ノートよりも進化をした新型オーラのメーター【デザインや特徴、魅力を徹底解剖】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)では、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違う専用デザインのメーターを採用しています。

そのあかげもあり、この新型モデルに用意されているメーターは、ノートe-POWERよりも先進感のあるデザインに…。

そんな新型モデルのメーターは、どのようなデザインになっていたのしょうか?また、ベースとなっているノートe-POWERのメーターとは、どのような違いがあったのでしょうか?

ノートをベースにしたプレミアムコンパクトカー新型ノートオーラ(NOTE AURA)のメーターのデザインや特徴、魅力を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのメーターってどんな感じ?【ノートe-POWERとの違いをチェック】

2021年8月にデビューを果たしたプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)のメーターは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのメーター

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

新型オーラはフル液晶メーターを採用

メーターフードを備えていないバイザーレスデザインのメーターを採用しているのは、新型オーラ(AURA)とノートe-POWER共通となっています。

ただ、この新型モデルとノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、メーターのデザインに違いがありました。

ベースとなっているノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、マルチインフォメーションディスプレイを表示する7インチサイズと5インチサイズの液晶ディスプレイを組み合わせたデザインになっていました。

■ノートe-POWERのメーター

一方、今回デビューを果たした新型モデルでは、12.3インチサイズのフル液晶メーターを標準装備。

■新型オーラのメーター

ベースとなっているノートe-POWERよりも、先進感のあるメーターに進化を遂げていました。また、ノートe-POWERのものよりも情報量に優れているのも好印象でした。

2眼式メーターを標準装備

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とベースとなっているノートe-POWERでは、メーターの表示項目にも違いがありました。

ベースとなっているノートe-POWERのメーターは、デジタルタイプのスピードメーターを表示するスペース(右側)と、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを表示するスペース(左側)を組み合わせたデザインンなっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、パワーメーターとスピードメーターの間にマルチインフォメーションディスプレイを備えた2眼式のメーターを採用。

■新型オーラの2眼式メーター

タコメーターとスピードメーターの内側には、赤の装飾がほどこされており、ノートe-POWERとはひと味違う特別感を演出しているのも好印象でした。

新型オーラは2種類のメーターデザインを用意

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のメーターの注目ポイントの一つが、画面表示です。

この新形モデルでは、オーソドックスな2眼式メーターを表示する”クラシック表示”と中央のマルチインフォメーションディスプレイを拡大する”エンハンス表示”の2種類の画面表示を用意。

■オーソドックスなクラシック表示

■マルチインフォを強調するエンハンス表示

このように好みに応じて、メーターのデザインを変更することができるのも、ノートe-POWERにはない新型オーラ(AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型オーラのメーターを深堀【各メーターのデザインや特徴を徹底解剖】

このように先進性のあるデザインのメーターを備えていた新型ノートオーラ(NOTE AURA)ですが、スピードメーターやパワーメータなどの各メーターは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?

また、マルチインフォメーションディスプレイは、どのような表示項目を用意していたのでしょうか?この新形モデルに用意されている各メーターのデザインや特徴を細かく見ていくことにしましょう。

パワーメータ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のメーターの左側には、エネルギーの出力/回生状況を表すパワーメーターが備わっています。

■新型オーラのパワーメーター

この新型モデルのパワーメーターは、他のメーカーのハイブリッド車に備わっているパワーメーターとは異なり数値で表現。

そのおかげもあり、この新型モデルのパワーメーターは、ガソリン車に備わっているタコメーターぽさが…

また、パワーメーターの中央には走行時間/距離やナビ情報などを表示する”パーソナルディスプレイ”を、そして、パワーメーターの下にはリチウムイオンバッテリーの残量計を備えていました。

スピードメーター

一方、新型ノートオーラ(NOTE AURA)のメーターの右側には、時速180kmまで表示することができるスピードメーターを要塞。

■新型オーラのスピードメーター

スピードメーターの内部には実際の数値で表すスピードメーターも用意されており、一目で現在の速度が分かります。

また、スピードメーターの下部にはガソリンタンクの残量計も搭載してありました。

マルチインフォメーションディスプレイ

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、パワーメーターとスピードメーターの間に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイ(ドライブアシストディスプレイ)を搭載しています。

■新型オーラのマルチインフォメーションディスプレイ

この新型モデルのメーターに採用されている液晶ディスプレイは高精細なため、マルチインフォメーションディスプレイのグラフィックも非常にキレイです。

また、この新型モデルでは、ハンドルの左側のスポークに備わっているステアリングスイッチのダイヤルと左右スイッチでマルチインフォメーションの表示項目を切り替えることができます。

■マルチインフォの表示切替スイッチ

そして、実際にマルチインフォメーションディスプレイを切り替えてみたとこと、次のような表示項目を用意していました。

■ドライブコンピュータ画面

■平均燃費/エコインジケータ/エコペダルガイド画面

■燃費履歴

■エネルギーモニター

■コンパス表示

■オーディオ

■運転支援

■警告画面

■設定画面

ちなみに、エネルギーモニターに関しては、”クラシック表示”と”エンハンス表示”でグラフィックデザインに違いがありました。

■クラシック表示の時のエネルギーモニター

■エンハンス表示の時のエネルギーモニター

まとめ:ノートe-POWERより先進性が増した新型オーラのメーター

2021年8月にデビューを果たしたノートe-POWERをベースにしたプレミアムコンパクトカー新型ノートオーラ(NOTE AURA)のメーターは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラーのメーターのまとめ

・フル液晶メーターを採用
・画面サイズは12.3インチ
・2眼式メーターを採用
・クラシック表示とエンハンス表示に切り替え可能

この新型モデルでは、ベースとなっているノートe-POWERとは異なり12.3インチのフル液晶メーターを採用。

そのおかげもあり、ノートe-POWERとはひと味違う先進性のあるメーターデザインになっていました。

また、この新型モデルのメーターは、クラシック表示とエンハンス表示の2種類のデザインを用意しています。もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれるかたは、ぜひとも両方のメーターデザインを確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02