新型オーラ ニスモのボディサイズ&室内サイズ【オーラとの差は大きい?】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の外装・エクステリアは、様々な専用装備を備えています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりもボディサイズがひと回り大きくなっています。

また、室内のサイズも違いがあるように感じました。

そんな新型モデルのボディサイズ&室内サイズは、どれくらいの大きさになっているのでしょうか?また、ベースのオーラ(AURA)とは、どれくらいの差があるのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のボディサイズ&室内サイズの大きさ、オーラ(AURA)との違いを確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのボディサイズをチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のボディサイズは、このようになっています。

■新型オーラ ニスモのボディサイズ

ちなみに、この新型モデルのベースになっているオーラ(AURA)のボディサイズは、このようになっていました。

■オーラのボディサイズ

オーラより全長が80mm長い新型オーラ ニスモ

今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースのオーラ(AURA)よりも全長が80mmほど長くなっています。

その理由の一つは、前後に備わっているバンパーです。

前後に大きく張り出した専用デザインのバンパーを備えた新型モデルは、フロントまわりが30mm、リヤが50mm、合計80mmほど拡大。

■新型オーラ ニスモのフロントバンパー

■新型オーラ ニスモのリヤバンパー

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりも迫力&存在感のある外装・エクステリアになっていました。

また、この新型モデルに用意されているフロントバンパーやリヤバンパーの両サイドには、縦に大きく伸びたフィン形状のパーツ”エアスピリッター”など、空力効果を高めてくれるパーツが備わっているのも注目ポイントの一つですよ。

■新型オーラニスモのエアスピリッター

新型オーラ ニスモはオーラよりも20mmローダウン

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、専用のチューニングがほどこされたサスペンションを装着していることもあり、ベースモデルのオーラ(AURA)よりも20mmほど車高が低くなっています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりもタイヤとホイールハウスの間が狭くなっており、スポーツモデルらしい迫力のあるサイドスタイルに…。

■新型オーラニスモのタイヤまわり

■オーラのタイヤまわり

また、迫力のあるフロント&リヤバンパーと相まって、どっしりとしたロー&ワイドな見た目になっているのも印象的でした。

新型オーラニスモの室内サイズをチェック

ベースモデルのオーラ(AURA)よりもひと回り大きいボディサイズになっている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、室内の広さ&快適性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの室内サイズは、このようになっていました。

■新型オーラニスモの室内サイズ

室内の広さはオーラと同じ

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の室内の広さは、ベース車のオーラ(AURA)と全く同じになっています。

■オーラの室内サイズ

ただ、オーラ(AURA)はダッシュボードやセンターコンソールなどに木目調のパネルやツイード調の織物を採用したのに対し、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ブラックを基調にしたダッシュボードやセンターコンソールになっています。

■オーラのダッシュボード&センターコンソール

■新型オーラニスモのダッシュボード&センターコンソール

また、オーラ(AURA)とは異なり新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ブラックルーフを採用しています。

■ブラックルーフを採用している新型オーラニスモ

そのため、オーラ(AURA)よりも新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の方がひと回り狭く感じます。

また、後部座席に座った際、少し窮屈感や圧迫感を感じやすいのも、この新型モデルの気になるところでした。

競合車よりも車内空間は広い新型オーラニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の車内空間は、ブラック基調になっているため、ベースモデルのオーラ(AURA)よりも窮屈感&圧迫感を感じます。

ただ、この新型モデルは3ナンバーサイズのクルマと言うこともあり、トヨタのGRヤリス(GR YARIS)やホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)などの競合車・ライバル車より車内空間は、ひと回り広くなっています。

特にこの新型モデルとGRヤリス(GR YARIS)では、後部座席&荷室の広さに大きな差が…。

■新型オーラニスモの後部座席の足元空間

「走りにこだわったスポーツモデルに乗りたい!でも、車内の広さ&快適性を犠牲にしたくない!」

と考えている方には、3ナンバーサイズのプレミアムコンパクトカーのオーラ(AURA)をベースにした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ジャストマッチなのかなと思いました。

まとめ:ベースのオーラよりもひと回り大きい新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たしたオーラ(AURA)をベースにしたスポーツモデル新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のボディサイズ&室内サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモのボディ&室内サイズのまとめ

・オーラよりも80mm長い新型オーラニスモの全長
・オーラより20mmローダウン
・新型オーラ ニスモとオーラの室内の広さは同じ

今回デビューを果たした新型モデルは、前後に大きく張り出した専用デザインのバンパーを採用していることもあり、ベースのオーラ(AURA)よりも80mmほど全長が長くなっていました。

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、20mmローダウンしており、スポーツモデルらしい伸びやかな見た目になっていました。

一方、車内サイズに関しては、全く同じサイズになっています。

ただ、ルーフやダッシュボードがブラック基調になっていることもあり、オーラ(AURA)よりもひと回り車内空間が狭く感じるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02