ノートe-POWERとは全然違う!新型オーラの本革シートの魅力&座り心地を徹底解説

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の上位モデル”Gレザーエディション”に用意されている本革シートは、ベースとなっているノートe-POWERと全く同じデザインをしています。

ただ、同じなのは見た目だけです。

座り心地などに関しては、歴然たる差がありました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの上位モデル”Gレザーエディション”に用意されている本革シートは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、ノートe-POWERの本革シートと比べて、どこが進化したのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型オーラ(AURA)の上位モデル”Gレザーエディション”に用意されている本革シートの魅力や注目ポイント、座り心地を徹底解説します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの本革シート【デザイン&特徴をチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の上位モデルに位置をする”Gレザーエディション”に用意されている本革シートは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの本革シート

ノートe-POWERと同じデザインの本革シートを使用

今回デビューを果たした新型モデルのGレザーエディションでは、ノートe-POWERと同じデザインの本革シートを採用。

■ノートe-POWERの本革シート

座面や背もたれには大きめの凹凸が入っており、Gグレードに採用されている合成レザー×ツイード調の織物を組み合わせたコンビシートとはひと味違うスポーティさがただようシートになっていました。

新型オーラはアイボリーのシートも用意

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の上位モデル”Gレザーエディション”では、ブラックの他にアイボリー調の本革シートを用意しています。

■アイボリー調の本革シート

アイボリー調の本革シートは、ブラックの本革シートと比べると、洗練さが増したような感じが…。

また、ブラックの本革シートよりも車内が明るく感じるのも、アイボリーの本革シートの魅力の一つなのかなと思いました。

スピーカー一体型のヘッドレストを採用

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のGレザーエディションの本革シートの注目ポイントの一つは、ヘッドレストです。

この新型モデルでは、メーカーオプションで用意されているBOSEパーソナルサウンドシステムを装着すると、ヘッドレストの左右2カ所に2.5インチサイズのヘッドレストスピーカーが備わります。

先日、この新型モデルを試乗した際にこのBOSEパーソナルサウンドシステムを確かめることができたのですが、ヘッドレスト内臓スピーカーのおかげで、シートが音で包まれているかのような臨場感が…。

オプション価格は高いのが難点ですが、車内で音楽を存分に楽しみたい方には、メーカーオプションで用意されているBOSEパーソナルサウンドシステムは、手放せないアイテムになるのかなと思いました。

新型オーラの本革シート【座り心地&快適性をチェック】

ベースとなっているノートe-POWERと全く同じデザインになっている新型オーラ(AURA)のGレザーエディションの本革シートですが、座り心地&快適性に関しては、大きな差がありました。

この新型モデルの本革シートの座り心地は、どのような感じだったのか?実際にこの新型モデルの本革シートに座った感想を、包み隠さずお話したいと思います。

優しく身体を包み込んでくれる新型オーラの本革シート

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のGレザーエディションに用意されている本革シートは、ベースとなっているノートe-POWERよりも当たりが柔らかく、もっちりとした座り心地に…。

と言うのも、試乗をした際、ディーラーさんに教えてもらったのですが、この新型モデルの本革シートは、ノートe-POWERとは内部構造が異なり、ベースに20mmのソフトウレタンと低反発素材の10mmのワディングを組み合わた3層構造となっているそうなんですよね。

しかも、この新型モデルの本革シートに採用されているソフトウレタンは、スカイラインやシーマなどの高級車と同じものを使用しているそうです。

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、ベースとなっているノートe-POWERよりもワンランク上の座り心地の良さを実現したようですよ。

表皮の柔らかさも魅力の一つ

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の本革シートに座ってみて驚いたのが、表皮の柔らかさです。

クルマによっては、本革特有の張りの強さがあり、座った時の沈み込みやホールド感がイマイチに感じる場合もあるんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、運転席に座った瞬間、お尻が適度に沈み込みふんわりと優しく包んでくれるような座り心地に…。

良い意味で本革シートっぽくない座り心地の良さ&包み込まれ感も、新型オーラ(AURA)の本革シートの魅力の一つなのかなと思いました。

ノートe-POWERより丈夫な新型オーラの本革シート

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とベースとなっているノートe-POWERでは、同じ本革でも、使用している部位が異なるようなんですよね。

新しく生まれ変わった新型モデルの本革シートでは、きめが細かく丈夫さが魅力の腰の部分のレザーを採用しているとのこと。

そのため、今回デビューを果たした新型モデルの本革シートは、ベースとなっているノートe-POWERよりも耐久性が良く、長年乗っても、シートの表面がボロボロになる心配は少ないそうですよ。

まとめ:ノートe-POWERよりも座り心地が良い新型オーラの本革シート

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の上位モデル”Gレザーエディション”に採用されている本革シートは、このような魅力を備えていました。

■新型オーラの本革シートのまとめ

・見た目のデザインはノートe-POWERと同じ
・ブラックとアイボリーの2種類を用意
・高級車に採用されている三層構造の本革シートを採用
・ソフトでもっちりとした座り心地
・表皮には丈夫な背中部分のレザーを採用

今回デビューを果たした新型モデルの本革シートでは、ベースのノートe-POWERと同じデザインをしています。

ただ、本革シートの内部の構造には、大きな違いが…。

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の本革シートは、ノートe-POWERよりもソフトで心地よい着座感になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02