専用装備&アイテムの一つが、フロントグリルです。

この新型モデルでは、ちょっとメシュ構造ではなく、ちょっと珍しい”L字型”をしたフロントグリルを標準装備しているのですが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、ピアノブラック調の加飾を施したデザインを採用。

■Zグレードのフロントグリル
そのため、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、都市型SUVと呼ぶのに相応しい洗練された高級感ただようフロントマスクになっていました。

リヤコンビネーションランプ【Zグレードの外装の専用装備3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみライン状に輝くテールランプが印象的な【フルLEDタイプ】のリヤコンビネーションランプを標準装備しています。

■ZグレードのフルLEDリヤコンビネーションランプ

そのため、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”とそれ以外のグレードでは、後ろ姿の洗練さに大きな違いが…。

この後ろ姿のスタイリッシュさも、他のグレードでは味わえない最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

タイヤ&ホイール【Zグレードの外装の専用装備4】

また、タイヤ&ホイールも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に用意されている専用装備の一つです。

中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”では、16インチサイズのタイヤ&ホイールを履いていました。

しかし、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、他のグレードよりもひと回りもふた回りも大きい18インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

■Zグレードのタイヤ

また、Zグレードに標準装備されているアルミホイールは、3つのグレードの中で唯一、切削加工&ブラック塗装を施したデザインを採用。

そのおかげで、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は、まるでクーペSUVのような迫力とスポーティーさを兼ね備えたサイドスタイルになっていました。

ちなみに、この新型モデルに用意されているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、メーカーなどの違いは、こちらの記事に詳しくまとめてありますよ。

Zグレードの専用オプション【新型ヤリスクロスのZグレードの外装インプレ】

このように様々な専用装備を用意している新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”ですが、このグレードのみにしか装着できないオプションもありました。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”にしか装着することができない専用オプションは、何だったのか?紹介したいと思います。

アダプティブヘッドライト【Zグレード専用オプション】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに装着することができるオプションの一つが、夜間の視界をより高いレベルで確保してくれる”アダプティブヘッドライト”です。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれるオートマチックハイビームは標準装備されてます。

ただ、対向車や先行車に光が当たる部分だけを遮光して眩惑を防ぐ”アダプティブヘッドライト機能”は搭載されていないんですよね。

【自動ハイビーム】オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム

最近は軽自動車でもアダプティブ機能付きのヘッドライトを標準装備しているクルマが出てきているので、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)でも標準装備して貰いたかったのですが…。

ちなみに、この新型モデルの最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に用意されているアダプティブヘッドライトのオプション価格は、ヘッドアップディスプレイとセットで9万9000円となっており、ちょっと高めの価格設定になっています。

アダプティブヘッドライトに約10万円のオプション代を支払うのなら、ステアリングヒーターやパワーバックドアなど他のオプションを装着した方が良いのかなと、個人的には思いました。

まとめ:ワンランク上の高級感が漂う新型ヤリスクロスのZグレードの外装

2020年8月にデビューをした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の外装・エクステリアに用意されている専用装備を確認したところ、このようになっていました。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、迫力のある18インチのタイヤ&ホイールやLEDヘッドライトが標準装備されており、他のグレードでは味わえない高級感や存在感が…。

また、夜間の安全性を高めてくれる”アダプティブヘッドライト”がオプションで用意されているのも、他のグレードにはない”Zグレード/ハイブリッドZ”の特徴の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする