新型オーラの荷室サイズを計測【競合車のラゲッジとどれくらい違う?】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の魅力の一つは、コンパクトカーの中でトップクラスの容量と広さを誇る荷室・ラゲッジスペースです。

そのおかげもあり、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車よりもたくさんの荷物を積み込むことができます。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どれくらいの広さとなっていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車の荷室のサイズと、どれくらい違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの通常時の荷室サイズは、どれくらい?

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■荷室・ラゲッジスペース

パッと見ただけでも使い勝手の良さ&広さが伝わってくるこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、荷室サイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラの荷室サイズ

新型オーラの荷室の魅力は横幅の広さ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントは、なんと言っても横幅の広さです。

ホイールハウスがある最小部分で計測すると、この新型モデルの荷室幅は約1,025mmとなっているます。

ただ、フロア手前の最大部で計測してみると約1,250mmとなっており、広い荷室幅を確保。

そのおかげもあり、この新型モデルは、機内に持ち込めるサイズのスーツケースなら、後部座席を使用した状態で最大で4個まで積み込めますよ。

競合車よりも使い勝手の良い新型オーラの荷室

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)と競合車・ライバル車の荷室サイズを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラと競合車の荷室サイズ比較

荷室幅に関しては、この新型モデルの方が競合車よりもひと回り広くなっているものの、荷室の奥行き&高さに関しては、若干狭くなっています。

ただ、荷室の横幅はこの新型モデルの方が広いこともあり、また、荷室開口部も広いこともあり、マツダのMAZDAやホンダのフィット4(FIT4)よりもこの新型モデルの方が荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は良いように感じました。

■フィット4の荷室

新型フィット4 ガソリン 荷室

また、新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、競合車・ライバル車よりも荷室容量が優れており、たくさんの荷物を積み込めるようになっていたのも好印象でした。

新型オーラの後部座席を収納をした時の荷室サイズは、どれくらい?

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができます。

■後部座席を収納した時の新型オーラの荷室

そんな新型モデルの後部座席を収納した時の荷室サイズは、このようになっていました。

■後部座席を収納した時の新型オーラの荷室サイズ

広さは増すけど、使い勝手が気になる新型オーラの荷室

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、車内空間が広いこともあり、後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースとして使用することができるエリアが一気に広がります。

ただ、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、荷物の積み込みやすさです。

この新型モデルの2WD車は、後部座席を収納した際、荷室と背もたれの境目のところで約10cmの大きな段差が生じてしまうんですよね。

■新型オーラの後部座席収納部分の段差

そのため、荷物の積み込みやすさは、それほど良くない感じが…。

後部座席を収納した時の広々とした荷室空間は、この新型モデルの良いところの一つですが、もう少し使い勝手のことも考慮してもらいたかったです。

ちなみに、ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスを装着すると、後部座席を収納した時に生じる大きな段差を解消することができます。

■新型オーラのラゲッジアンダーボックス

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

たくさんの荷物や大きい荷物を積み込む機会が多い方は、ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスの装着を検討しても良いかもしれませんね。

後部座席を収納した時の荷室サイズはトップクラス

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)と競合車・ライバル車の後部座席を収納した時の荷室サイズを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラと競合車の後部座席を収納した時の荷室比較

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の後部座席を収納した時の荷室の奥行きは、車内の広さに定評のあるホンダのフィット4(FIT4)には少し及びませんでしたが、トヨタのヤリスやマツダのMAZDA2よりかは勝っています。

そのため、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さについては、申し分ありません。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、後部座席を収納した時の段差が小さいホンダのフィット4(FIT4)に遠く及ばないように感じました。

■フィット4の後部座席を収納した時の荷室

まとめ:競合車よりも荷室サイズが広い新型オーラ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室サイズは、通常時/後部座席収納時どちらもコンパクトカーの中でトップクラスの広さとなっています。

また、荷室開口部も広く、重たい荷物も積み込みやすくなっています。

ただ、大きな段差が生じてしまうこともあり、新型ノート オーラ(NOTE AURA)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車よりも劣るのが少し残念でした。

この新型モデルは非常に良いクルマですが、このような欠点&デメリットもあるので、購入を検討している方は、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02