新型オーラとノート オーテックの内装比較【装備&機能の違いも注目】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、内装・インテリアの基本的なデザインは共通しています。

ただ、装飾や使用している素材に違いがあるため、全く異なる雰囲気の車内空間に…。

また、この2台のモデルを比較したところ、機能&装備にも違いがありました。

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの内装・インテリアは、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、この2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラとノート オーテックの内装のデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)と、ノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、それぞれ次のようなデザインをしています。

上品さがただよう新型オーラの内装

ノートをベースにしたプレミアムコンパクトカーとしてデビューを果たした新型オーラ(AURA)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの内装・インテリア

この新型モデルは、ダッシュボードやセンターコンソールなどの加飾にツイード調の織物や木目調のパネルを採用。

■新型オーラのツイード調の織物&木目調パネル

そのおかげもあり、マイホームのようなどこか温かみのある内装・インテリアになっていました。

スタイリッシュ&スポーティーなノート オーテックの内装

一方、ノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■オーテックの内装

ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、ブラックを基調にオーラのイメージカラーでもあるブルーをアクセントカラーに採用。

新型オーラ(AURA)とはひと味もふた味も異なるスタイリッシュ&スポーティーな内装・インテリアになっていました。

また、センターコンソールやシートにAUTECH専用エンブレムを装着するなど、特別感を演出しているのも好印象でした。

新型オーラとノート オーテックの内装【機能&装備の違いをチェック】

車内の雰囲気が全然違う新型オーラ(AURA)のノート オーテック(NOTE AUTECH)ですが、機能&装備も異なります。

この2台のモデルの内装・インテリアは、どのような違いがあるのでしょうか?実車画像を使って、機能&装備の違いを紹介したいと思います。

ダッシュボード【オーラとオーテックの違い1】

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の内装・インテリアの大きな違いの一つが、ダッシュボードです。

プレミアムコンパクトカーとしてデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、木目調のパネルとツイード調のパネルを採用。

■新型オーラのダッシュボード

一方、ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、光の当たり具合によって青みがかって見える紫檀(シタン)をモチーフにしたパネルを採用したダッシュボードを採用。

■ノート オーテックのダッシュボード

そのおかげもあり、ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、新型オーラ(AURA)よりもシックで重厚感ただようダッシュボードになっていました。

ハンドル【オーラとオーテックの違い2】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)は、ハンドル・ステアリングホイールのデザインも若干異なります。

■新型オーラのハンドル

■ノートオーラのハンドル

どちらのモデルも本革巻きのハンドルを採用しているのですが、オーテック(AUTECH)は、ハンドルの下部がブルーになっています。

また、ステッチにもブルーを採用。

そのおかげもあり、新型オーラ(AURA)とはひと味違うスポーティな雰囲気がただようハンドル・ステアリングホイールになっていました。

メーター【オーラとオーテックの違い3】

また、メーターのデザインも、新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)では、異なります。

■新型オーラのメーター

■ノートオーテックのメーター

パッと見た感じ同じように感じますが、ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、7インチサイズのTFTカラー液晶ディスプレイと5インチサイズのモノクロのディスプレイを組み合わせを採用。

一方、新型オーラ(AURA)は、12.3インチサイズのTFTカラー液晶ディスプレイを採用。

そのおかげもあり、新型オーラ(AURA)の方がマルチインフォメーションディスプレイの表示エリアが大きく、視認性が良いです。

また、新型オーラ(AURA)のメーターは、クラシック表示とエンハンス表示を用意しており、画面のデザインをカスタマイズできるのも好印象でした。

ルームミラー【オーラとオーテックの違い4】

また、後方の視界を確認する際に使用をするルームミラーも、違いがありました。

ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、オーソドックスな鏡のルームミラーを採用しているのに対し、新型オーラ(AURA)は、車体後方に備わったカメラの映像を映し出すことができるインテリジェントルームミラーを標準装備。

