競合車よりも使い勝手は良い?新型オーラの荷室の魅力と欠点を徹底解説

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の魅力の一つは、競合車よりも広い荷室・ラゲッジスペースです。

ただ、使い勝手に関しては、色々と気になるところも…。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車よりもドコが優れているのでしょうか?逆に競合車・ライバル車よりも劣ると感じたところは、どこだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新プレミアムコンパクトカー”新型オーラ(AURA)”の荷室・ラゲッジスペースの魅力と欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

競合車よりもココが凄い!新型オーラの荷室の魅力とは?

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの荷室・ラゲッジスペース

パッと見ただけでも使い勝手が良さが伝わってくるこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、次のような魅力&特徴を備えていました。

荷物の積み込みのしやすさ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの魅力&メリットの一つは、荷物の積み込みのしやすさです。

この新型モデルの荷室開口部の下端(=掃き出し口)の高さは約625mmとなっており、コンパクトカーの中でトップクラスの広さに…。

■新型オーラと競合車の荷室開口部の高さを比較

そのおかげもあり、ベビーカーやスイーツケース、ゴルフバッグなどの重たい荷物の積み下ろしがしやすくなっていました。

また、テールゲートを開け閉めする際に手を添えるグリップの位置は地上から約1,790mmとなっており、小柄な女性でも簡単に手が届くようになっているのも好印象でした。

大きい荷物も積み込みやすい荷室開口部の形

また、荷室開口部が広く、大きい荷物の積み込みがしやすくなっているのも、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つです。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット4も荷室開口部が広いのですが、この新型モデルの方が荷室開口部の下部が広く、台形のような形をしているんですよね。

■ホンダ フィット4の荷室開口部

■日産 新型オーラの荷室開口部

そのおかげもあり、横幅の大きい荷物もつみやすくなっていました。

また、この新型モデルは、荷室開口部の傾斜が緩く、背の高い荷物も積み込みやすい形状になっているのも好印象でした。

トップクラスを誇る荷室サイズ&荷室容量

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの最大の魅力と言えば、何といってもサイズ&容量です。

この新型モデルの荷室容量はVDA計測で340リットルとなっており、コンパクトカーの中でトップの数値に…。

■新型オーラと競合車の荷室容量比較

また、荷室の奥行きや高さは、競合車・ライバル車よりも若干劣るものの、荷室の横幅に関してはクラストップ。

■新型オーラと競合車の荷室サイズ比較

飛行機に持ち込めるサイズのスーツケースなら最大で4つ積み込める広さを確保しているのも、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つでした。

ちなみに、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車と2WD車では、荷室サイズや容量など様々な違いがあります。

この新型モデルの2WD車と4WD車の荷室・ラゲッジスペースの違いを確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ココが残念!新型オーラに荷室の欠点&デメリット

コンパクトカーの中でトップクラスの広さを備えている日産の新型ノート オーラ(NOTE AURA)の荷室・ラゲッジスペースですが、実際に使用をしてみると、色々と気になるところもありました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットは、なんだったのか?この新型モデルの荷室を見て気になったところを、包み隠さずお話したいと思います。

荷室まわりの装備&アイテムの充実度

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースを見て気になったことの一つが、用意されている装備&アイテムです。

ホンダのフィット4(FIT4)など競合車・ライバル車の多くは、荷室・ラゲッジスペースの壁面にスーパーの袋などを吊り下げておけるコンビニフックや、小物を収納しておくのに便利な小型ポケットを用意しています。

■ホンダ フィット4のコンビニフック

しかし、この新型モデルでは、コンビニフックや小型ポケットなど、荷室・ラゲッジスペースを有効活用する装備やアイテムの用意はなし。

■新型オーラの荷室の壁面

そのため、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、洗車道具など小さいアイテムの積み込み&収納に関しては、競合車よりも少し劣るのかなと思ってしまいまいた。

床下収納(サブトランク)の広さ&使い勝手

また、新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースで競合車よりも劣ると感じたのが、床下収納(サブトランク)です。

競合車・ライバル車の一つホンダのフィット4(FIT4)では、洗車アイテムを収納できるくらい大きくて、深い床下収納(サブトランク)を用意していたんですよね。

■フィット4の床下収納

この新型モデルも床下収納(サブトランク)は用意しているのですが、深さがないため、収納できるアイテムは限られてしまいます。

■新型オーラの床下収納

この使い勝手の悪い床下収納(サブトランク)も、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの気になるところの一つでした。

後部座席を収納した時に生じる段差

また、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースも、2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つです。

コンパクトカーの中でもトップクラスの広さを誇るこの新型モデルですが、2WD車の場合、後部座席を収納した際、背もたれの部分で10cm以上の大きな段差が生じてしまうんですよね。

■後部座席を収納した時の2WD車の荷室

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット4やトヨタのヤリスでは、このような大きな段差は生じません。

■新型フィット4の後部座席を収納した時の荷室

なので、新型オーラの荷室・ラゲッジスペースは、沢山の荷物を積み込むようなシチュエーションは、不向きな感じが…。

この後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、新型オーラ(AURA)の気になるところの一つでした。

ちなみに、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、2WD車よりも荷室フロアの位置が高いため、後部座席を収納した際、段差がなくほぼフラットになります。

■4WD車の後部座席を収納した時の荷室

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は2WD車よりも4WD車の方が優れているかもしれませんね。

まとめ:使い勝手は競合車よりも劣る新型オーラの荷室

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースは、このような魅力&欠点がありました。

■新型オーラの荷室の魅力

・荷物の積み込みがしやすい開口部の低さ
・大きい荷物も積み込みやすい開口部の広さ
・コンパクトカーの中でトップクラスの荷室の広さ

■新型オーラの荷室の欠点

・荷室まわりの装備&アイテムの充実度
・使い勝手の悪い床下収納
・後部座席を収納した時に生じる段差

コンパクトカーの中でトップクラスを誇る荷室・ラゲッジスペースの広さ&容量の大きさは、この新型モデルの大きな魅力の一つです。

ただ、後部座席を収納した時の大きな段差が生じるなど、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、ホンダのフィット4などの競合車よりも劣るように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02