新型オーラ ニスモはエコカー減税対象車?【購入時の税金をチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、様々な専用装備を備えていることもあり、ベースモデルのオーラ(AURA)よりも乗り出し価格は、高めになっています。

ただ、この新型モデルは、エコカー減税対象車となっていることもあり、購入時にかかる税金は、非常に安くなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルは、どれくら減税されるのでしょうか?また、購入時の税金の支払い額は、いくらくらいなのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を購入する際にかかる税金&減税額を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラは購入時にいくら課税される?【税金&エコカー減税をチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の税金&エコカー減税は、このようになっています。

■新型オーラニスモの税金&エコカー減税

新型オーラニスモは自動車税の減税はナシ

自動車税は、クルマの用途や排気量によって課税額がが決まります。

■自動車税の排気量ごとの課税額

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の排気量は1200ccなので、自動車税として、3万500円課税されます。

また、燃費性能の良いクルマや環境に良いクルマは自動車税が減税される”グリーン化特例”が用意されています。

ただ、この新型モデルはグリーン化特例の対象外のため、残念ながら、自動車税は減税されません。

自動車重量税は100%免税

自動車重量税とは、その名の通り自動車の重量に対して支払う税金で、車両重量0.5トン毎に税額が増加します。

■主な自家用乗用車の自動車重量税の課税額

今回デビューを果たした新型モデルの車体重量は1270kgなので、通常なら2万2500円の車体重量税が課されます。

ただ、この新型モデルは、燃費基準値を達成しているため、車体重量税は100%減税になっていました。

環境性能割も100%免税

“環境性能割”はあまり聞き馴染みのない税金かもしれませんが、2019年10月1日に自動車取得税の代わりに導入された新しい税金です。

この環境性能割は、燃費性能に応じて登録車は0%~3%ほど取得価額に対し課税される税金です。

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、燃費基準を達成しているクルマなので、自動車十条税同様、環境性能割も100%免税となっていました。

新型オーラ ニスモ購入時にかかる税金はいくら?【実際の見積もりをチェック】

スポーツモデルとは思えないほど税金面で優遇されている日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、クルマ購入時にかかる税金は、いくらだったのでしょうか?

私がもらってきたこの新型モデルの見積もりをチェックしてましょう。

こちらが、今回私がもらってきた新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の見積もりです。

■新型オーラ ニスモの見積もり

そして、私がもらってきた見積もりの税金を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモ購入時の税金の詳細

購入時にかかる税金は自動車税のみ

今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、エコカー減税100%免税となっているため、自動車重量税&環境性割は0円となっており、課税されるのは、自動車税のみ。

この新型モデルは、e-POWERを採用していることもあり、スポーツモデルとしては、税金面でかなり優遇されているように感じました。

また、この新型モデルの自動車税は3万500円となります。

ただ、自動車税は月割りで計算されるため、私がもらった見積もりでは、4月~来年の3月までの2万7900円となっていました。

税金が優遇されているためオーラとの価格差は小さめ

一般的なスポーツモデルは、税金面での優遇がないこともあり、ベースモデルとの乗り出し価格の差は、車体本体価格で比べた時よりも大きくなりがちです。

ただ、今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、税金面で優遇されていることもあり、ベースモデルとの乗り出し価格の差は、車体本体価格で比較した時と比較しても、それほど大きくありません。

■新型オーラ ニスモとオーラの乗り出し価格の差を比較

思ったよりも乗り出し価格の差は、小さいと思いませんか?

空力対策を施した専用バンパーや大きなテールゲートスポイラー、アルカンターラ巻のステアリングホイールなどの様々な専用装備を備えて、この価格差というのは、かなりお得感がありますよね。

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、使い勝手も良いですし、これくらいの価格差なら、購入を検討する価値は十分にあるのかなと思いました。

まとめ:税金面でも優遇されている新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の税金を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの税金

・新型オーラ ニスモはエコカー減税対象車
・自動車重量税&環境性能割は100%免税
・自動車税は免税対象外
・自動車税は3万500円

この新型モデルは、エコカー減税対象車となっており、自動車重量税&環境性能割は100%免税。

走りの楽しさを追求したスポーツモデルでありながら、税金面で優遇されているのは、今回デビューを果たしたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ただ、この新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の納期・納車待ちに関しては、ベースのオーラ(AURA)よりも長めになっているので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02