新型オーラ ニスモの荷室の使い勝手はイマイチ?装備&アレンジを徹底解説

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、スポーツモデルとしては十分に広い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、後部座席を収納した時の荷室の使い勝手で、少し気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインをしているのでしょか?また、この新型モデルは、どのような荷室アレンジを用意しているのでしょうか?

新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースのまわりの装備やアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの荷室【デザイン&装備をチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの荷室

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、荷室開口部も広く、ゴルフバックやスイーツケースなどの大きい荷物も積みやすい形になってます。

また、荷室・ラゲッジスペースの広さも、スポーツモデルとしては十分に満足できるレベルになっています。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)の荷室・ラゲッジスペースは、こんなに狭いので…。

■GRヤリスの荷室・ラゲッジスペース

ただ、荷室まわりの装備&アイテムに関しては、少し物足りなさを感じました。

新型オーラ ニスモは豆球のラゲッジランプを採用

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースまわりの装備で気になったのは、ラゲッジランプです。

この新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの左側の壁面にランプが備わっています。

■新型オーラ ニスモのラゲッジランプ

ただ、この新型モデルに用意されているラゲッジランプは、LEDではなく、豆球を採用。

そのため、LEDのラゲッジランプを装着しているクルマと比べて、荷室・ラゲッジスペースを照らす明るさが少し足りないように感じました。

コンビニフック&ポケットの用意もなし

また、今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースには、スーパーやコンビニの袋を吊り下げておくのに便利なコンビニフックや、小物を収納するのに便利な小型ポケットの用意はありません。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)の荷室には、コンビニフックが用意されていたんですよね。

■フィット モデューロXのコンビニフック

このように小物入れを置いておくスペースが用意されていないのも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースの残念なところの一つでした。

床下収納の使い勝手もイマイチ

また、今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、荷室フロアの下に床下収納(サブトランク)が用意されています。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの下にはバッテリーが搭載されていることもあり、また、パンク修理キットなどを収納しているため、収納できるスペースは、ほとんどありません。

■新型オーラ ニスモの床下収納

一応、新型モデルの床下収納の左側に小さいアイテムを収納することができますが、ディーラーオプションで用意されているジャッキなどを注文すると、このスペースも収納場所として使うことができなくなります。

この収納力がほとんどない床下収納(サブトランク)も、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースの気になるところでした。

新型オーラ ニスモの荷室【アレンジのバリエーションをチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のは、使い勝手で少し物足りなさを感じたものの、十分に広い荷室・ラゲッジスペースを用意していました。

また、この新型モデルは、荷物の量や大きななどによって、荷室・ラゲッジスペースの広さを調整することができます。

この新型モデルでは、どのような荷室アレンジを用意していたのでしょうか?また、アレンジをした時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている荷室・ラゲッジスペースのアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

新型オーラニスモはオーソドックスな荷室アレンジを用意

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、このような荷室アレンジを用意しています。

■後部座席の左側を収納した時の様子

■後部座席の右側を収納した時の様子

■後部座席の背もたれをすべて収納した時の様子

今回デビューを果たした新型モデルは、6対4分割方式の後部座席を活かしたオーソドックスな荷室アレンジになっています。

ただ、後部座席を収納した時の奥行きは思ったよりも広く、スポーツモデルとは思えない積載性&収納力を備えているのは、好印象でした。

競合車より劣る後席を収納した時の使い勝手

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後部座席を収納すると、スポーツモデルとは思えない広い荷室・ラゲッジスペースが登場しますが、残念なところもあります。

それは、後部座席を収納した時に生じる段差です。

この新型モデルは、荷室フロアを低く抑えているため、後部座席を収納した際、境目の部分で約10cmの大きな段差が生じてしまいます。

この背もたれ部分の大きな段差が荷物の出し入れを妨げるため、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、お世辞でも良いとは言えません。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロXは、後部座席を収納した時に大きな段差ができなよう工夫がほどこされていたんですよね。

■フィット4 モデューロXの荷室

この新型モデルも競合車のフィット モデューロXのように後部座席の背もたれ部分で大きな段差ができないよう工夫を施してもらいたかったです。

オプションで荷室の欠点を解消することが可能

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納した時に大きな暖s永できてしまいますが、ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスで、この悩みを解消することが可能です。

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/specifications/nismo.html

ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスを備えると、荷室フロアが一段高くなるため、後部座席を収納した時にほぼフラットになります。

また、ラゲッジアンダーボックスを備えると、ラゲッジアンダーボックスの下のスペースは、床下収納として利用することもできます。

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/specifications/nismo.html

もし後部座席を収納した時に生じる大きな段差が気になる方は、オプションで用意されているラゲッジアンダーボックスの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

まとめ:使い勝手で少し物足りなさを感じる新型オーラ ニスモの荷室

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースの装備やアレンジを確認してきたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの荷室のまとめ

・スポーツモデルとしては広さは十分
・荷室まわりの装備の充実度はイマイチ
・荷室アレンジはオーソドックス
・後部座席を収納すると約10㎝の段差が生じる
・ラゲッジアンダーボックスで段差は解消可能

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、スポーツモデルとしては、十分な広さとなっています。

ただ、後部座席を収納した時に大きな段差ができてしまうなど、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車・ライバル車よりも劣るように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02