新型オーラ ニスモの荷室サイズは大きい?【競合車と比較】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つは、広くて積載性に優れる荷室&ラゲッジスペースです。

そのため、この新型モデルは、普段使いのクルマとしても活躍をしてくれます。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、この新型モデルの荷室は、競合車・ライバル車よりも広いのでしょうか?

日産の人気コンパクトカーのオーラ(AURA)をベースにしたスポーツ仕様新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの荷室サイズ【通常時の広さをチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの荷室:通常時

スポーツモデルとしては十分に広さを備えているこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、サイズを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの荷室サイズ:通常時

新型オーラ ニスモはスーツケースを4個積み込むことが可能

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約360mmとなっており、この状態のままで、機内に持ち込めるサイズのスーツケースを4つ積み込みができるそうです。

また、この新型モデルは、ホイールハウスの張り出しが小さく抑えられており、また、ドア開口部も広くなっています。そのため、家具や家電、ゴルフバッグなどの大きい荷物の積み込みも非常にしやすくなっていました。

競合車に勝るとも劣らない新型オーラ ニスモの荷室サイズ

スポーツモデルとしては十分に広い荷室・ラゲッジスペースを備えている日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、競合車・ライバル車と比較してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモと競合車の荷室サイズ比較

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペース、トヨタのGRヤリス(GR YARIS)よりもひと回り広くなっています。

■トヨタ GRヤリスの荷室

特に荷室幅&荷室高に関しては大きな差があり、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室の広さが際立っていました。

一方、車内の広さに定評のあるホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)と比較すると、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の方が荷室長がひと回り狭くなっています。

■フィット モデューロXの荷室

ただ、フィット モデューロX(FIT ModuloX)よりも荷室開口部が広いため、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の方が良いように感じました。

新型オーラ ニスモの荷室サイズ【後部座席を収納した時の広さをチェック】

6対4分割方式になっているこの新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後部座性を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型オーラ ニスモの荷室:後部座席を収納時

この新型モデルは、荷室高&荷室幅が広いこともあり、後部座席の背もたれを倒すと、より一層広く感じます。

そんな新型モデルの後部座席を収納した時の荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの荷室サイズ:後部座席収納時

ゴルフバックを最大で3つ収納することが可能

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、十分な広さの荷室・ラゲッジスペースを備えており、後部座席の片側を収納した3人乗車モード時でも、ゴルフバックを最大で3個まで積み込みができます。

また、この新型モデルは、後部座席の背もたれの肩口に収納するためのレバーが備わっているのですが、後部座席横のドアからだけではなく、荷室側からでも手が届きやすくなっているのも魅力の一つですよ。

奥行きはフィット モデューロXより少し狭い

そんな新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)と競合車のの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さを比較したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモと競合車の荷室サイズ比較

この新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、トヨタのGRヤリス(GR YARIS)よりはひと回り大きくなっています。

ただ、ホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)と比較すると、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の方が荷室の奥行きが少し狭くなっていました。

■フィット モデューロXの後部座席を収納した時の荷室

サイズ以上に気になる荷室の使い勝手

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後部座席の荷室の広さは、競合車のフィット モデューロX(FIT ModuloX)よりも少し劣りますが、それ以上に気になったのは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

この新型モデルは、後部座席を収納した時、荷室と背もたれの境目のところで10cm以上の大きな段差が生じてしまうんですよね。

■後部座席を収納した時の新型オーラ ニスモの荷室

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)の荷室も、後部座席を収納した時、段差はできてしまいます。

一方、フィット モデューロX(FIT ModuloX)の後部座席を収納した時の荷室は、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)よりも段差が小さく、また、スロープ状になっています。

そのため、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、この新型モデルよりもフィット モデューロX(FIT ModuloX)の方が圧倒的に良いように感じました。

このように今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、荷室サイズが狭いだけではなく、荷室の使い勝手もフィット モデューロX(FIT ModuloX)より劣るので、ご注意くださいね。

まとめ:競合車に勝るとも劣らないサイズを誇る新型オーラ ニスモの荷室

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ホンダのフィット モデューロXやトヨタのGRヤリスなどの競合車に勝るとも劣らない広さの荷室を備えています。

また、荷物の積み下ろしがしやすいワイド感のある荷室開口部は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つです。

ただ、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、後部座席を収納した時に大きな段差が生じてしまうこともあり、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、ホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)の方が良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02