新型オーラの後部座席はノートよりも広い?【足元&頭上空間を計測】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)の車内空間の広さは、ベースとなっているノートe-POWERと全く同じになっています。

ただ、後部座席の足元空間(ニークリアランス)に関しては、ベースとなっているノートe-POWERよりもひと回り広い感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルの足元&頭上空間は、どれくらいの広さを確保していたのでしょうか?また、この新型モデルとベースとなっているノートe-POWERでは、足元空間&頭上空間に違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型オーラ(AURA)の後部座席の足元&頭上空間の広さを測ってみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの足元空間の広さをチェック

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型オーラの後部座席
グレード:Gレザーエディション

ベースとなっているノートe-POWERよりも座り心地がよくなっているこの新型モデルですが、足元空間(ニークリアランス)の広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラの足元空間:運転席を一番後ろにした時

■新型オーラの足元空間:運転席を一番前にした時

■新型オーラの足元空間:運転席をドライブポジションにした時

新型ノート オーラ(NOTE AURA)は運転席の前後の調整幅が広いこともあり、運転席を一番後ろに設定すると、さすがに後部座席の足元空間(ニークリアランス)は狭くなります。

ただ、運転席を少し前にすると、大人でも快適に座れるだけの足元空間(ニークリアランス)を確保していました。

新型オーラの後部座席の足元空間の広さは最大で約45cm

このように運転席を少し前にすれば十分な広さを確保している新型オーラ(AURA)の後部座席ですが、こ足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラの後部座席の足元空間の広さ

最大&最小値…約19㎝ ~ 約45cm
ドライビングポジション時…約31.5cm

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は約19㎝~約45cmとなっており、コンパクトカーとは思えない広さを確保。

また、運転席をドライビングポジション(中央やや後方)にした時の後部座席を足元空間の広さは約31.5cmとなっており、こちらもコンパクトカーの中でトップクラスとなっています。

身長約175cmある私が後部座席に座っても、膝先からフロントシートのシートバックまで拳を縦にして約2つ分のゆとりがあるため、窮屈感がありません。

この窮屈感のないゆったりとした座り心地は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つでした。

ノートよりひと回り広く感じる新型オーラ

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)とベースになっているノートe-POWERの後部座席まわりの広さを測ってみたところ、このようになっていました。

■新型オーラの後部座席の足元空間の広さ

■新型ノートe-POWERの後部座席の足元空間の広さ

ご覧いただければ分かると思いますが、この新型モデルとノートe-POWERの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、同じになっています。

ただ、ブラック一辺倒の内装をしているノートe-POWERより、木目調のパネルやツイード調の織物をダッシュボードにあしらっている新型オーラ(AURA)の方が後部座席に座った時の圧迫感が少ない感じが…。

■新型オーラの車内空間

■ノートe-POWERの車内空間

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERでは、内外装の機能や装備に様々な違いがあります。ただ、後部座席に座った時に感じる開放感や居心地のよさも、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

新型オーラの頭上空間の広さをチェック

一方、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の頭上空間の広さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラの後部座席の頭上空間

新型オーラの後部座席の頭上空間の広さはトップクラス

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の後部座席の座面から天井までの高さを測ってみたところ、このようになっていました。

■新型オーラの座面から天井までの高さ…約90㎝

この新型モデルの後部座席の座面から天井までの高さを計測してみたところ、約90cmとなっており、コンパクトカーの中では十分な広さを確保。

車内空間が狭いトヨタのヤリス(YARIS)の後部座席に座ると、頭上空間の狭さや窮屈感を感じます。

ただ、この新型モデルの後部座席では、頭のてっぺんから天井まで手の平2枚分くらい(約40mm)のゆとりがあるため、トヨタのヤリスの後部座席に座った時に感じたような窮屈感は、一切感じませんでした。

また、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも後部座席の着座位置が高く、前方の見晴らしが良くなっているのも、圧迫感や窮屈感を感じない要因の一つなのかなと思いました。

背もたれの角度で頭上空間のゆとりが変わる新型オーラ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の後部座席は2段階から角度を調整することができるリクライニング機能が備わっており、背もたれの角度によって、頭上空間(ヘッドクリアランス)が変わってきます。

後部座席をリクライニングしない状態でも、頭上空間(ヘッドクリアランス)に手の平2枚分くらいの余裕があります。

ただ、後部座席をリクライニングすると、頭上空間(ヘッドクリアランス)にさらに広くなり、頭のてっぺんから天井まで手の平3枚分くらいのゆとりが生まれます。

そのため、背の高い男性が後部座席に座っても、窮屈さは感じません。

このように背もたれの角度によって、後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)を調整することができるようになっているのも新型ノート オーラ(NOTE AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇る新型オーラの後部座席

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の後部座席の足元空間&頭上空間の広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラの後部座席の広さのまとめ

・オーラの足元空間は最大で約45cm
・足元空間の広さはノートと同じ
・頭上空間は手の平2枚~3枚分
・内装色の違いからノートよりも圧迫感が少ない

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、コンパクトカーの中でもトップクラスの広さを確保。

また、この新型モデルの後部座席を足元空間&頭上空間は、ベースとなっているノートe-POWERと同じ広さとなっています。ただ、内装・インテリアのデザインの違いから、新型ノート オーラ(NOTE AURA)の方がひと回り広い感じが…。

このように今回デビューを果たしたこの新型モデルとノートe-POWERでは、後部座席に座った時に感じる圧迫感や窮屈感も大きく異なるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02