■ノート オーテックのルームミラー

■新型オーラのインテリジェントルームミラー

そのため、後方の視界&視認性は、インテリジェントルームミラーを採用している新型オーラ(AURA)の方が視認性が良いです。

このようにノート オーテック(NOTE AUTECH)よりも安全性が高いのも、新型オーラ(AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

USBソケット【オーラとオーテックの違い5】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の内装・インテリアの大きな違いの一つが、車内でスマホやiPhoneなどを充電する時に重宝をするUSBソケットです。

プレミアムコンパクトカーとしてデビューを果たした新型オーラ(AURA)では、センターコンソールの後方に後部座席用のUSBポートを1つ用意。

■新型オーラの後部座席用のUSB

一方、ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、後部座席用のUSBポートの用意はありません。

このように後部座席まわりの機能&装備が充実しているのも、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

センターコンソール【オーラとオーテックの違い6】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)では、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソール&アームレストのデザインにも違いがありました。

オーテック(AUTECH)は、ブラックを基調にブルーのステッチをあしらったシックな雰囲気のセンターコンソールを採用。

■ノート オーテックのセンターコンソール

また、シフトレバー付近にはAUTECHの専用ロゴも装着。

一方、新型オーラ(AURA)は、木目調のパネルとツイード調の織物をあしらったセンターコンソールを採用。

■新型オーラのセンターコンソール

また、シフトレバーまわりの縁取りに採用されている白いラインにはライトが組み込まれており、淡く発光するのも注目ポイントの一つですよ。

ドア内側パネル【オーラとオーテックの違い7】

また、ドア内側パネルのデザインも、新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の内装・インテリアの大きな違いの一つです。

新型オーラ(AURA)のドア内側パネルは、トリム部分やアームレスト部分にツイード調の織物をあしらった温かみのあるデザインに…。

■新型オーラのドア内側パネル

一方、ノート オーテック(NOTE AUTECH)は、ブラックの合成レザーのアームレストを採用しており、スタイリッシュなデザインになっていました。

■ノート オーテックのドア内側パネル

シート【オーラとオーテックの違い8】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の内装・インテリアで大きく異なるのが、シートのデザイン&素材です。

ノートe-POWERをベースにしたオーテック(AUTECH)では、レザテックと呼ばれる人工皮革のシートを標準装備。

■ノート オーテックのシート

フロントシートのヘッドレストや肩口、シードサイドは、オーテックのイメージカラーでもあるブルーがあしらわれており、クールなデザインに…。

また、フロントシートの背もたれの上部には、AUTECHのロゴが刺繍されているのも好印象でした。

一方、新型オーラ(AURA)は、オーテックとは全く異なるデザインのシートを採用しています。

この新型モデルのシートは、グレードによって、使用されている素材が異なるのですが、下位モデルに位置をGグレードでは、メイン部分にツイード調の織物を、そして、肩口やヘッドレストにダークブラウンの合成レザーをあしらったコンビシートを採用。

■新型オーラのGグレードのシート

また、新型オーラ(AURA)の最上位モデルに位置をするGレザーエディションでは、大きな溝が特徴の本革シートを採用。

■新型オーラのGレザーエディションのシート

このGレザーエディションの本革シートでは、スカイラインやエルグランドなど日産の高級車のみに採用されている高級なスラブウレタンが採用されており、ワンランク上の座り心地を味わえるのも好印象でした。

画像引用:https://www.nissan.co.jp/

まとめ:車内の雰囲気が大きく異なる新型オーラとノート オーテック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアを比較したところ、このような違いがありました。

■新型オーラとノート オーテックの内装の違いのまとめ

・ノート オーテックはブルーを基調にしたスポーティな内装
・新型オーラはツイード調の織物を採用した温かみのある内装
・USBやルームミラーなどの機能や装備にも違いあり

ブラックを基調にブルーをアクセントカラーに採用したオーテック(AUTECH)とツイード調の織物と木目調のパネルをあしらった新型オーラ(AURA)では、全く異なる雰囲気の内装・インテリアに…。

また、この2台のモデルは、USBやルームミラーなど用意されている機能や装備も異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02