新型ルークスってどんなクルマ?【特徴&魅力、購入時のお金の話を総ざらい】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、広さや機能性、安全装備などあらゆる面において進化を遂げた注目の一台です。

特に機能や装備に関しては、競合車・ライバル車を遥かに凌駕している感じが…。

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)は、どのようなクルマになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの注目ポイントは、どこだったのでしょうか?

全方位的に進化を遂げた日産の新型スーパーハイト系ワゴン車の特徴や魅力を、どこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新しく生まれ変わった新型ルークスの特徴とは?【内外装を徹底解剖】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”は、次のよう特徴を備えていました。

Vモーションが際立つ新型ルークスの外装

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、先代モデルと同様に見た目のデザインが異なる2つのモデルを用意しています。

■新型ルークスに用意されている2つのモデル

・ハイウェイスター
・標準モデル

そして、ハイウェイスターと標準モデルの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

スタイリッシュな見た目が印象的なハイウェイスター

こちらが、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)の外装・エクステリアです。

■ハイウェイスターの外装

上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)は、ボディ幅いっぱいに広がるV形状のメッキ加飾(=Vモーショングリル)を配した堂々としたスタイリングに…。

また、ワイド感のある切れ長ヘッドライトやアルミホイールを備えたハイウェイスター(HighwaySTAR)は、スポーティーさが漂う見た目になっていました。

親しみやすさが魅力の標準モデル

一方、こちらは、新型ルークス(ROOX)の標準モデルの外装・エクステリアです。

■標準モデルの外装・エクステリア

ハイウェイスターと比較してフロントグリルが小さくなった標準モデルは、柔らかい印象のフロントマスクに…。

また、専用デザインのリヤコンビネーションランプを採用するなど、ハイウェイスターとは一味異なるシンプルモダンなスタイルになっていました。

モデルでデザイン&使い勝手が異なる新型ルークスの内装

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、3種類の内装色を用意しており、ハイウェイスターと標準モデルでデザインが異なります。

エボニーを基調にしたハイウェイスターの内装

こちらが、新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”の内装・インテリアです。

■ハイウェイスターの内装

ハイウェイスター(HighwaySTAR)は、漆黒を意味する”エボニー”を基調にしたスタイリッシュな内装・インテリアを採用。

ハイウェイスターの上位モデルでは、スーパーハイト系ワゴン車の中で初となるオートブレーキホールド&電子パーキングブレーキを備えるなど、機能や装備に優れているのも印象的でした。

また、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは、メーカーオプションで高級感あふれるブラウン調の内装色”プレミアムグラデーションインテリア”を用意しているのも、注目ポイントの一つですよ。

アイボリーを基調にした標準モデルの内装

一方、こちらは、標準モデルの内装・インテリアです。

■標準モデルの内装

この新型モデルの標準車は、ダッシュボードにアイボリーを、そして、シートのメイン部分にグレージュを採用した暖かみのある内装・インテリアに…。

また、上位モデルに位置をするハイウェイスターよりも開放感があり、車内がひと回り広く感じるのも、標準モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ただ、機能や装備、車内の高級感に関しては、上位モデルよりも少し見劣りをするので、ご注意くださいね。

クラストップの広さを誇る新型ルークスの荷室

また、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

■新型ルークスの荷室

アレンジがしやすい新型ルークスの荷室

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、後部座席の背もたれ部分にスライド用と収納用のレバーを備えており、荷室側から簡単に操作できる仕様に…。

■新型ルークスのスライド&収納レバー

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは操作感が軽く、女性でも片手で楽にスライドや背もたれの収納ができるようになっているのも好印象でした。

収納力に優れた新型ルークスの荷室

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、収納力に優れた荷室・ラゲッジスペースです。

全長に制限のある軽自動車では、後部座席を一番後ろにスライドすると、荷室・ラゲッジスペースに荷物をほとんど積み込めない場合もありますが、この新型モデルでは、普段使いで困らないだけの広さを確保。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室

また、後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、スーパーハイト系ワゴン車の中でトップの値に…。

■後部座席を収納した時の新型ルークスの荷室

使い勝手で若干気になるところはありましたが、この広々とした荷室・ラゲッジスペースは、新型ルークス(ROOX)の魅力の一つなのかなと思いました。

新型ルークスは使う人のことを考えた収納スペースが盛り沢山

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、収納スペース&小物入れの使い勝手です。

この新型モデルは、ボックスティッシュがスッポリと入る収納スペースを用意するなど、使う人のことを考えた収納スペース&小物入れが盛り沢山。

■ボックスティッシュを収納できる収納スペース
収納スペースの数が多いだけではなく、様々なバリエーションの収納スペースが用意されているのも好印象でした。

ドリンクホルダーの数も十分

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、車内に10個以上のドリンクホルダーを用意。

1人2個ずつドリンクホルダーを使っても、まだ余裕があるのは、ちょっとスゴイですよね。

飲み物置き場としてだけではなく、小物入れやスマホ置き場としても重宝するドリンクホルダーがたくさん用意されているのも、この新型モデルの注目ポイントの一つですよ。

ココが凄い!【新型ルークスの魅力とは?】

このようなデザインになっていた日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)ですが、競合車・ライバル車にはない様々な魅力がありました。

この新型モデルは、どのような魅力を備えていたのでしょか?

