ノートより性能が上!新型オーラのサイドミラーのデザインや視認性を徹底解剖

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、ベースのノートe-POWERと比べて様々な進化を遂げていますが、サイドミラーもその一つ。

ベースのノートe-POWERよりも安全性が高まっていました。

そんな新型モデルのサイドミラーは、どのようなデザイン&視認性だったのでしょうか?また、ノートe-POWERのサイドミラーとは、どんな違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたプレミアムコンパクト新型オーラ(AURA)のサイドミラーのデザインや視認性、注目ポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのサイドミラーのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のサイドミラー(ドアミラー)は、このようなデザインをしています。

■新型オーラのサイドミラー

ボディカラーで色が違う新型オーラのサイドミラー

今回デビューを果たした新型モデルは、選ぶボディカラーによってサイドミラーの色も変わります。

ボディとルーフのカラーが同じモノトーンのボディカラーを選ぶと、サイドミラーは、ボディカラーと同じ色に…。

■モノトーンのサイドミラー

一方、ボディとルーフのカラーが違うツートンカラーを選ぶと、サイドミラーの色は、ルーフと同じ色になります。

なので、ルーフの色がブラックのツートンカラーを選ぶと、サイドミラーもブラックに…。

■ツートンカラーのサイドミラー

ちなみに、新型オーラ(AURA)は、ディーラーオプションでシルバーのサイドミラーカバーを用意しています。

■ディーラーオプションのサイドミラーカバー

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

他の人とひと味違うスタイリッシュな外装・エクステリアにしたい方は、シルバーのサイドミラーカバーの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

特別感のあるサンライズカッパーのサイドミラー

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の注目ポイントの一つが、ミッドナイトブラック×サンライズカッパーのツートンカラーのサイドミラーのカラーです。

このミッドナイトブラック×サンライズカッパーのツートンカラーは、この新型モデルの中で唯一、カッパーカラーのサイドミラーを採用。

■サンライズカッパーのサイドミラー

ちょっと珍しいサンライズカッパー色のサイドミラーは、他のボディカラーとは一線を画した特別感があります。

また、ミッドナイトブラック×サンライズカッパーのツートンカラーは、ピラーやサイドミラーにワンポイントでサンライズカッパーがあしらわれいますが、ブラックサンライズカッパーの色のバランスが非常に良いです。

そのため、見た目にハデハデしさがなく、上品に乗りこなせるのも好印象でした。

オプションで流れるウィンカーに変更が可能

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、普通にカチカチと点滅をするウィンカー付きのサイドミラーを全グレードに標準装備しています。

■標準仕様のウィンカー

しかし、この新型モデルでは、ディーラーオプションで内側から外側へ流れるように光るシーケンシャルドアミラーウィンカー(流れるドアミラーウィンカー)に変更が可能です。

■新型オーラの流れるドアミラーウィンカー

ディーラーオプションの流れるドアミラーウィンカーに変更すると、見た目のデザイン性だけではなく、標準仕様よりもウィンカーよりも点灯時の色むらがなく、見やすくなっていたのも印象的でした。

【オーラ】オプショナルパーツ「シーケンシャルドアミラーウインカー」

新型オーラのサイドミラーは見やすい?【視認性を実車画像でチェック】

このようなスタイリッシュなデザインをしている日産の新型オーラ(AURA)のサイドミラーですが、視認性&見やすさは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのサイドミラー(ドアミラー)の視認性を確認してきたので、紹介します。

新型オーラのサイドミラーの視認性

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のサイドミラーの見やすさ&視認性は、このような感じになっています。

■新型オーラのサイドミラーの視認性:助手席側

■新型オーラのサイドミラーの視認性:運転席側

ワイド感のある新型オーラのサイドミラー

サイドミラーの角度を標準的な位置に合わせた際のミラーがカバーできる範囲は、ドアノブの少し仕方からサイドウィンドウの真ん中くらいまでの高さとなっており、コンパクトカーとして、標準的な視認性に…。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルでは、助手席側のボディ下部の足まわりの死角を映し出すアラウンドビューモニターが用意されています。

■助手席側の死角を映しだす新型オーラのアラウンドビューモニター

そのため、競合車・ライバル車よりも安心して運転をすることができました。

ノートなどの競合車よりも安心感のあるサイドミラー

また、サイドミラーに備わっている機能も、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の魅力の一つです。

この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERでは、高速道路で車線変更をする際、サイドミラーでは確認できないクルマの検知してお知らせをしてくれる”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”は、メーカーオプションで用意されていました。

しかし、新型オーラ(AURA)では、“インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”は、標準装備となっていました。

■新型オーラのインテリジェントBSIのインジケーター

コンパクトカークラスで”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”が標準装備されているクルマって、意外と少ないんですよね。

そんな上級機能が標準装備になっているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車よりもデザイン&安全性に優れる新型オーラのサイドミラー

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)のサイドミラーは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのサイドミラーのまとめ

・ウィンカー付きのサイドミラーを全グレードに標準装備
・ディーラーオプションで流れるドアミラーウィンカーに変更可能
・ボディカラーのタイプによって、サイドミラーのカラーが異なる
・ワイド感があるため、視認性も良好
・高速道路での車両変更をサポートする安全装備を標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、オプションで流れるウィンカーを用意するなど、スタイリッシュなデザインに…。

また、助手席側の足元を映し出すアラウンドビューモニターや、高速道路での車線変更をサポートする”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”を備えており、競合車・ライバル車よりも安全面が優れているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02