専用色も用意!新型オーラ ニスモのボディカラーの価格とラインナップを紹介

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、迫力のある見た目を際立たせるオシャレなボディカラーが多数用意されています。

ただ、この新型モデルに用意されているボディカラーの種類はは、ベースのオーラ(AURA)よりも若干少ないので、注意が必要です。

この新型モデルは、どのようなボディカラーを用意しているのでしょうか?また、どのボディカラーが、特別塗装料が掛かる有料色になっているのでしょうか?

新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているボディカラーの種類や特徴、価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモで用意されているボディカラーは?

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているボディカラーのラインナップは、このようになっています。

■新型オーラ ニスモに用意されているカラーバリエーション

・ピュアホワイトパール
・スーパーブラック
・ピュアホワイトパール×スーパーブラック
・ブリリアントシルバー×スーパーブラック
・ダークメタルグレー×スーパーブラック
・ガーネットレッド×スーパーブラック

新型オーラ ニスモは6色のボディカラーを用意

今回デビューを果たした新型モデルは、モノトーン2色、ツートンカラー4色、合計6色のボディカラーを用意しています。

この新型モデルのベースのオーラ(AURA)に用意されているボディカラーは、モノトーン/ツートンカラーあわせて14色だったので、この新型モデルのカラーバリエーションは、だいぶ絞られています。

ただ、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の精悍(せいかん)な見た目をさらに際立たせるようなボディカラーが揃っているため、ボディカラー選びは、だいぶ悩みそうだなと思いました。

新型オーラ ニスモ専用のボディカラーは2色用意

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、この新型モデルの魅力でもある迫力のある見た目を際立たせる5つのボディカラーを用意していますが、シルバー系の2色は、ベースのオーラ(AURA)にはない専用色となっています。

■新型オーラ ニスモの専用色

・ダークメタルグレー×スーパーブラック
・ブリリアントシルバー×スーパーブラック

この新型モデルに用意されている専用カラーの一つ”ダークメタルグレー×スーパーブラック”は、無機質な金属の質感を味わえるスタイリッシュなボディカラーです。

■新型オーラ ニスモのダークメタルグレー×スーパーブラック

ピュアホワイトパールやブリリアントシルバーよりもカタマリ感が強く、引き締まって見えるのが印象的でした。

一方、ブリリアントシルバー×スーパーブラックは、ダークメタルグレーよりもワントーン明るいシルバー系のカラーです。

■新型オーラ ニスモのブリリアントシルバー×スーパーブラック

ブリリアントシルバー×スーパーブラックのツートンカラーは、派手すぎず、スポーツモデルでありながら、どこか上品さな色合いに…。

また、レッドのアクセントラインとの相性が良いだけではなく、汚れや傷が目立ちにくいのも、このカラーの魅力の一つですよ。

新型オーラ ニスモのボディカラーはいくら?

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ブリリアントシルバー×スーパーブラックなどの専用色を含めて5色のボディカラーを用意しています。

ただ、この新型モデルで用意されている無料色は1色のみ。ツートンカラーが多いこともあり、ほとんどのボディカラーが特別塗装料がかかる有料色になっていました。

この新型モデルは、どのボディカラーが有料色になっているのでしょうか?また、この新型モデルの特別塗装料は、いくらなのでしょうか?

この新型モデルの各ボディカラーの価格を確認してきたので、紹介します。

特別塗装料がかからない無料色のカラー

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の5色のカラーバリエーションを用意していますが、特別塗装料がかからないのは、コチラの色です。

■特別塗装料がかからない無料色

・スーパーブラック

今回デビューを果たした新型モデルは、唯一のモノトーンカラーのスーパーブラックを、特別塗装料がかからない無料色として用意。

■新型オーラ ニスモのスーパーブラック

この新型モデルのスーパーブラックは、他のカラーよりもバンパーは目立ちませんが、スポーツモデルらしい精悍(せいかん)な見た目に…。

また、前後のバンパーやサイドシルプロテクター、サイドミラーにあしらわれた赤のアクセントカラーや前後にあしらわれた専用エンブレムが際立って見えるのが、このスーパーブラックの魅力の一つですよ。

