NISMOモードが凄い!新型オーラ ニスモのドライブモードの特徴や魅力、欠点を徹底解説

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースモデルのオーラ(AURA)と同様、ドライバーの運転操作に対するレスポンスや走りの特性を変更することができる”ドライブモード”を用意しています。

ただ、この新型モデルには、ベースモデルのオーラ(AURA)には用意されていない”NISMOモード”を用意しています。

また、エコモードなど新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とオーラ(AURA)どちらにもあるドライブモードも、設定&チューニングに違いが…。

そのため、同じエコモードでも全く違う乗り味になっていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、どのようなドライブモードを用意しているのでしょうか?また、この新型モデルに用意されている各ドライブモードは、どのような特徴を備えているのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているドライブモードの特徴や魅力、オーラとの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのドライブモード【特徴や魅力、注目ポイントを紹介】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、次の3つのドライブモードを用意しています。

■新型オーラ ニスモのドライブモード

・ニスモモード (NISMO Mode)
・エコモード (ECO Mode)
・ノーマルモード (NOMAL Mode)

スポーツモードの代わりにNISMOモードを用意

今回デビューを果たした新型モデルのベースモデルのオーラ(AURA)では、スポーツモード(SPORT Mode)を含む3つのドライブモードを用意していました。

■オーラのドライブモード

・スポーツモード (SPORT Mode)
・エコモード (ECO Mode)
・ノーマルモード (NOMAL Mode)

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、スポーツモード(SPORT Mode)の代わりにニスモモード(NISMO Mode)を用意。

ニスモモード(NISMO Mode)の特徴の詳細は後ほど詳しく紹介しますが、オーラ(AURA)に用意されているスポーツモード(SPORT Mode)よりも楽しく運転をすることができる乗り味になっていました。

新型オーラ ニスモの各ドライブモードの特徴

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベースモデルのオーラ(AURA)のドライブモードを比較すると、スポーツモードがニスモモードに置き換わっただけのように感じます。

ただ、すべてのドライブモードがNISMO専用の設定&チューニングになっています。

この新型モデルに用意されている各ドライブモードは、どのような仕上がりになっているのか?特徴や注目ポイントを、分かりやすく紹介したいと思います。

エコモード(ECO Mode)

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のエコモード(ECO Mode)は、その名の通り、燃費性能を重視したドライブモードです。

ただ、この新型モデルに用意されているエコモード(ECO Mode)は、ベースモデルのオーラ(AURA)に匹敵をする加速力を備えています。

そのため、他のクルマのエコモード(ECO Mode)の感覚で運転をすると、加速の伸び&反応の良さにビックリします。

また、この新型モデルのエコモード(ECO Mode)は、アクセルペダルから足を離した時の減速力も十分で、アクセルペダルのみの”ワンペダル走行”を行うことができます。(※完全停止にはブレーキ操作が必要です。)

アクセルペダルでの微妙な加減速の操作感が非常に良く、街中を気持ち良く走るのに適したドライブモードになっていました。

ノーマルモード(NORMAL Mode)

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のノーマルモード(NORMAL Mode)は、街中でNISMOらしい気持ちが良い加速力と走りを楽しみたい方にピッタリなドライブモードになっています。

エコモード(ECO Mode)でも十分な加速力を備えていますが、ノーマルモード(NORMAL Mode)にすると、アクセル操作に対する反応や加速力がさらに鋭くなります。

そのため、軽くアクセルペダルを踏んだだけでも、前に飛び出すように加速をしていきます。

また、この新型モデルに用意しているノーマルモード(NORMAL Mode)は、アクセルペダルを離した時の減速力を控えめになっているため、一般的なスポーツモデルのようなドライビングフィールになっています。

この新型モデルの特徴でもあるワンペダル走行に馴染めない方でも、ストレスなく運転することができるドライブモードになっていました。

ニスモモード(NISMO Mode)

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目のドライブモードが、このクルマのためだけに作られたニスモモード(NISMO Mode)です。

この新型モデルに用意されているニスモモード(NISMO Mode)と、オーラ(AURA)のスポーツモードで大きな違いの一つが、加速力です。

この新型モデルのニスモモード(NISMO Mode)は、スポーツモード(SPORT Mode)よりもアクセルを踏み込んだ時のトルクの立ち上がりが鋭くなっています。