競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットを包み隠さず紹介したいと思います。

快適な運転をサポートするアイテムが充実

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の注目ポイントの一つが、快適な運転をサポートするアイテムや装備が充実しているのが魅力の一つです。

その一つが、高速道路の運転を楽にしてくれる同一車線自動運転技術のプロパイロット機能です。

ハイウェイスターの上位モデルのみになってしまうのですが、この新型モデルでは、アクセルやブレーキ操作だけでなく、ハンドル操作もクルマ側で制御をしてくれる”プロパイロット機能”を標準装備。

■新型ルークスのプロパイロットスイッチ

しかも、今回フルモデルチェンジを新発売をした新型ルークス(ROOX)に搭載されているプロパイロットは、性能が良くなった最新版です。

また、この新型モデルでは、プロパイロット機能以外にも、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドや、スムーズな発進&停車をサポートしてくれる電動式のパーキングブレーキも標準装備。

■新型ルークスのオートホールド

このように運転を楽にしてくれう機能や装備が充実しているのは、競合車・ライバル車にはないこのクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

乗り降りのしやすさ

また、乗り降りがしやすくなっているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

そんな新型モデルの注目のアイテムが、後部座席を乗り降りをする際に利用をするスライドドアです。

この新型モデルでは、クラストップの開口幅を備えるスライドドアを標準装備。

■新型ルークスのスライドドア

そのおかげもあり、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも小さい子供の乗せ降ろしがしやすくなっていました。

また、標準モデルのXグレード以上では、足の動きを検知してスライドドアを自動開閉する”ハンズフリーオートスライドドア”も標準装備。

ハンズフリーオートスライドドアの使い方【新型ルークス】ポイント

このように乗り降りがしやすくなっているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

後部座席の居心地の良さ

また、後部座席の居心地の良さ&快適性も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

この新型モデルの後部座席には、スーパーハイト系ワゴン車の中でトップクラスの320mmに達するロングスライド機能を搭載。

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの後部座席は、大人が座ってもゆとりがある広さに…。

■後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ

また、スーパーハイト系ワゴン車の欠点の一つは、車内空間が広く、エアコンの空気が後部座席まわりまで行き届かないことです。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、後部座席まわりの天井車内の空気を巡回されるリヤサーキュレーターを用意。

■新型ルークスのリヤサーキュレーター

エアコンの空気を後部座席まわりまで効率的に送り届けてくれるのも、この新型モデルの魅力の一つあのかなと思いました。

安全性の高さ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、軽自動車のレベルを遥かに超えた最新の安全装備を備えているのも特徴の一つです。

そんな新型モデルの注目の安全装備の一つが、SOSコールです。

この新型モデルでは、スーパーハイト系ワゴン車の中で唯一、交通事故に遭った際、専用のオペレーターに接続することができる自動通報システム”SOSコール”を搭載。

■新型ルークスのSOSコール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、ハイビームの照射範囲を自動的に調整をするアダプティブ機能付きのLEDヘッドライトを搭載。

■新型ルークスのアダプティブLEDヘッドライト

このよう競合車・ライバル車に用意されていない最新の安全装備を備えており、競合車・ライバル車よりも安全性に優れているのも要注目ですよ。

日産の新型ルークスを買うにはいくらかかる?【購入時ガイド】

このように機能や装備が充実している日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)ですが、やはり気になるのは、購入金額ですよね。

この新型モデルの購入金額(乗り出し価格)は、どれくらいなのでしょか?また、グレードによって、どれくらいの購入金額に差があるのでしょうか?

日産からデビューを果たしたこの新型モデルの購入時の注意点を詳しく紹介したいと思います。

新型ルークスの乗り出し価格は高め

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、5つのグレードを用意しているのですが、それぞれの車体本体価格は、このようになっていました。

■新型ルークスの車体本体価格

2WD 4WD
標準車 Sグレード \1,415,700 \1,549,900
標準車 Xグレード \1,546,600 \1,680,800
プロパイロットX \1,734,700 \1,868,900
プロパイロットX プロパイロット \1,843,600 \1,977,800
プロパイロットGターボ \1,932,700 \2,066,900

この新型モデルの車体本体価格は、141万円~206万円となっており、スーパーハイト系ワゴン車としては、標準的なレベルになっています。

ただ、この新型モデルの性能を最大限に活かすためには、様々なアイテムをオプションで装着する必要があるんですよね。

その一つが、ディーラーオプション設定になっている純正ナビです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の注目のアイテムの一つ”SOSコール”を使用するためには、Nissan Connect(日産コネクト)に対応をした純正ナビが必要です。

■新型ルークスの純正ナビ

ただ、日産の純正ナビはちょっと高めなんですよね。

このようなオプションを装着すると、コンパクトカー並みの乗り出し価格になるので、ご注意くださいね。

新型ルークスは17色のボディカラーを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)は、2トーンカラーを含めて17色のボディーカラーを用意しています。

ただ、この新型モデルは、ハイウェイスターと標準モデルで選べるカラーに違いが…。

また、ボディカラーによっては、特別塗装料が発生をする有料色もあるので、ご注意くださいね。

納期&納車待ちの長さは安定

また、クルマを購入する上で気になるのは、納車されるまでの長さですよね。

新型ルークス(ROOX)が発売された当初は、コロナの影響もあり、納期・納車待ちがかなり長くなっていたようです。

ただ、現在は工場での生産も安定して、比較的納期・納車待ちは短くなってきているそうです。

ただ、選ぶグレードやオプション、ボディカラーで若干納期・納車待ちが若干変わってくるので、ご注意くださいね。

まとめ:競合車にはない様々な魅力がある新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”は、このようなクルマになっていました。

この新型モデルには、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能や、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドなど、競合車・ライバル車にはない魅力が盛り沢山。

また、競合車・ライバル車にはない安全装備が備わっているのも、このクルマの魅力の一つです。

競合車・ライバル車も様々な魅力を備えていますが、機能や装備の充実度や安全装備に関しては、このクルマの右にでるものはいないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする