使い勝手は4WDよりも劣る?新型オーラの2WDの荷室の特徴や魅力を徹底解説

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の2WD車は、コンパクトカーの中でもトップクラスの荷室・ラゲッジスペースの広さとなっています。

ただ、使い勝手に関しては、4WD車よりも劣る感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルの2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、4WD車よりも劣ると感じたのは、どこだったのでしょうか?

日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースのデザインやアレンジ、使い勝手を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの2WDの荷室ってどんな感じ?【デザインや装備をチェック】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■2WD車の荷室・ラゲッジスペース

競合車よりも広い荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルの2WD車の後部座席を使用した時の荷室容量は340リットル(VDA計測)となっており、コンパクトカーの中でトップクラスの値に…。

そのおかげもあり、この新型モデルは、後部座席を使用した状態で機内持ち込みサイズのスーツケースを4つ積み込むことができるようですよ。

積載性は4WD車よりも劣る

新型ノート オーラ(NOTE AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、荷室容量やサイズの確保を最優先したためか、荷室開口部の下端(=掃き出し口)とフロアがフラットではなく、約140mmくらいの段差が生じています。

■新型オーラの2WD車の荷室開口部の段差

そのため、スーツケースやクーラーボックスなどの重たい荷物の積み下ろしには、不向きです。

ちなみに、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、重たい荷物も積み込みやすいフラットな荷室開口部になっているんですよね。

■新型オーラの4WD車の荷室開口部

コンパクトカーの中でトップクラスの広さと容量を備えてる新型ノート オーラ(NOTE AURA)の2WD車ですが、4WD車よりも劣る積載性に関しては、気になるところでした。

コンビニフックや小型ポケットの用意はなし

最近、荷室・ラゲッジスペースの左右の壁面にスーパーやコンビニの袋をぶらさげておけるコンビニフックや、転がりやすいアイテムを収納しておける小型ポケットを用意しているクルマもありますよね。

■荷室にあると便利なコンビニフック

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースには、コンビニフックや小型ポケットのような便利なアイテムの用意はなし。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、コストがあまりかからないコンビニフックくらいは用意をしてもらいたいところでした。

床下収納(サブトランク)の使い勝手もイマイチ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車は、荷室フロアの下に2ヵ所収納スペースを用意しています。

■2WD車の床下の収納スペース

ただ、この新型モデルの2WD車に用意されている床下の収納スペースは、サイズがあるものの深さはありません。

なので、この新型モデルの2WD車の床下収納(サブトランク)は、収納できるアイテムが限られてしまいます。…と言いますか、ほとんど使えません。

せっかく床下収納(サブトランク)を用意するのなら、ユーザーが使いやすい床下収納(サブトランク)にして欲しかったですよね。

この収納力のほとんとない床下収納(サブトランク)も、新型オーラ(AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースの気になるところの一つでした。

新型オーラの2WDの荷室は使いやすい?【アレンジをチェック】

コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇る新型ノート オーラ(NOTE AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースですが、荷室の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの2WD車に用意されている荷室アレンジを確認したところ、このようになっていました。

■助手席側の後部座席を収納した時の2WD車の荷室

■運転席側の後部座席を収納した時の2WD車の荷室

■後部座席をすべて収納した時の2WD車の荷室

後部座席で大きな段差が生じる2WD車の荷室

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車は、4WD車と同様、6対4分割方式の後部座席を活かした荷室アレンジを用意しています。

ただ、4WD車は後部座席を収納した際、ほぼフラットだったのに対し、この新型モデルの2WD車は、後部座席の背もたれ部分で約10cmの大きな段差が生じます。

荷室・ラゲッジルームの広さが魅力のこの新型モデルの2WD車ですが、後部座席を収納した時の荷室の使い勝手に関しては、フラットになる4WD車よりも劣るように感じました。

ラゲッジアンダーボックスで段差を解消することが可能

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車は、後部座席を収納した際、大きな段差が生じてしまうのが欠点&デメリットの一つです。

ただ、ディーラーオプションで用意されている”ラゲッジアンダーボックス”を装着すると、後部座席を収納する際に生じる大きな段差を解消することができます。

■新型オーラのラゲッジアンダーボックス

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

後部座席の背もたれ部分で大きな段差が生じないフラットな荷室・ラゲッジスペースは、助かりますよね。

また、ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスを装着すると、床面が底上げされ、フロア下にも荷物&アイテムを収納することができます。

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

ちなみに、2WD車の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くしてくれる“ラゲッジアンダーボックス”のオプション価格は、1万2650円(税込み)となっています。

オプション価格もお手頃ですし、荷室・ラゲッジスペースに重たい荷物や大きい荷物を頻繁に積み込む方は、ディーラーオプションで用意されている”ラゲッジアンダーボックス”の装着を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ:広いけど使い勝手に物足りなさを感じる新型オーラの2WD車の荷室

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型ノート オーラ(NOTE AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースのアレンジや使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラの2WD車の荷室のまとめ

・トップクラスの広さと容量を誇る
・重たい荷物を積み込みに不向きな荷室開口部
・床下スペースの収納力はイマイチ
・背もたれの収納部分で大きな段差が生じる
・ラゲッジアンダーボックスで2WD車の荷室の欠点を解消可能

今回デビューを果たした新型モデルの2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトカーの中でもトップクラスの広さと容量を備えています。

ただ、後部座席を収納した部分で大きな段差が生じるなど、4WD車よりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が劣るのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02