また、スポーツモード(SPORT Mode)よりも最大加速Gに達したあとの落ち込みが少なくなっているため、どこまでも伸びていくような加速感を味わえます。

また、ニスモモード(NISMO Mode)とスポーツモード(SPORT Mode)では、減速力も異なります。

この新型モデルのニスモモード(NISMO Mode)は、スポーツモード(SPORT Mode)よりもアクセルペダルを離した時の減速力を弱くし、フットブレーキが活躍をする場を残しています。

■新型オーラ ニスモのアクセル&ブレーキペダル

そのため、この新型モデルのニスモモード(NISMO Mode)は、ノーマルモードと同様、アクセルペダルとブレーキペダルを駆使した気持ちが良い運転を楽しむことができますよ。

新型オーラ ニスモはドライブモードは使いやすい?【操作性&使い勝手を徹底解説】

このように3つのドライブモードを用意している日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、ドライブモードを切り替える際に使用をするスイッチも注目ポイントの一つです。

この新型モデルのドライブモード切替スイッチは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、操作性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているドライブモード切替スイッチのデザインや操作性を確認してきたので、紹介したいと思います。

操作性に優れたトグルスイッチを採用

今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、センターコンソールにドライブモード切替スイッチを設置しているのですが、前後にカチカチと動かして操作をするトグルタイプのスイッチを採用。

■新型オーラ ニスモのドライブモード切替スイッチ

ドライブモード切替スイッチのスグ下には、オートブレーキホールドスイッチやEVモードスイッチが用意されています。

ただ、ドライブモード切替スイッチとは形状が違うため、運転中にスイッチ操作をしても、押し間違いをする可能性は非常に少ないように感じました。

赤をあしらったスイッチを専用デザインを採用

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のドライブモード切替スイッチの特徴の一つは、カラーリングです。

この新型モデルのベースモデルのオーラ(AURA)では、シルバー塗装をほどこしたドライブモードスイッチになっていました。

■オーラのドライブモード切替スイッチ

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、赤い塗装をほどこしたドライブモード切替スイッチを採用。

ブラック基調の内装・インテリアの中で赤い塗装を施したドライブモード切替スイッチは、かなりインパクトがあります。

このように特別感を演出したデザインになっているのも、この新型モデルのドライブモード切替スイッチの特徴の一つなのかなと思いました。

NISMOモード時のグラフィックが残念

このように操作性に優れる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のドライブモードですが、欠点&デメリットがありました。

それは、NISMOモードにした時のメーターのグラフィックです。

この新型モデルでは、ドライブモードを切り替えると、パワーメーターの下部に現在のドライブモードが表示されます。

ただ、この新型モデルのみに用意されているニスモモード(NISMOモード)にした時も、パワーメーターの下部に小さく表示されるのみなんですよね。一応、他のドライブモードとは異なり、赤い枠になっていますが…。

なので、NISMOモードにしても、気分が高まりません。

せっかく12.3インチのフル液晶ディスプレイを採用しているのなら、NISMOモードにした時などもう少し特別感のあるグラフィックにしても良かったのかなと思いました。

まとめ:オーラと設定が全然異なる新型オーラ ニスモのドライブモード

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているドライブモードの特徴や魅力、注目ポイントを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモのドライブモードのまとめ

・加速力に優れたNISMOモードを用意
・エコモード/ノーマルモードの設定もオーラと異なる
・赤く塗装をしたドライブモード切替スイッチを採用
・NISMOモードにした時のメーターのグラフィックがイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルは、どこまでも伸びていくような気持ちが良い加速と走りを楽しめるニスモモード(NISMOモード)を用意。

また、エコモードやノーマルモードの加速感&走りも、ベースモデルのオーラ(AURA)より優れています。

ベースモデルのオーラ(AURA)の上質な走りも良いですが、走りの爽快さや気持ち良さに関しては、ニスモ(NISMO)に遠く及ばないように感じました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベースのオーラ(AURA)の乗り出し価格の差は、思ったよりも大きくありません。

これくらいの価格差なら、気持ちが良い走りを楽しめるニスモ(NISMO)を検討する価値は、十分にあるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02