3万8500円の特別塗装料がかかるカラー

新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されている有料色の中で一番安い3万8500円の特別塗装料となっているのは、こちらのボディカラーです。

■3万8000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ピュアホワイトパール

今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されているピュアホワイトパールは、ブラックなどよりも手間が掛かる3層構造と言うこともあり、3万8000円の特別塗装料がかかります。

■新型オーラ ニスモのピュアホワイトパール

このピュアホワイトパールは、ニスモの特徴でもあるレッドのアクセントラインやエンブレムが際立つとても良いカラーです。

ただ、ホワイト系のカラーでしたら、モノトーンのホワイトよりも引き締まった見た目が特徴のピュアホワイト×スーパーブラックの方が人気が高いそうですよ。

5万5000円の特別塗装料がかかるカラー

また、ピュアホワイトよりも2万円ほど高い5万5000円の特別塗装料が掛かるボディカラーは、こちらの2色です。

■5万5000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ダークメタルグレー×スーパーブラック
・ブリリアントシルバー×スーパーブラック

この新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のために用意されたシルバー系のカラー2色が、5万5000円の特別塗装料がかかるボディカラーに…。

■新型オーラ ニスモのダークメタルグレー×スーパーブラック

■新型オーラ ニスモのブリリアントシルバー×スーパーブラック

ダークメタルグレーやブリリアントシルバーは、無料色のスーパーブラックよりも専用バンパーの張り出しが際立っています。

また、ニスモ(NISMO)のアイデンティティでもある赤のアクセントラインとの相性も良いです。

できるだけお手軽に新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の良さを味わいたい方には、この2つのシルバー系のカラーはピッタリかもしれませんね。

ちなみに、私がお世話になっているディーラーさんのところでは、引き締まった印象が強いダークメタルグレーのツートンカラーの方が評判は良いみたいですよ。

7万1500円の特別塗装料がかかるカラー

また、7万1500円の特別塗装料がかかる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のボディカラーは、こちらの一色です。

■7万1500円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ピュアホワイトパール×スーパーブラック

この新型モデルに用意されているピュアホワイトパールは、レッドのアクセントラインや光沢感のあるピアノブラック調のバンパーがキレイに映えるNISMOらしい見た目に…。

■新型オーラ ニスモのピュアホワイトパール×スーパーブラック

また、オプションで用意されているボンネットとのフードステッカーとの相性も良く、清潔感とスポーティーさを兼ね備えたボディカラーになっていますよ。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この新型モデルのイメージカラーでもあるピュアホワイトパール×スーパーブラックの人気が特に高いそうです。

8万2500円の特別塗装料がかかるカラー

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)で用意されている5色のボディカラーの中で一番高い有料色となっているのが、ガーネットレッド×スーパーブラックのツートンカラーです。

■8万2500円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ガーネットレッド×スーパーブラック

ただ、このガーネットレッド×スーパーブラックは、この新型モデルの特徴でもある赤のアクセントラインやサイドミラーが目立たないんですよね。

■新型オーラ ニスモのガーネットレッド×スーパーブラック

このアクセントラインの存在感を消したいと言う方には、このガーネットレッド×スーパーブラックは非常に良いカラーです。

ただ、ニスモ(NISMO)らしさを存分に味わいたいと言う方は、赤のアクセントラインが目立たないこのボディカラーではなく、他の色を選んだ方が良いのかなと思いました。

まとめ:新型オーラ ニスモはNISMOらしさを強調するボディカラーを用意

2021年10月にデビューを果たしたに日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のカラーバリエーションとその価格を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモのボディカラーのまとめ

・モノトーン/ツートンあわせて6色のボディカラーを用意
・モノトーンはブラックの1色のみ
・特別塗装料がかかる有料色は5色
・有料色の価格は5万5000円~8万2500円
・一番人気はホワイト×ブラックのツートンカラー

この新型モデルで用意されているボディカラーは6色となっており、ベースモデルのオーラ(AURA)よりもカラーバリエーションは少なめです。

ただ、どのボディカラーも、迫力のあるフロントバンパーや新しくなったNISMOエンブレムを際立たせる存在感のあるボディカラーになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02