競合車よりココが凄い!新型オーラ ニスモの魅力と欠点を徹底解説

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、競合車・ライバル車にはない様々な魅力を備えています。

ただ、競合車・ライバル車より見劣りするところも…。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのような魅力を備えているのでしょうか?
逆に、この新型モデルの欠点&デメリットは、なんだったのでしょうか?

日産の人気コンパクトカーのオーラ(AURA)をベースにしたスポーツモデル新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力や注目ポイント、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの注目ポイント【競合車にはない魅力&メリットとは?】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの外装

■新型オーラ ニスモの内装

前後に大きく張り出した専用バンパーやレースカーを彷彿とするドット状に点灯するリヤフォグランプなど、次世代のホットハッチと呼ぶのに相応しいデザインになっているこの新型モデルですが、次のような特徴&魅力を備えていました。

スポーツマインドを刺激する内外装

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つは、スポーツマインドを刺激する内外装のデザインです。

この新型モデルの外装・エクステリアは、優れた空力性能を備えたフロント&リヤバンパーや精悍なサイドスタイルを演出するブラック塗装&切削加工を施したアルミホールなど、様々な専用アイテムを標準装備。

■新型オーラ ニスモのフロントバンパー

■新型オーラ ニスモのアルミホイール

一目見ただけで、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)と分かる迫力と存在感がありました。

また、内装・インテリアも、ブラックをベースに赤をアクセントカラーに使用をしたNISMO専用デザインを採用。

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/specifications/nismo.html

アルカンターラ巻きのハンドルやエンブレムを刺繍したシートなど、内装・インテリアにも様々な専用アイテムが用意されており、スポーツマインドを刺激するNISMOらしいデザインになっていました。

どこまでも伸び続けるような気持ちが良い加速力

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を試乗して驚いたのが、アクセルペダルを踏み込んだ時の加速力です。

この新型モデルは、モーターのチカラで駆動をするe-POWERと言うこともあり、発進時や加速時におけるトルクの立ち上がりの良さは、非常に良いです。

軽くアクセルを踏み込むだけで、「ヒュン」と前に飛び出すように加速をしていきます。

また、驚いたのが、NISMOモードにした時の加速の伸びです。

この新型モデルに用意されているNISMOモードでは、ベースモデルのオーラ(AURA)に採用されているSPORTモードよりも加速Gが途切れず、どこまでも伸び続けるような加速感を味わえます。

また、この新型モデルは、加速とエンジン音の回転数を連動させていることもあり、運転をするのが楽しいクルマに仕上がっていました。

競合車よりも優れている安全性能

また、安全性の高さも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つです。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロXやトヨタのGRヤリスも、この新型モデルと同様、自動ブレーキや踏み間違い防止アシストなど、基本的な安全装備はしっかりと備わっています。

ただ、高速道路での車線変更をサポートする機能(インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)が標準装備となっているのは、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のみです。

【日産の安全への取り組み】インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)

また、駐車でバックで出庫する際に左右後方から接近してくるクルマをお知らせしてくれる機能”RCTA(後退時車両検知警報)”が標準装備となっているのも、この新型モデルのみです。

競合車・ライバル車よりも乗り出し価格の高さが気にあるこの新型モデルですが、イザという時にドライバーの身を守ってくれる安全装備が充実しているのは、非常に心強いですよね。

ゆったりと座ることができる後部座席

また、後部座席の居住スペースの広さ&快適性も、競合車・ライバル車にはない新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つです。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)は、後部座席まわりの居住スペースが狭く、狭い場所に閉じ込められている感が強くなっています。

■GRヤリスの後部座席

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、頭上空間(ヘッドクリアランス)も足元空間(ニークリアランス)も十分な広さを確保。

■新型オーラ ニスモの後部座席の足元空間

そのため、この新型モデルの後部座席に成人男性が座っても、非常に快適に過ごすことができます。

スポーツモデルでありながら、普段使いとしても活躍する広い後部座席を備えているのは、競合車・ライバル車にはない新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型オーラ ニスモの残念なところ【競合車・ライバル車よりも劣る欠点&デメリット】

走りの良さや広い車内空間など、競合車・ライバル車にはない魅力を備えている日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、残念なところもありました。

この新型モデルの新型モデルの欠点&デメリット、残念だったところを、包み隠さずお話したいと思います。

4WD車の用意がない

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の残念なところの一つは、ラインナップです。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)は2FF車だけではなく、4WD車も用意しています。

ただ、この新型モデルのパワートレインは2WD車のみとなっており、4WD車の用意はありません。

この新型モデルは空力対策がほどこされているだけではなく、リヤの接地感が良いため、カーブを曲がった時の安定感や旋回性は4WD車並みに優れています。

ただ、せかっく新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を発売するのなら、2WD車だけではなく4WDも用意してもらいたかったです。

後部座席まわりの装備の充実度

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)で残念に感じたのは、後部座席まわりの装備&機能です。

先ほどもお話したとおり、この新型モデルは、大人でも快適に過ごすことができる広々とした後部座席を備えています。

ただ、この新型モデルの後部座席には、競合車の一つでもあるホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)にも備わっているリヤセンターアームレストの用意がありません。

■フィット モデューロXのリヤセンターアームレスト

また、USBポートも一つしか用意されていません。

■新型オーラ ニスモの後部座席のUSB

そのため、この新型モデルの後部座席の機能&装備の充実度は、ホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)よりも少し劣ります。

この新型モデルの後部座席は、十分な広さを確保しているだけに、もう少し機能&装備を充実してもらいたかったんです。

納期・納車待ちの長さ

また、納期・納車待ちの長さも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の欠点&デメリットの一つです。

この新型モデルのモノトーンの納期・納車待ちは比較的落ち着いており、3ヵ月~3ヵ月半前後となっているのですが、ツートンカラーになると、モノトーンよりも2ヶ月くらい長くなってしまうんですよね。

この新型モデルで用意されているモノトーンは、スーパーブラックのみなので、ほとんどのボディカラーで5ヶ月以上も待つことになってしまいます。

また、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)を装着すると、さらに納期・納車待ちが2ヵ月ほど遅くなります。

■新型オーラニスモのレカロシート

つまり、この新型モデルの納期・納車待ちは最長で7ヵ月~7ヵ月半となります。

7ヵ月待ちと言うのは、ちょっと長すぎますよね。

ディーラーさんの話によれば、納期が身近くなる可能性もなきにしもあらずのようですが、注文をしてから手元に届くまでの長さも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の大きなデメリットのように感じまいた。

まとめ:非常に良いクルマだが、欠点もある新型オーラニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、このような魅力&欠点がありました。

■新型オーラ ニスモの魅力&メリット

・スポーツマインドを刺激する専用デザインの内外装
・気持ちが良い加速力
・後部座席の広さ&快適性

■新型オーラ ニスモの欠点&デメリット

・4WD車がないパワートレイン
・物足りなさを感じる後部座席まわりの装備
・納期、納車待ちの長さ

今回デビューを果たした新型モデルは、アクセル操作に対するレスポンスの鋭さや伸びのある加速感など、次世代のホットハッチと呼ぶのに相応しい刺激的な走りを楽しむことができます。

ただ、納期の長さなど、欠点&デメリットもあります。

また、オプションで用意されているレカロシートを装着すると、納期が長くなるだけではなく、乗り出し価格も一気に高くなるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02